HP ProBook 4520s 電池

Publié le par chongtou

hp probook 4520s バッテリー

 

マウスコンピューターの「LuvBook S」 シリーズは、 HP ProBook 4520s 電池 重さが約1.5キロと持ち運びも現実的な範囲に収まっており、かつ処理能力に優れるSandy Bridge世代のCore i3/i5/i7を搭載できるモバイルノートPCだ。MicrosoftのOfficeをプリインストールし、起動の高速なSSDやWiMAXの搭載と、 かなり使えそうなノートPCである。 今回は、CPUがCore i7-2640M(2.8GHz)、メインメモリが8Gバイト、ストレージが80GバイトSSD、そして先日追加されたWiMAXのオプションを搭載する HP 620 バッテリー 「LuvBook S LB-S210X-WM」(以下、S210X)を使い倒してみた。

S210Xは、天板とパームレスト部分にアルミヘアライン加工を施し、カラーバリエーションとして用意されるブルー/レッド/シルバーの各色と、 EliteBook 6930p バッテリー 黒 のツートンカラーになっている。ボディのエッジに丸味を持たせた柔らかいフォルムだ。ちなみに、ディスプレイ部は背面側に130度までしか開かない。液晶 パネルは11.6型ワイドで解像度は1366×768ドットだ。外部出力用にアナログRGBとHDMIを持っているので、モバイル用途以外、 Compaq 2710p バッテリー 例えば自室や オフィスの机上ではより大型の外部ディスプレイに出力することもできる。

 キーボードはキーピッチが約17.5ミリ、ストロークが約2ミリの日本語86キー配列だ。 HP HSTNN-DB1A Enterキーの近くとテンキーの周囲が若干小さめに なっている点が気になったものの、キーボードユニット全体の強度があるので、強めにタイプしてもキーがゆがむようなこともなく、全体的にはまずまずの打鍵 感であった。スマホやタブレットのソフトウェアキーと比べ、やはり入力のすばやさはハードウェアキーボードに分があると感じさせるのに十分な作りである。 HP HSTNN-Q78C-4 ポインティングデバイスは、Synapticsドライバが導入されたタッチパッドで、反応もよく使い勝手に問題はなかった。

基本システムは、Intel HM65 ExpressチップセットにSandy Bridge世代のCore i7-2640M HP HSTNN-Q81C (2.8GHz)を組み合わせている。Core i7-2640Mのコア数は2で、Hyper-Threadingにより4スレッド同時実行が可能、さらにTurbo Boost動作時には最大で3.5GHzまでクロックが跳ね上がる。メインメモリは、2基のメモリスロットにDDR3-1066(PC3-10600)の 4Gバイトモジュールが1枚ずつ装着され、デュアルチャネル構成の8Gバイト。 HP HSTNN-UB1A 選択できるOSは、標準の64ビット版Windows 7 Home Premiumに加えて、BTOにより64ビット版のProfessionalやUltimateに変更することも可能だ。

 グラフィックスは、CPUに内蔵するIntel HD Graphics 3000だ。BTOで外部GPUを使う選択肢は用意されていないため、 hp 530 対応バッテリー DirectX 10までの対応になる。また、内蔵ディスプレイと外部ディスプレイへのデュアル表示では、外部ディスプレイであれば1920×1080ドットのフルHD解 像度で表示できるが、内蔵ディスプレイは1366×768ドットまでになる(後述するが今回のベンチマークは外部ディスプレイに接続して行っている)。HP COMPAQ 6735s アダプタ

内蔵HDDはSATAの500Gバイトや80GバイトのSSDを選ぶことができ、今回試用したモデルは高速な80GバイトSSDが搭載されてい る。 pa3534u-1brs? なお、光学ドライブはなく、HDD内にリカバリ用のD to D領域が作成されていないため、OSを再インストールするためには、USB接続で起動可能な外付けの光学ドライブが別途必要になる。

 今回試用したモデルの目玉は、インテルの「Centrino Advanced-N+WiMAX 6250」 HP HSTNN-XB52 を搭載している点だ。標準構成より5250円ほど高くなるが、IEEE802.11a/b/g/nの対応に加えて、WiMAX通信が可能になっ ている。WiMAXをすでに契約しているユーザーなら、機器の追加だけで即座にネット接続が可能になる(月額380円からのWiMAX契約も可能)。この 構成の価格でも8万5050円となっており、CPUにCore i7の高クロックモデル、 HP HSTNN-IB52 8Gバイトのメモリ、高速SSDとWiMAX対応ということを考えると非常に手ごろな内容といえるだろう。

S210Xは携帯性に富むモバイルノートPCであるし、グラフィックスもCPU内蔵機能なのでバリバリゲームをするといったような用途は明らかに向 いていない。 Toshiba Satellite L201バッテリー ただし、Core i7を搭載する高い基本性能はモバイルを超えた使い方も視野に入ってくる。例えば、マウスとキーボード、外部ディスプレイを用意しておき、外出から戻って きたらそれらを接続することでメインマシンとして使えるかもしれない。そこで外部ディスプレイを接続してから、いつものベンチマークを試してみた。 Toshiba Satellite M215バッテリー

toshiba pa3534u-1brs バッテリー

 計測したベンチマークソフトはPCMark05、PCMark Vantage、 Toshiba PABAS099 3DMark06、3DMark Vantage、ゲーム系ではFINAL FANTASY XI Official Benchmark 3、FINAL FANTASY XIV Official Benchmarkといったソフトだ。また、内蔵グラフィックスであるIntel HD Graphics 3000がDirectX 11に非対応なため3DMark 11を動作させることができなかった。

まずはWindows 7のエクスペリエンスインデックスを見てみよう。各スコアはCPUが7.2、グラフィックスはデスクトップが6.4、3Dゲームが6.4、 PA3535U-1BRS メモリーが 7.5でハードディスクの数値が7.6とモバイルノートにしては高いスコアが並んでいる。メモリはデュアルチャンネル動作なためスコアが高く、さらにスト レージがSSDのため7.6をマークした。実際、Windowsの起動も高速だし、通常の操作もヌルヌル動いて非常に快適だ。これなら外部ディスプレイを 用意しておいてメインPCとして使うのもアリだろう。 ?PA3682U-1BRS

 次に各種ベンチマークテストの結果を見ていく。 Toshiba A202 対応バッテリー パフォーマンス的にはCore i7と高速SSDの効果が各所に出ておりハイスペックと言いきってよい結果だろう。モバイルノートPCでありながら、PCMark Vantageの1万2000超えには驚いた。DirectX 9世代のFINAL FANTASY XI Official Benchmark 3も、CPUパワーで動作する範囲に収まる感じだ。ただ、CPU内蔵グラフィックスに頼る描画性能はさすがに弱く、FINAL FANTASY XIV Official BenchmarkはLow設定かつ各種効果を無効にしてギリギリプレイできるどうかといったところ。もっとも、3Dゲームは無理だとしてもビジネスユー スで使うには不満のない速度で動いてくれることは間違い   nx7400 電池?

さらにバッテリーの駆動時間をチェックするため、バッテリーベンチ「BBench」(海人氏作) HP COMPAQ HSTNN-UB11 を用いてバッテリーが5%以下になって休止状態(ハ イバネーション状態)になるまでの時間を計測した。Windowsの電源オプションで「高パフォーマンス」、「バランス」、「省電力」の設定にした状態で ディスプレイが消えないように定期的なキー入力とWeb巡回を有効にして計測している。 結果はXPS 14zは、光学ドライブ内蔵タイプのノートPCだ。 ?COMPAQ PB992A 本体サイズは、335(幅)×234(奥行き)×23(厚さ)ミリで、同社のInspiron 13zとほぼ同等(332.0×241.3×22.2~22.7ミリ)のボディに14型ワイドのディスプレイを搭載したのが特徴だ。

 ボディカラーは、アルミ合金を取り入れた“エレメンタルシルバー”を採用するほか、 Dell Inspiron 5000 バッテリー 排気口やステレオスピーカーのスリットモールド、アイソレーションタイプでバックライトを内蔵したキーボードなど、デザインは2011年5月に登場したXPS 15zと共通する。日本市場向けには、CPUと外付けGPU、システムメモリの容量、データストレージデバイスが異なる4つのモデル「スタンダードパッケージ」 vostro 1000 バッテリー 7800mAh (ダ イレクト価格7万9980円)、「プレミアムパッケージ」(同8万9980円)、「プラチナパッケージ」(同9万9980円)、「SSD搭載パッケージ」 (同12万9880円)を用意する。なお、すべてのパッケージで標準OSは64ビット版 Windows 7 Home Premium Service Pack 1だが、プラス5040円で64ビット版 Windows 7 Professional Service Pack 1を、プラス1万1550円で64ビット版 Windows 7 Ultimate Service Pack 1を選択できる。 Dell TD344

 CPUは、スタンダードパッケージとプレミアムパッケージでCore i5-2430M(デュアルコア、4スレッド対応、 Dell GD761 2.4GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3GHz)、プラチナパッケージとSSD搭載パッケージでCore i7-2640M(デュアルコア、4スレッド対応、2.8GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.5GHz)を採用。システムメモリは、スタンダードパッケージで4Gバイトのほかは、すべてのパッケージで8Gバイ トを載せる。 Dell KD476 データストレージはスタンダードパッケージで容量500GバイトのHDDを搭載し、プレミアムパッケージとプラチナパッケージは容量750G バイトのHDD、SSD搭載パッケージは容量256GバイトのSSDを採用する。

 スタンダードパッケージ以外のモデルでは、外付けGPUとしてGeForce GT 520M Dell C6269 (グラフィックスメモリ1Gバイト)を実装する。外付けGPUを搭載するモデルは、起動するアプリケーションによってCPUに統合したグラフィッ クスコアのIntel HD Graphics 3000と自動で切り替えるNVIDIAの「Optimus Technology」に対応する。チップセットはIntel HM67 Expressを採用し、ディスプレイの解像度は1366×768ドット。 Y4546 標準で8セルバッテリーを本体に内蔵し、HDD搭載の最小構成でバッテリー駆動 時間は約7時間17分になる。本体に搭載するインタフェースには、USB 3.0、USB 2.0、HDMI出力、Mini DisplayPortを用意する。また、無線接続では、IEEE 802.11a/b/g/n対応の無線LANとBluetooth 3.0が利用できる。 Dell C6017 無線LANモジュールにインテルのCentrino Advanced-N 6230を採用しているので、無線LANで接続したディスプレイでフルHDの動画を再生できるIntel Wireless Display 2.0にも対応する。

「高パフォーマンス」で2.5時間、「バランス」で3.5時間、 vostro 1200 バッテリー 「省電力」で4.2時間となった。公称値の5時間には達しなかったものの、省電力モードで輝度を落とすなどの工夫をすれば、よほど長時間の連続作業でない限り問題はなさそうだ。以上、S210Xはモバイル用途向きの小型ボディにメインマシンとしての十分な基本性能を備えていることが分かった。ただ、これ1台で済ますには 80GバイトのSSD容量がネックになる。 92P1137 もしメインマシンとして使うのであれば、USB 3.0ポートがあるので、そこに外付けの大容量HDDを接続するか、ホームネットワーク上にNASを用意しておくなど、何らかの対応は必要だろう。もちろ ん、すでにメインのデスクトップPCがあるのなら、持ち運び専用で使うのもオススメだ。

  ss もともとLuvBook Sシリーズは、ベーシックな構成なら4万円を切るコストパフォーマンスの高いモバイルノートPCだが、 ?92P1141 持ち運びしやすい11.6型の小型ボディにCore i7を搭載し、SSDやWiMAXといった先進の機能を詰め込んだ本機が8万円半ばで購入できるというのは素直に驚かされる。モバイル用のデバイスは何よ りも実用性で選ぶ、という人に是非オススメしたい製品だ。エムエスアイコンピュータージャパンはこのほど、CPUとしてCore i7-720QMを採用したゲーミングノートPC「GT640」を発表、 IBM FRU 92P1139 4月17日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は16万9800円(税込み)。 GT640は、1680×1050ドット表示対応の15.4型ワイド液晶を内蔵したノートPCで、グラフィックスコアとしてGeForce GTS 250Mを装備した。キーボードもゲーミングモデルを意識した設計で、ゲームで多用されるW/A/S/Dのキートップには赤色のデザインが施されている。 ThinkPad T520i バッテリー

 メモリはDDR3 4Gバイト、HDDは500Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入している。本体サイズは360(幅)×260(奥行き)×33~36(高さ)ミリ、重量は約2.74キロ。スリムタワー型筐体採用のデスクトップモデルには IBM FRU 92P1139 、Core i5-3450を搭載する「MousePro iS」シリーズを用意。メモリは4Gバイト、HDDは500Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵した。またGeForce GT 520搭載モデル/Quadro 600搭載モデルもラインアップする。標準構成価格は6万円台~8万円台。

 ミニタワー型筐体採用デスクトップモデルには、 latitude d830 バッテリー Core i7-3770搭載の「MousePro i」シリーズを用意。メモリは8Gバイト、HDDは1Tバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。GeForce GTX 550 Ti搭載モデル/Quadro 600搭載モデルもラインアップする。標準構成価格は8万円台~10万円台だ。 ノートPCモデルには、フルHD対応15.6型ワイド液晶/Core i7-3610QM搭載モデル「MousePro-NB511X」を用意した。メモリは8Gバイト、HDDは500Gバイト、 ProBook 4710S バッテリー 光学ドライブはDVDスー パーマルチドライブを標準装備する。価格は7万円台。

Commenter cet article