ThinkPad SL510 2847互換バッテリー

Publié le par chongtou

実売価格は、下位モデルの「S3-951-F34C」が7万円台で、上位モデルの「S3-951-F74U」は14万円前後という状況だ VGP-BPS13B/B。価格と性 能かというお約束の選択になってしまうが、上位モデルの「S3-951-F34C」を選ぶなら、Netbookのような“ちょっと使うからこの程度”では なく、主力モバイルノートPCとして酷使したい。また、SSD搭載モデルであるため、バッテリー駆動時間を重視する場合もこちらが有利だろう。Lenovo IdeaPad S12バッテリー一方、下位 モデルの「S3-951-F34C」でも、セカンドPCというのであれば処理能力的に十分であるし、HDD搭載ということで容量的にも安心感がある。

 そして、独自機能として用意した「Acer Instant On」Lenovo IdeaPad S10-3 バッテリーと「Acer Instant Connect」は、外に出て、喫茶店や電車などでノートPCを取り出し、移動時にまたしまうことを繰り返す“ホッピングモバイラー”の使い勝手を改善してくれる。カテゴリーが確立したばかりのUltrabookだが、すでにTimelineという薄型軽量でモバイル利用を重視したノートPCを投入している 日本エイサーだけあって、312-0504薄型ボディや携帯利用で役に立つ独自機能の導入など完成度は高い。持ち歩くノートPCだけに、デザインをなにより重視したいなら ば、Aspire S3は必ず候補に入れておきたいUltrabookといえるだろう。

AS3830Tは、1366×768ドット表示対応の13.LENOVO IdeaPad U165互換バッテリー3型ワイド液晶を内蔵するモバイルノートで、CPUとしてCore i5-2410M(2.3GHz)を搭載。メモリは4Gバイト、HDDは500Gバイトを内蔵、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入した。バッテリー駆動時間は標準で約9時間。また内蔵サラウンド機能として「ドルビーホームシアターv4」も利用可能だ。Office 非搭載/搭載の2バリエーションを用意、予想実売価格はそれぞれ8万円前後/10万円前後となっている。acer al10a31互換バッテリー

 AO722は、11.6型ワイド液晶を備Acer Aspire 4743G アダプタ,PC電源 えたモバイルノートPCで、デュアルコアCPUとなるAMD C-50(1GHz)を搭載。メモリは2Gバイト、HDDは320Gバイトを内蔵、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入している。カラーバリエーションは「アクアマリン」「エスプレッソ?ブラック」の2色を用意した。予想実売価格は4万5000円前後。 AOD257は、1024×600ドット表示対応の10.1型ワイド液晶を備えるミニノートPCで、CPUはAtom N570(1.66GHz)Eee PC 1005HE アダプタ を採用した。メモリは1Gバイト、HDDは250Gバイトを内蔵。OSはWindows 7 Staterで、Office Personal 2010(2年間ライセンス版)も利用できる。カラーバリエーションは「シーシェル?ホワイト」「エスプレッソ?ブラック」の2色で、予想実売価格は4万 円前後。

 AOHAPPY2は、計4色のカラーバリエーションを用意したエントリーミニノートPCで、1024×600ドット表示対応の10.1型ワイド液 Toshiba PABAS111互換バッテリー晶/Atom N570を搭載。メモリは1Gバイト、HDDは250Gバイトを内蔵、OSはWindows 7 Staterとなっている。予想実売価格は3万5000円前後だ。「ICONIA TAB W500」は10.1型の静電容量式タッチパネル内蔵ディスプレイを搭載(解像度は1280×800ドット)しIdeaPad S10 20015互換バッテリーてWindows 7 Home Premiumを導入したタブレットPCだ。システムメモリとしてDDR3を2Gバイト実装し、データストレージとして32GバイトのSSDを内蔵する。 本体にはSDメモリーカードとマルチメディアカードに対応するカードリーダーを用意するほか、2基のUSB 2.0とHDMI出力も備える。また、無線接続としてIEEE 802.11 b/g/n対応の無線LANとBluetooth 3.0が利用できる。

 本体サイズは275(幅)×190(奥行き)×15.95(厚さ)ミリで、LENOVO IdeaPad S10-3A ACアダプタ 重さは約0.97キロ。搭載するバッテリーは3セルタイプで、バッテ リー駆動時間はHDビデオの連続再生で約4時間、Webブラウジングで約6時間、スタンバイ状態で約100時間という。なお、バッテリーとシステムメモ リ、SSDは交換も増設もにできないと日本エイサーは説明している。 OSはWindows 7 Home Premiumを導入するモデルを個人ユーザー向けに用意するほか、法人向けにWindows 7 Professonalを導入したHP Pavilion dv6900互換バッテリー「ICONIA TAB W500P」も用意する。実売予想価格は個人モデルで約6万円。法人モデルは案件ごとに条件が異なるため、価格は明らかにしていない。日本エイサーの資料 では、予約受付開始は4月20日だが発売予定は5月下旬となっている。

 なお、CeBIT 2011などのイベントでHP Compaq 2510p バッテリー展示していたICONIA TAB W500では、キーボードを搭載したドッキングステーションを用意していたが、今回日本で出荷するモデルでは省かれている。この理由について日本エイサー は、「キーボードがなくても生産性は維持できる」と説明するほか、「タブレットデバイスとしてタッチ操作で使ってもらいたい。キーボードがあるとそれを 使ってしまうので」と述べている。ICONIA TAB W500の具体的な説明は、同社プASUS Eee PC 1005PEロダクト&マーケティングコミュニケーション部 スマートハンドヘルド シニアプロダクトマネージャーの山下昌宏氏が行った。日本エイサーが展開してきたAspire、TravelMate、Timelineに加わる新しいサ ブブランドとして立ち上げたICONIAでは、「ユーザーに面白いと思ってもらえる製品を提供することに意義がある」(山下氏)といASUS Eee PC 1005PEB ACアダプタ うコンセプトを実現す るために、タッチ操作を基本としたユーザーインタフェースを導入し、ビジネス利用でもプライベート利用でも使ってもらえる製品を目指している。

 さらに、山下氏はモバイルブロードバンドの発達と軽量薄型ボディが可能になるフォームファクタの登場Sony vgp-bps13S互換、クラウドコンピューティングと呼ばれる技術 の普及など、技術的な変化とともに、SNSユーザーとデジタルコンテンツの増加やタッチインタフェースの一般化によって、PCを使う目的がこれまでのコン テンツ製作からコンテンツ消費にシフトしているとした上で、ICONIAブランドの製品がAcerのラインアップの中でモHP BQ902AAバイル利用とコンテンツ消費を重 視したモデルになると説明する。

ICONIA TAB W500の登場で、日本市場のICONIAブランドは Thinkpad L510バッテリー 、デュアルディスプレイ搭載のクラムシェルデバイス「ICONIA」と、スレートのタブレットデバイ ス「ICONIA TAB W500」の2モデル展開となる。ICONIAブランドでは、Tegra2を採用したタブレットデバイスも公開されているが、これについても山下氏は 「ICONIAブランドの製品は日本でもこれから増えていく予定」と述べている。Lenovo 42T4931

 山下氏は、ICONIA TAB W500の特徴について、「実用的でビジネスにも使えるタブレット」Acer Aspire 4750Z アダプタ 「直感的なタッチ操作によるユーザーエクスペリエンス」「ダークカラーを基調にした落 ち着いたデザイン」という3点を挙げたほか、システム構成ではOSにWindows 7 Home Premium(もしくは、Windows 7 Premium)を採用、プラットフォームにはAMDのAPU“Fusion”で低消費電力タイプの“Ontario”ことC-50を搭載、HP HSTNN-IB2Sそして、ユー ザーインタフェースには独自開発の“Acer Ring”を導入したほか、宅内ネットワークで権利保護コンテンツを共有できる“clear.fi”に対応することが紹介された。

説明会には、ゲストとして日本マイクロソフト エバンジェリストの田中達彦氏が参加してAcer Aspire 4755互換バッテリー、タブレットデバイスのOSでWindowsを導入するメリットを訴えた。田中氏は、Windowsを導入することで、タブレットデバイスでも使い慣れたソフトウェアやすでに使っている周辺機器を続けて利用できるほか、システム管理でもPCと同様に行えることやセキュリティ機能もPCと同様の強度が維持できることを挙げているAcer Aspire 4771バッテリー。秋モデルでは、7型ワイド液晶ディスプレイを採用したAndroidタブレットデバイス「ICONIA TAB A100」も登場する。出荷開始は10月下旬意向の予定で、実売予想価格は4万円前後になるとみられる。

 CPUはデュアルコアのTegra 2Acer Aspire 4752G アダプタ,PC電源 (1GHz)を採用し、Androidは3.2(Honeycomb)を導入する。システムメモリはDDR2を1Gバイト載せ、データストレージは 16Gバイトのフラッシュメモリを用意する。また、micro SDカードスロットを備えて、最大32Gバイトのmicro SDHCカードがストレージとして利用できる。 日本エイサーが用意するのは無線LAN対応モデルのみで、IEEE 802.11b/g/nに対応するほか、無線接続としてBluettoth 2.1も利用可能だ。本体には、micro HDMI出力、micro USB、ヘッドフォン端子を備え、照度センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパス、GPSを本体に内蔵。日本語入力アプリにはATOK for AndroidをLatitude D410 電源アダプター標準構成で用意する。本体搭載のボタンとインタフェースの配置では、縦画面利用での操作を考慮して、コード接続を伴うインタフェースは縦 画面利用時の“底面”に集中したほか、右側面にローテーションキーとボリュームキーだけを備え、左側面にはボタンもインタフェースも用意しない。液晶一体型PCは、デスクトップPCより省スペースで、ノートPCよりハイスペックという立ち位置もあって、依然として多くのPCメーカーが製品を 51J0399投入している。その中には、同じメーカーの大画面テレビに近いデザインのデジたるチューナー搭載モデルもそろえているように、テレビとPCを1台にして省 スペース用途で利用するユーザーに向けたモデルも少なくない。

 デルの「Inspiron One 2320」も液晶一体型PCで、構成によってはデジタル3波チューナーを搭載する。KS525AAWebページでも、PC用途以上に、専用ソフトウェアとリモコン操作で快適にテレビを楽しむ場面を訴求している。13.3型ワイドで1366×768ドットというディスプレイのサイズはユーザーにストレスを感じさせるほどには狭くはない。ボディも薄く、バッグ への収納性がよい。ただ、画面サイズに比べて重量が1.82キロとやや重いサテライト 東芝 L300 バッテリー。一方で、バッテリーは8時間程度動作し、仕事をするには申し分ない性能の CPUを備えるという長所もある。

 この製品はビジネス向けラインアップに投入されるが、コンシューマーのfmvnbp117ユーザーにも十分通用する。ビジネス用なのでプリインストールされているソ フトがほとんどない代わりに価格が安い、ということを好むユーザーも多い。その価格でも、Core i5シリーズを搭載し、オフィススイートをオプションで選んでも8万円程度。エンターテインメント要素をあまり必要としないユーザーならば“買い”のPC だろう。PA3534U-1BAS

23型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、解像度は1920ASUS G71V互換バッテリー×1080ドットという仕様から、このPCがテレビを意識しているのがよく分かる。 CPUは、Core i5-2400S(2.5GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.3GHz)、メモリはDDR3 1333MHzで4Gバイトモジュールを1枚搭載、HDDは2Tバイトだ。グラフィックス機能は、Intel HD Graphics 2000だが、テレビ視聴用途なら十分だ。本体側面から光学ドライブにアクセス可能で、評価用機材はBlu-ray Discドライブを搭載していた。ASUS G71VG ACアダプタ

 7型ワイドディスプレイの解像度は1024×600ドットでパDell Inspiron N4030D アダプタネル表面はゴリラガラスを採用する。本体サイズは117(幅)×195(奥行 き)×13.1(厚さ)ミリで重さは約410グラム。このサイズと重さでバッテリー駆動時間はHD動画連続再生で約5時間、待機状態で約250時間とな る。なお、充電時間は約1時間という。日本エイサーは、Androidタブレットデバイスをユーザーにアピールする場合、具体的な利用場面を挙げることで、初めて使うユーザーがなにをし たらいいのかで迷Inspiron N4030互換バッテリーうことなく使い始めることができると説明する。これまで投入してきた10.1型ワイドディスプレイ採用モデルのICONIA TAB A500では、大画面を利用したゲームプレイや動画コンテンツ再生を訴求してきたが

2011年年末商戦で行った「Microsoft OneNote 2010」のキャンペーンは春商戦でも行う。 ThinkPad SL510 2847互換バッテリー「年末商戦では認知を目的にしたが、今回はOneNoteを使ってもらうことを目標にキャンペーンを展開す る」(宗像氏)という。キャンペーンの第2弾は「夢をかなえる OneNote術」と題して、ドワンゴ 取締役の夏野剛氏など著名人のOneNote活用術を紹介するという内容だ。週末は量販店店頭でOneNoteのデモやASUS G50Vt-X5-RF互換バッテリー体験イベントを行うほか、カリフォ ルニアにあるディズニーリゾートへの旅行などが当たるプレゼントキャンペーンも実施する。最後に、学生向けのICT活用促進キャンペーンの経過報告を同社業務執行役 コンシューマー&パートナーグループ OEM統括本部の勝俣喜一朗氏が説明した。2011年12月に始まった同キャンペーンだが、公式Facebookページのいいね!数が3万7000人を超 えたと報告した「企業のプロモーショLenovo 42T4708ンでも3万人はなかなかいかない。今のところ良い経過だ」と述べた。今後は、学生が製作したWindows 7訴求映像の公開や、ITビジネスの企画を構築できる人材の育成を目指す「WDLC塾(仮称)」を開講する予定だという。、画面サイズが7型ワイドと小柄になるICONIA TAB A100は、電子ブックよりさらに一回り小さいボディを生かした「電子コミック」リーダーとしての利用を“マンガロイド”というキーワードとともにユー ザASUS G71 アダプタ,PC電源 ーに訴求する。日本マイクロソフトは2月23日、コンシューマー製品の2012年春商戦向けキャンペーンに関する記者説明会を実施した。キャンペーンのキャッチフ レーズは「はじまる、みつかる。 新生活はWindows 7 PC」となる。2011年年末商戦の「かぞくがいちばん。」キャンペーンの趣向を引き継ぎLatitude E6120互換バッテリー、同社製品を活用して家族や親しい人と楽しい時間を過ごすという ライフスタイルを提案する。キャンペーンサイトで活用術や事例を紹介するほか、プレゼントキャンペーンも行う。

 説明会では、同社執行役ホーム&エンターテイメント事業本部リテールビジネス事業部長のAcer Aspire 5250バッテリー五十嵐章氏が登壇し、2012年春商戦キャンペーンの概要 を説明した。キャンペーン認知のため、Acer Aspire 5251 アダプタ JRの電車内や新宿駅にアイキャッチ広告を設置するほか、2012年3月24日、25日の両日に新宿駅と駅周辺の家 電量販店を回遊する人力車を投入することを発表した

Commenter cet article