TOSHIBA nb200 バッテリー

Publié le par chongtou

デルの液晶ディスプレイ一体型デスクトップPC「Inspiron One」hp 5220m バッテリーシリーズから、新モデルの「Inspiron One 2310」と「Inspiron One 2205」が登場した。従来モデルの「Inspiron One 19」は WXGA(1366×768ドット)解像度の18.5型ワイド液晶を備えていたが、Inspiron One 2310はフルHD(1920×1080ドット)対応の23型ワイド液晶、Inspiron One 2205はフルHD(1920×1080ドット)対応の21.5型ワPrecision M65 バッテリーイド液晶を採用しており、いずれも大画面化と高解像度化を果たしている。 また、ボディデザインを一新するとともに、デルとして初めて地上デジタル放送専用のテレビチューナーを内蔵したことに加えて、オプションでタッチパネル付きの液晶ディスプレイも選べるなど、外観から内部まで最近のトレンドを意識した仕様にまとめているのもポイントだ。

 今回は上位機種のInspiron OneDell Inspiron 1210 バッテリー 2310を試してみた。4つのパッケージが用意されているが、入手したのは最も安価な「ベーシックパッケージ」(9万9800円)をベースに、液晶ディス プレイをマルチタッチ対応のパネルに変更したものだ。価格は11万5550円となっている(2010年11月18日現在)。まずは外観だが、他社の液晶一体型PCと同じように省スペース性の向上に努めている。正面から見た際に、液晶ディスプレイの周囲に余計なボタンや端 子がなく、シvostro 1220 電池ンプルに仕上がっているため、PC本体ではなく、単体の23型ワイド液晶ディスプレイといわれれば納得してしまうほどだ。

 ただ、通常の液晶ディスプレイのように1TOSHIBA nb200 バッテリー 時間本足の先に台座が設けられているスタイルではなく、大きめのフォトフレームといったデザインになってい る。ブラックとシルバーで塗り分けられたボディは、本体の下部に飛び出した2本のスタンドと、背面に装着された透明なスタンドの3点で支える構造だ。接地 している面積は小さい、設置時にふらつくようなことはなく、安定性に問題はない。背面の透明なスタンドはチルト角度の調整に対応し、ほぼ垂直立ちの状態 からスタンドを開くことで0644340、画面の角度を見やすいように傾けられる。

 本体サイズはスタンドを閉じた状態で420(幅)×90(奥行き)×570(高さ)ミInspiron 13R アダプタ リ、重量はタッチパネル搭載で約8.95キロ、タッチパネル 非搭載で約8.15キロだ(重量はシステム構成により異なる)N3010互換バッテリー。画面を少しチルトさせて設置するには、倍以上の奥行きが必要になるが、それでも専有面積は 単体の23型ワイド液晶ディスプレイとほぼ変わらない。付属するキーボードとマウスはワイヤレス式で単三形電池で駆動するため、ケーブルが机上にちらばることなく、省スペースなボディと合わせてスッキリ と設置できる。ブラックのワイヤレスキーボードは薄型で、プレーヤーソフトの再生機能を制御するボタンとジョグダイヤル、e6400 バッテリーテンキーまで備えたフルキーボー ドだ。スクロールホイール付きのマウスもワイヤレスタイプで、1個の小型USBレシーバーでマウスとキーボードを接続できる。

 また、Windows Media Centerボタンを持つ赤外線リモコンも付属し、lenovo x61 バッテリー離れた場所から手軽に操作することも可能だ。このリモコンはコンパクトだが、必要十分な機能が用意され ている。マルチタッチ対応の液晶ディスプレイによる直感的な操作に加えて、小さいながらも操作性の悪くないリモコンで、近くても遠くても操作が楽に行える のはうれしい。ここまでスリムにできたのは、インテルの主力ノートPC向けプラットフHP 2210b バッテリーォームであるCalpella(開発コード名)をベースにしているためだ。フルHDの液晶ディスプレイにノートPCのパーツを詰め込んでいると考えると分かりすい。

 モバイルプラットフォームなのでCPUは、当然モバイル向けのCore inspiron1464アダプターi3-370M(2.4GHz)になる。自動オーバークロックのTurbo Boostには対応しないが、2つのコアを備えており、Hyper-Threadingによる4スレッドの同時実行が可能だ。もう少しCPUパワーが欲し い人向けに、BTOメニューでCore i5-460M(2.53GHz/最大2.8GHz)も用意されている。 チップセットもモバイル向けのIntel HM57 Expressだ。FMV BIBLO MG50WこのチップセットはFDIをサポートしているので、Core i3の内蔵グラフィックス(Intel HD Graphics)が利用できる。しかし、Inspiron One 2310ではそうせずに、わざわざ外部GPUのATI Mobility Radeon HD 5470(グラフィックスメモリ1Gバイト)を搭載している点に注目したい。dell 640m acアダプター

 このGPUはエントリー向けで、Dell Inspiron M501バッテリーそれほどパフォーマンスに期待できるわけではないが、最新のDirectX 11に対応していたり、MPEG-4 AVC/H.264やAdobe FlashなどHD動画コンテンツの再生支援機能を持っているなど高機能だ。もちろん、Core iシリーズ内蔵のグラフィックスコアよりは3D描画性能も高く、Intel HD Graphicsではまともに動かない3Dゲームタイトルを何とかプレイできるといったケースもあるだろう。メインメモリはDDR3-1333に対応し、dell inspiron 2200 電源アダプタ容量は4Gバイト(2Gバイト×2/PC3-10600 SO-DIMM)を積んでいる。OSは64ビット版のWindows 7 Home Premiumなので、4Gバイトのメモリはフルに利用可能だ。メモリの最大容量は8Gバイト(4Gバイト×2)とされているが、現状ではBTOメニュー に4Gバイトを超えるメモリ構成は用意されていない。thinkpad x201i acアダプター

 HDDはコストパフォーマンスのよさから、asus p41sv-wx032x互換デスクトップPC向けの3.5インチSerial ATA HDDを内蔵している。回転数は7200rpm、容量は1Tバイトと十分なスペックだ。光学ドライブはスリムタイプのDVDスーパーマルチを採用するが、 記録型のBlu-ray Discドライブに変更することもできる。 なお、メモリスロットなどにアクセスするための小さなカバーは設けられていないが、背面カバーの下には2本のネジがあり、本体を水平な面に寝かせ て2本のネジを外した後、asus u31j アダプタ,PC電源 背面全体を上方向にスライドさせると、背面カバー全体を分離できる。カバーを外せば、2基のメモリスロットやHDDベイにアクセ ス能だ。

デルのXPSブランドは、2006年の登場当初は高性能でデザインDell Inspiron N3010R互換バッテリーを重視したハイエンドPCのラインアップという位置付けだった。デスクトップでは前傾姿勢のユニークなPCケースを採用した「XPS 600」「XPS 700」シリーズなどのゲーミングPCや、20型ワイドという大型液晶ディスプレイやポップアップ式トレイの光学ドライブという斬新なデザインが話題になったノートPC「XPS M2010」が登場してasus u31jc互換、日本のユーザーに「それまでとは違う、おしゃれなデル」を強烈にアピールした。

 その後、ゲーミングPCのラインアップは買収した「Alienware」に移行し、Acer Aspire AS5741-H54D/S互換バッテリーXPSはデザイン重視にシフトしていくとともに、コストパ フォーマンスを訴求する「Studio XPS」と個性的なデザインに特化した「Adamo XPS」に分かれ、「XPS」単体ブランドとしては「活動休止」という状況にあった(Studio XPSとAdamo XPSも新製品が投入されなくなって久しい)。そのデルは、2010年10月26日にAcer Aspire AS5741-H54D/LS アダプタ,PC電源 ノートPCブランドの位置付けを大幅に見直し、これまでStudioブランドがカバーしてきたミドルレンジ クラスからデザイン重視のAdamo、Adamo XPSまでという、広範囲なポジションに向けたノートPCのブランドとしてXPSを復活させ、その第1弾として「XPS 17」「XPS 15」「XPS 14」を発表した。

 XPS 17、XPS 15、XPS 14は、それぞれ搭載する液晶ディスプレイのサイズと解像度が異なりAspire AS5741-H32C/SF互換バッテリー、それにともなってボディサイズと重さも違っているが、シルバーとブラックで構成した カラーリングや四隅を丸くしたラインなど、ボディのデザインは共通する。今回は、その中で最も小型の液晶ディスプレイを搭載する「XPS 14」を評価する。最も小型とはいえ、その画面サイズは14型Acer Aspire AS5741-H32C/S アダプタ,PC電源 ワイドで解像度は1366×768ドット。ボディサイズも352.8(幅)×247.4(奥 行き)×31.4~35.4(厚さ)ミリ、重さが6セルバッテリー搭載時で約2.43キロと、モバイル利用が標準となるモデルではない。

キーボードは、最近のデザインを重視するノートPCで多いアイソレーションではなくasus u31jg-xa1互換、従来のタイプを採用する。主要なキーのピッチは実測で約19ミ リだが、キートップに段差を設けることで実質的なキーピッチをより広く確保する工夫がされている(キートップで計った間隔は実測で約4ミリ)。ファンク ションキーには無線LANのオン/オフ、ミュートと音量調整、液晶輝度の調整といった機能が割り当ててあるasus u31sd-rx001互換バッテリー。初期状態ではファンクションキーがFnキーと のコンビネーションで有効になるように設定されている。

 キーボードの上には、電源ボタンとステータス表示イルミネーションStudio 1535互換バッテリー、そして、Windows モビリティーセンター、Instant Launch Managerで割り当てた機能、サウンド設定ダイアログのそれぞれを起動する専用ボタンを配置する。専用ボタンはイルミネーションと組み合わせたタッチ センサー式で、光るアイコンに触れると起動する仕掛けになっている。そのせいか、無線LANのオン/オフを切り替えようとして、Dell Studio 1536 ACアダプタ その左脇で(その状態に関 係なく)常時点灯している無線LANのアイコンに触れて「あれ?」となることがしばしばあった。ただ、慣れればそういう間違いも減るだろう。

 XPS 14では、音響メーカーのJBLがサウンド設計を監修したスピーカーシステム(3ワッ Studio 1537 ACアダプタト+3ワット)と、サウンド補正用技術「Waves MaxxAudio」を導入するなど、サウンド再生環境も重視している。サウンド関連の設定は「Dell Audio by Realtek」で行うが、メインタブのプリセットでは、音楽再生、ムービー/ゲーム、ボイス(ビデオ会議など)のそれぞれに向いたサウンド設定を選べる ほか、詳細タブではasus u31sd-rx034v、音楽のジャンルごとにイコライザー設定やマルチスピーカー環境の設定などが用意されている。

液晶ディスプレイは1920×1080ドット(フルHD)表示の23型ワイドパネasus u31sd-rx036v アダプタルに白色LEDのバックライトを組み合わせている。画面サイズと解像度のバランスが保たれており、フルHDの表示が細かすぎる印象はなく、適度な精細感がある。 輝度やコントラスト、発色などの表示性能は最近の低価格フルHD液晶ディスプレイと同程度で、特に画質にこだわる向きでなければ不満は出ないレベ ルだ。ただ、 u31sd-rx037v Cアダプタ,PC電源 グレアパネルなので照明や周囲の風景が結構映り込むことに加えて、TN方式の液晶パネルということで上下の視野角は少し狭い。ここはユーザー の姿勢や設置場所に応じて、チルト角度の調整でカバーしたいところだ。

 なお、BTOオプションのタッチパネル付き液晶ディスプレイを選択することで、Acer Aspire AS5741互換バッテリーInspiron One 2310を大柄のタブレットPC(ブックレット型)ライクに使うことが可能になるのは見逃せない。タッチパネル液晶への変更は1万5750円と手ごろに設 定されているので、タッチパネル式を選んでおくことを強くおすすめしたい。実際、液晶をタッチパネル方式に変更することで、Inspiron One 2310のu31sd-rx101v互換魅力はよりアップする。タッチパネルにするとWindows 7 Home Premiumのマルチタッチ対応タブレット機能が有効になるのに加えて、タッチパネル操作を効果的に利用可能なガジェット「Dell Stage」もプリインストールされるSony vgp-bps13S互換。このDell Stageにはタッチパネルを便利に使うツールが含まれており、画面を指で触って操作できる。

 Dell Stageに含まれるタッチ操作向けのツールとWindows Dell Studio 1555 バッテリー7のマルチタッチ機能は、一度作法を覚えてしまうと楽しく、かつ効率的に操作を行える。付せんツールの「StickyNotes」は直観的な操作で手書き のメッセージも加えられるので、非常にアナログっぽい味のあるメッセージを残せたりする。各種楽器をタッチ操作で演奏する「タッチ楽器」など、タッチ操作 を盛り上げてくれるツール類も豊富だ。BTOによるオプションではなく、標準構成で最初から地デジチューナーを搭載しAcer Aspire AS5253-E354G32Mnkk互換バッテリーているのは、デルとしては意外なことに本機が初めてだ。地デジチューナーは、 TravelMate 8100 互換バッテリーほかのメーカーでも多く採用されているAVerMedia A320Nが搭載されている。

 地デジ番組の視聴や録画などはOS標準のWindows Media Center機能を使う。別途視聴ソAcer TravelMate 8101互換バッテリーフトが搭載されているわけでもないため、機能は至ってシンプルだ。Windows Media Center標準の番組表経由で録画予約をして、録画した番組の視聴やDVDメディアへの書き出しなどもWindows Media Centerで行う。液晶ディスプレイの下にはステレオスピーカーを内蔵しているが、さらにサウンドAcer Aspire AS5253-E353G32Mnrr互換バッテリー面でのこだわり機能も搭載している。ダイナミックレンジを補間してよ り臨場感を高め、高品位なサウンドを再現する「THX TruStudio PC」オーディオテクノロジーに対応しているのだ。

 MP3やAACで音声を圧縮するとStudio 1557バッテリー、どうしても音域が間引かれてしまうが、THX TruStudio PCはそれを自然に聞こえるように補間してくれる。実際に聴いてみると、確かに低音域から高音域まで、幅が広がった再生となるので、音楽コンテンツを楽し みたい人や映像コンテンツで臨場感あるサウンドが欲しい人にとってはうれしい機能だろう。

地デジの画質については、23型フルHD液晶ディスプレイを搭載するため、DELL Vostro 3450 アダプタ精細さがあり、ノイズや変なザラツキもなく、カジュアルな視聴なら十分なクオリティといえる。付属のリモコンで手軽に操作でき、レスポンスも問題ない。

Commenter cet article