Lenovo ThinkPad SL410 アダプタ

Publié le par chongtou

dynabook R631は、インテルが提唱するUltrabookコンセプトを反映した薄型軽量ノートPCとしてLenovo L09L6Y02、2011年9月に発表さ れた(出荷は2011年11月から)。2012年春モデルとして今回登場する「dynabook R631/28E」は、従来店頭モデルとハードウェア構成は共通する。ボディサイズは、約316.0(幅)×227.0(奥行き)×8.3~15.9(厚 さ)ミリ、重さは約1.12キロになる。13.3型液晶ディスプレイを搭載し HP ProBook 5330m アダプタ て解像度は1366×768ドットだ。 CPUは、デュアルコアでTDP 17ワットのCore i5-2467M(1.6GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大2.3GHz、3次キャッシュメモリ容量3Mバイト)で、チップセットにはIntel HM65 Expressを採用。システムメモリはDDR3-1333を4Gバイト(2Gバイト×2基)を載せる。グラフィックス機能はCPUに統合したIntel HD Graphics 3000を利用する。データストレージは、容量128GバイトのSSDだ。以上の構成で、バッテリー駆動時間は約9時間となる。HP Probook 4330s互換バッテリー

 キーボードはバックライトを内蔵するアLenovo ThinkPad SL410 アダプタイソレーションタイプを採用し、キーピッチは19ミリ、キーストロークは1.2ミリを確保する。本体に搭載 するインタフェースには、SDメモリーカードスロット、USB 3.0、2基のUSB 2.0、1000BASE-Tまで対応する有線LAN、そして、HDMI出力を用意する。無線接続では、IEEE 802.11 b/g/nに準拠する無線LANとWiMAXを標準構成で利用できる。また、インテルのワイヤレス映像転送技術「Intel Wireless Display」(Intel WDell Inspiron 1318 ACアダプタiDi)にも対応する。 OSは64ビット版 Windows 7 Home Premium Service Pack 1。標準構成で導入するソフトウェアには、「Microsoft Office Home and Business 2010」(Service Pack 1適用)や東芝オリジナルの「東芝高速スタート」「東芝ピークシフトコントロール」のほか、内蔵するWebカメラを利用して手ASUS G50VT-X1互換バッテリーの動きでPCを操作する「ハ ンドジェスチャリモコン」と顔認証機能をもつ「TOSHIBA Face Recognition」、そして、音声でPCを操作する「てぶらナビ」を用意した。

 出荷開始は2月下旬で、実売予想価格は14万円前後になる見込みだ。東芝はグラスレス3DAcer TravelMate 6553 ACアダプタ 対応の15.6型ノートPC「dynabook Qosmio T851」を2月下旬に発売する。同社の最上位AVノートPCで、ラインアップは「T851/D8EB」の1モデルのみ。価格はオープン、実売価格は22万円前後の見込みだ。T851/D8EBは2011年10月上旬に発売された「T851/D8DR」 の後継モデル。グラスレス3D対応の15.6型フルHD液晶ディスプレイ、3波(地上/BS/110度CS)対応のダブルチュー ナー+SpursEngineによるデジタルテレビ機能、ASUS K42JE バッテリーharman/kardonブランドのステレオスピーカー内蔵といったAV機能の特徴はそのまま に、ボディカラーを変更し、HDD容量を750Gバイトから1Tバイトに増量、付属のワイヤレスマウスをレーザー方式とした。

 ボディカラーは春モデル第1弾の「dynabook Qosmio T751」 sony パソコンバッテリー と共通の「シャイニーオーシャン」だ。東レ独自のナノ積層技術を応用したフィルム“PICASUS”(ピカサス)をベースとして、東レ、名阪真空工業、東 芝の3社で共同開発した加飾技術を天面に用いることで、金属を使わずに金属調の質感と光沢を表現した。環境負荷の低減に貢献するほか、防指紋コーティング により通常の光沢ボディより汚れにくくなっている。基本スペックは、Core i7-2640M(2.8GHz/最大3.5GHz)Toshiba PA3781U-1BRS互、Intel HM65 Expressチップセット、外部GPUのNVIDIA GeForce GT 540M、PC3-10600対応の8Gバイトメモリ(4Gバイト×2)、回転数5400rpmの1TバイトHDD、BDXL対応のBlu-ray Discドライブを搭載する。

 通信機能はIEEE802.11bASUS F3Sr アダプタ /g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 3.0+HS、1000BASE-Tの有線LANを内蔵。有効画素数約100万画素のWebカメラ、SDXC対応SDメモリーカード/MMC/メモリース ティックPRO/xDピクチャーカード用のカードスロット、USB 3.0、USB 2.0×3、HDMI出力、アナログRGB出力、音声入出力を備える。本体サイズは387.6(幅)×266.8(奥行き)×31.1~36.8(高さ)ミリ、重量は約3.3キロだ。バッテリー駆動時間は約2.9時間としている。ThinkPad T420互換バッテリー

 OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)をプリインストール。付属ソフトは、オフィススイートのMicrosoft OHP 4431s互換バッテリーffice Home and Business 2010(SP1)や、フォトレタッチソフトのAdobe Photoshop Elements 9、ビデオ編集ソフトのAdobe Premiere Elements 9を備える。パナソニックは、Let'snote SX1の出荷式を同社神戸工場で行った。この出荷式は、神戸工場で生産されたLet'snote SX1シリーズとLet'snote NXAcer aspire 5745p バッテリーシリーズが工場から各販売拠点に向けてトラックが初めて出発するのを記念した行事で、一般に公開するのはLet'snoteシリーズとしては初めてと いう。

 出荷式には、パナソニックAVCネットワークス社ビジネスソリューション事業グループLenovo 42T4735 ITプロダクツビジネスユニット長の原田秀昭氏、同社AVCネットワークス社ビジネスソリューション事業グループ ITプロダクツビジネスユニット 国内営業グループグループマネージャーの向坂紀彦氏、そして、同社AVCネットワークス社ビジネスソリューション事業グループ ITプロダクツビジネスユニット 神戸工場 工場長の清水実氏から、2012年におけるLet'snote事業の構想や展開、そして、神戸工場が目指す将来の役割についHP Pavilion dv2000互換バッテリーて説明があった。

 原田氏は、「ユーザーの困難をいかに解決するのか、HP Compaq パソコンバッテリーLet'snoteシリーズの目的」と、パナソニックがユーザー本位でLet'snoteの事 業を進めていることを訴えた。2012年1月に発表してLet'snote SX1、そして、Let'snote NX1では「ユーザーからは大きな興味を持って大変な反響があった」という。その一方で、原田氏は、これからのLet'snoteシリーズは法人向けの展開を強化していくことを明らかにしている。その一環として、国外で活 動する日本企業のユーザーを対象としてHP ProBook 4435s アダプタ,PC電源、Let'snoteシリーズの国外、特に中国やアジア諸国で利用できる“アジア向け”モデルや“アジア在住ユー ザー”のサポートを強化する。このため、神戸工場でも海外でLet'snoteを利用するユーザーを対象としたサポートチームやアジア諸国に Let'snoteを出荷できる体制を充実していくと語った。FUJITSU FMVLBP103互換バッテリー

向坂氏は、Let'snoteシリーズの強みを「(競合製品と)差別化した、一歩先をいく製品を投入Latitude D530 ACアダプタ する」ことにあるとした上で、 Let'snoteシリーズにかかわるすべての部門スタッフが支えること構築できるユーザーとの強い関係がLet'snoteが広く支持される大きな理由 として挙げている。Let'snote SXシリーズとLet'snote NXシリーズもそういうユーザーの声に応える形で登場したという。 原田氏がAcer 5100 互換バッテリー述べた「Let'snoteシリーズの法人展開強化」について、向坂氏も「事業の軸足は法人向けビジネス」と語る。現在、 Let'snoteshリーズの国内販売比率は、量販店の店頭販売が30パーセント、Web販売が5パーセントに対し、法人向け販売は65パーセントを占 める。

 向坂氏によると、その法人向け事業で、最近多いのが「アジアASUS B50A-1A互換バッテリー諸国進出した拠点でも日本で使っているLet'snoteを導入し、日本と同じレベルでサポートを受けたい」という企業ユーザーからのリクエストだ。低コストの生産拠点としてだけでなく、有効な市場としても成長したアジア諸国に日本の営業部門も積極的に進出するようになって、これらの国々でも Let'snoteを使う企業ユーザーが増えているが、それに伴い、日本で使っているLet'snoteシリーズを海外の拠点でも大量導入したいという案 件が発生している。しかし、日本向けに生産したモデルを海外の拠点に大量導入するには規格的なハードルが高い。

 その解決のために、Let'snoteの“汎アジアモデル”を用意し、Latitude D600互換バッテリーかつ、国ごとに異なるサポートレベルも日本とそろえるために、クロスボーダーで販売とサポートの体制を神戸工場に構築すると向坂氏は説明する。先に掲載したレビュー前編では、そのデザイン、スペック、液晶の視認性や入力環境の使い勝手をチェックした。今回のレビュー後編は、ソフトウェア環境をはじめ、パフォーマンス、バッテリー駆動時間、動作時におけるボディの発熱や騒音など、Ultrabookとしての実力を調べてHP Probook 4730s アダプタ いこう。HP Folio 13-1000のソフトウェア環境はシンプルにまとまっている。OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)をプリインストール。付属ソフトにオフィススイートは含まれず、動画再生の「Cyberlink PowerDVD 10」やWebカメラ撮影の「Cyberlink YouCam」のほか、HP独自のユーティリティを備えている。

 独自ユーティリティについてはASUS Eee PC 1008HA 互換バッテリー、設置環境によってパフォーマンスやファンコントロールを細かく制御することで、ボディ表面の温度が上がりすぎない ようにする「HP CoolSense」機能、主に日本でのニーズに応え、設定した時間内はACアダプタ接続時でも内蔵バッテリーで駆動する「HP ピークシフト」機能を用意しているのがポイントだ。HP Folio 13-1000の基本スペックをおさらいすると、CPUはTDP(熱設計電力)が17ワットの超低電圧版Core i5-2467PABAS223互換バッテリー(1.6GHz/最大2.3GHz)、チップセットはIntel HM65 Express、メモリは4Gバイト(PC3-10600/増設不可)、ストレージは128GバイトSSD、グラフィックスはCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000となっている。

 Windows 7の性能評価機能であるWindowsエasus p31互換バッテリークスペリエンスインデックスのスコアは、下に掲載した画面の通り。Intel HD Graphics 3000によるグラフィックスのサブスコアがほかより低くなっているが、プライマリハードディスクの7.5という値をはじめ、全体的に高めで安定してい る。通常のPC作業を快適にこなせるパフォーマンスだ。SSDを搭載したほかのUltrabookと同様、Windows 7やアプリケーションの起動、スリープ状態からの復帰も素早く、待たされる印象はない。

 高いスコアを獲得したSSDのパフォーマンスはHP 3105mACアダプタ、CrystalDiskMark 3.0.1(ひよひよ氏作)でも調べてみた。シーケンシャルリード/ライトは飛び抜けて高速というわけではないが、ランダムリード/ライトも含めて全体と しては弱点のない高性能を発揮している。4Kランダムライトでもスコアが落ち込んでおらず、この価格帯のUltrabookとして満足できる結果だ。システム全体のパフォーマンスを調べるアプリケーションベースの定番ベンチマークテストであるPCMark Vantage x64およびPCMark 7、3Dグラフィックス性能を総合的に評価する3DMark06と3DMark Vantage、ゲームベンチのモンスターハンターフロンティア(MHF)ベンチマーク【絆】とストリートファイターIVベンチマーasus p41jg互換バッテリークも実行した。

 参考までに、PCMark Vantage x64のテスト結FUJITSU FMVNBP151互換バッテリー果は、これまでPC USERで取り上げた主要な13.3型UltrabookとMacBook Airのスコアも併記している。テスト結果はWindowsエクスペリエンスインデックスと同じ傾向だ。3Dグラフィックス関連のテストは振るわないが、描画負荷がそれほど高く ないカジュアルなゲームタイトルであれば対応できるだろう。高速なSSDに助けられ、Core i5搭載のUltrabookでは総合的なパフォーマンスが高い。価格まで考慮すると、パフォーマンスは優秀といえる。HP ED03 バッテリー

デルは2月8日、2012年春モデルとなる量販店向Acer Aspire 5110 ACアダプタ けノートPC/デスクトップPC計12モデルを発表、2月17日より販売を開始する。今回の販売ラインアップからユーザーサポートを強化しており、無料での出張修理サービスを利用可能となっている。「XPS」シリーズのノートPCラインアップは、17.3型ワイド液晶を搭載した地上デジチューナー対応の大画面ノート「XPS 17 NX97T-WL」、Core i7/BDドライブ搭載の15.6型ワイド液晶内蔵マルチメディアノート「XDell Inspiron 710m ACアダプタPS 15 NX85T-WL」、Core i7搭載の15.6型ワイド液晶内蔵ハイパフォーマンスノート「XPS 15z NX75T-W」、Core i5/14型ワイド液晶搭載コンパクトノート「XPS 14z NX54T-W」の4モデルをエントリーした。「Inspiron」シリーズのノートPCには、15.6型ワイド液晶モデル「Inspiron 15R NI65T-W」「同 NI75T-W」、14型ワイド液晶/Core i5搭載モデル「Inspiron 14z NI44T-W」、13型ワイド液晶/Core i3搭載モバイルモデル「Inspiron 13z NI43T-W」の4モデルを用意した。デスクトップPCとしては、ミドルタワー筐体を採用するCore i7/Radeon HD Latitude D531互換バッテリー6670搭載モデル「XPS 8300 DX77T-WL」、スリム筐体採用のCore i5搭載スタンダードモデル「Inspiron 620s SI75T-W/同 SI75T-WL」、23型ワイド液晶内蔵/3波デジタルチューナー搭載の一体型モデル「Inspiron One 2320 AI55T-W」、チューナー非搭載の23型ワイド液晶一体型モデル「InspiAsus A43E互換バッテリーron One 2320 AI45T-W」をラインアップしている。

PCショップ「ドスパラ」を運HP ED06互換バッテリー営するサードウェーブは2月1日、「Prime Note Galleria モンスターハンター フロンティアオンライン(MHF)推奨ノートパソコン QF555」を発表、同日より販売を開始した。価格は10万8980円。同製品は、フルHD表示対応の15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載するゲーミングノートPC。CPUにクアッドコアのCore i7-2760QM(2.4GHz/最大3.5GHz)を採用し、グラフィックス機能として外付けのGeForce GT 555Mを搭載する。また、BT Precision M70 ACアダプタ Oによるカスタマイズにも対応し、Core i7-2860QM(2.5GHz/最大3.6GHz)やBlu-ray Discドライブなども選択可能だ。

 そのほかの仕様は、8Gバイトメモリ、500GバHP ED06066互換イトHDD、DVDスーパーマルチドライブなど。ネットワーク機能としてギガビットLANと、 IEEE802.11 b/g/n対応無線LANを備える。本体サイズは374(幅)×247.5(奥行き)×35(高さ)ミリ、重量は約2.47キロ。OSは標準構成で64 ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)となっている。 なお、MHF推奨モデルの購入特典として、オリジナル防具用の生産素材(マグネストーン)や消耗品アイテムを詰め合わせたアイテムパックがもらえるほかToshiba PABAS232、Xbox 360コントローラー(52A-00006/黒)が付属する(コントローラーは規定数に達し次第終了)。

Commenter cet article