SONY VAIO C アダプタ

Publié le par chongtou

レノボ?ジャパンが発表したThinkCentreの新製品は、compaq 6715s バッテリー「ThinkCentre M92p/M92 Tiny」「ThinkCentre M72e Tiny」「ThinkCentre M92z All-In-One」の3シリーズだ。“M92z”シリーズは液晶一体型PCだが、“M92”シリーズと“M72e”は、新しいフォームファクタの 「Tiny」を取り入れて、容量1リットルのコンパクトボディを採用する。

 レノボ?ジャパンによると、オフィスで使うPCに対する省スペース化はacer 5745dg adapter、日本だけでなく世界中の市場で要求が高まっており、性能を抑えることなく コンパクトなボディを実現してほしいというこれまでのThinkCentreユーザーのリクエストに応えるためにTinyフォームファクタを用意したとい う。また、開発コンセプトを紹介する資料に「2011年の震災以降の経験を取り入れ、デスクトップPCのありかたを一から考え直し」と示すように、ユー ザーの利用環境を考えた新しい工夫を導入したと説明している。dell 9100 acアダプター レノボ?ジャパンは、液晶一体型PCと比べた場合のセパレートタイプデスクトップPCの優位点として、液晶一体型PCは液晶ディスプレイと一緒の 提案になるが、セパレートタイプは液晶ディスプレイが選べる柔軟な環境構築を挙げている。その柔軟な環境構築をもとめるユーザーは、PC本体を設置する場 所の自由も求めるため、hp pavilion dm1 アダプタボディサイズがコンパクトであることが必要だという。

 システム構成は、インテルが2012年に投入を予定している第3世代CoreプロセッサーファミリーでvProにも対応するがR8290用バッテリー、その詳細について は、現時点で非公開としている。ただし、製品発表会において、レノボ?ジャパンはスペックの一部について明らかにし、CPUはTDP35ワットモデルの Core i3、または、Coore i5を搭載。Core i5搭載モデルの実売価格は8~9万円台になる予定と説明している。なお、日本では、4月9日に発表したが、ほかの国では5月初旬の発表予定で、さらに、 asus k53u アダプタ出荷は日本を含めて6月になるという。日本で先行発表した理由について、レノボ?ジャパンは「日本のユーザーにいち早く訴求したいため」と述べている。ボディサイズも「一辺がゴルフボール4個分」という表現のみで、重さも含めて明らかにしていない。ただ、その用途としてはオフィスのデスクトップク ライアントPCとしてだけでなく、Dell E6420 ACアダプタデジタルサイネージデバイス用システムやショップのキオスクカウンター用システムなど、組み込み用途も想定している。ボ ディパネルには100×100ミリ、75×75ミリのVESA規格対応ネジ穴を設けているので、ディスプレイの背面やディスプレイアームへの取り付けも可 能だ。U160 ACアダプタ

 また、コンパクトサイズのボディでも拡張性を確保するため、pabas098 互換ユーザーがインタフェースの種類を選べる“オプションポート”を背面に用意する。標準 構成でこのポートはブランクになっているが、ユーザーの要望に合わせて、USB 2.0、DisplayPort、無線LAN用アンテナのほか、組み込み市場で需要が依然としてあるシリアルポートのいずれかを選択して搭載できる。

 容量1リットルのボディでも高い性能を確保するため、冷却効率を向上させる技術として5310m バッテリー「Intelligent Cooling Engine 2」(ICE2)を導入した。すでに、ThinkCentreシリーズに導入しているICEのバージョンアップ版で、静音モードと冷却優先モードをユー ザーが選択できるほか、ファンに不具合が生じた場合にメールなどでリモートアラームを発信する機能を追加した。

 レノボ?ジャパンの説明によると、グラフィックスカードを追加することなくバッテリー 8540w、4台のディスプレイに同時出力できるだけでなく、レノボとインテルの共同開発によって、4台のディスプレイを1台のディスプレイのように使える“モザイクモード”も利用できるとしている。

 さらに、本体ごと収納できるドライブベイユニットを標準で用意する。このドライブベイには、ユーザーの用途に合わせて光学ドライブ、asus アダプタ k53eHDD、または、バッテリーが搭載可能だ(バッテリーの提供は2012年末の予定)。HP Z1 Workstationに搭載される27型ワイドの大型液晶ディスプレイは、広視野角のIPSパネルを採用しており、2560×1440ドットの高解像度 表示に対応する。白色LEDバックライトを搭載し、Sony VPC-W21AVJ 電池最大輝度は380カンデラ/平方メートルと非常に明るい。パネル表面は光沢仕上げだけに照明などの映り 込みはあるものの、これだけ輝度が高いと少々映り込んでも視認性への影響は少ない。

 さらに、コントラスト比1000:1、応答速度12ms(中間調)、SONY VAIO C アダプタ NTSC比96%(CIE1976、CIE1931は77%)、sRGBカバー率100%(CIE1931)など、コンテンツクリエイションでの利用にも耐えうる高いスペックを備えている。

 見た目の印象もとてもよい。ASUS U46互換バッテリーIPSパネルならではの広視野角は確かに実感できるし、明るさも眩しいくらいである。ただ、最大輝度では環境や使用用途によっては眩しすぎるかもしれない。輝度調整を簡単にできるボタンなどが用意されていないのは少し不便に感じた。基本システムには、Intel Xeon E3とIntel C206 Expressチップセットを中心としたシングルソケットのエントリーワークステーション向けプラットフォームを採用している。Xeon E3の基本的な内部構造は、ASUS U46Eコンシューマ向けの第2世代Core i7と同じ(Sandy Bridgeアーキテクチャ)であり、高性能と低消費電力を両立している。acer al10bw

 日本展開モデルとしては、スタンダードモデルとハイASUS U46JC互換バッテリーエンドモデルの2種類のベースモデルが用意されており、メモリやストレージなどのカスタマイズ に対応している。主な違いは表にまとめているが、今回の評価機は試作機ということで両方をミックスしたような構成となっているため、実機から分かる基本構 造を中心に見ていこう。CPU(LGA 1155)とIntel C206 Expressチップセットを搭載したメインボードは、ASUS U46S アダプタ,PC電源 デュアルファン付きのダクトで覆われている。ハイエンドモデルが搭載するXeon E3-1280(3.5GHz)のCPUコア部分は、コンシューマ向けのCore i7-2700Kと同等だが、GPUコアは内蔵していない。

 メモリソケット(PC3-10600対応)は4本あり、最大で32Gバイトのメモリを搭載可能になっている。ASUS U46SD互換ドライブベイは、3.5インチが1 基、2.5インチが2基あり、HDDとSSD、どちらの搭載にも対応している。細かいカスタマイズメニューはまだ不明だが、SSDを2基搭載したRAID 構成も選択できるようだ。

 光学ドライブはノートPC向けのスリムドライブを搭載しておりTOSHIBA PABAS175互換、Blu-ray DiscドライブとDVDスーパーマルチドライブが用意されている。Blu-ray Discドライブのスペックについては詳細が記載されていないが、評価機にはHPオリジナルのBD-REドライブ「BD-5841H5」が搭載されてい た。グラフィックスカードはダクトの形状などから一見すると通常のPCI Express x16カードのように見えるが、MXM(Mobile PCI-Express Module)と呼ばれるコンパクトなモジュールタイプになっている PA3612U-1BRS。評価機ではNVIDIA Quadro 4000M(2Gバイト)を搭載していた。Fermiアーキテクチャの高性能チップで、336のCUDAコアを内蔵し、メモリ帯域80Gバイト/秒、 TDP100ワットといったスペックを持つ。なお、ボード上にはMXMスロットのほかに、Mini PCI Express 2.0スロットも3つ搭載している。通信機能は両モデル共通で、Toshiba PA3451U-1BRS互換1000BASE-T対応有線LAN(Intel 82579LM)のほか、無線通信機能として、IEEE802.11a/g/n準拠の無線LAN、Bluetoothも装備する。評価機のデバイスマネー ジャを見ると、無線機能はIntel製の無線LAN/Bluetooth 3.0+HSコンボカード「Centrino Advanced-N 6230」で提供されていることが分かる。そのほか、本体装備の端子類を改めて紹介すると、2基のUSB 3.0、4基のUSB 2.0のほか、メモリーカードスロット(SD/MMC/MS/xD対応)acer al10b31、IEEE1394(6ピン)、有線LAN、DisplayPort出力、ヘッド フォン、マイク、光デジタル音声出力といった内容だ。USB 3.0やSDXCカード対応のメモリーカードスロットなど高速インタフェースを含めて、必要十分な内容を備える。液晶上部には、200万画素と高画質な Webカメラも装備している。

 また、高品質な電源ユニットを搭載している点も見逃せない。80PLUS GOLD認証を取得した400ワット電源ユニットを採用しており、SONY VAIO CA (All)互換バッテリー変換効率90%をうたう。高変換効率の電源ユニットは自作市場でも好まれているが、変換 効率が高いということは電源自体の発熱が低いということであり、省電力で静音性にもメリットがある。80PLUS GOLDクラスを実現するには回路も最新設計を採用する必要がありSONY VAIO CB (All)電池、そういう点でも心強い。400ワットという容量は少なく感じるかもしれないが、モバイ ル向けのGPUや光学ドライブを搭載しているし、ドライブベイも3基のうち2.5インチが2基と拡張性も限定されているため、仮に最大まで拡張しても心配 はないだろう評価機のスペックを改めて紹介すると、CPUがXeon E3-1245(3.3GHz)、メモリが16Gバイト(4Gバイト×4)、データストレージが1TバイトHDD(7200rpm)、グラフィックス機能SONY VAIO VPC-X116KC互換バッテリー がNVIDIA Quadro 4000M(2Gバイト)、そしてOSに64ビット版Windows 7 Professional(SP1)という内容だ。製品版とは異なるが、参考までにこの構成でベンチマークテストを実施した。

 データストレージがHDDということでそれほど目立ったスコアは出ていないものの、Windows 7エクスペリエンスインデックスでは、AS07B71互換プライマリハードディスク以外はすべて7.3以上とハイレベルなスコアをマークしており、処理能力の高さがうかがえる。 日常操作をシミュレートするPCMarkVantageもストレージ性能を大きく反映するが、それでも10000を超えており、処理性能はハイレ ベルであることが分かる。また、3D系ベンチマークテストの結果からはal10a13、3D描画性能も非常に優秀といえる。

CINEBENCH R11.5のCPUスコアは6.64ptと、8スレッド同時実行のクアッドコアCPUならではのハイレベルなスコアを出したacer al10a31互換。HP Z1 Workstationのスタンダードモデルは最小構成時で25万2000円、ハイエンドモデルは58万8000円から用意されている。ハイエンドモデル は、高性能ワークステーション向けグラフィックスとSSDを2基搭載するだけあって相当に高価だが、スタンダードモデルなら個人ユーザーでも手が届きそう だ。 al10b31互換バッテリーIPSパネルを採用した27型ワイドの高解像度液晶ディスプレイや、システマティックなシャシー構造、強力な冷却システム、高品質電源ユニットに裏付 けられた信頼性などを考えれば納得できる価格だろう。

 本製品の最大の魅力は、独自の斬新な発想と開発力によって、性能?機能はもちろん、Apple A1189信頼性やメンテナンス性といった部分まで、本格的なワークステーションクオリティを維持しつつ、液晶一体型にまとめている点にある。 通常のワークステーションシステムに比べて省スペースかつ省電力で配線の必要も少ないため、中小企業やSOHOで比較的気軽に導入できそうだ。ま た、社内手続きの関係上、液晶ディスプレイとワークステーションDell GRNX5互換本体両方では予算を通しにくいところも、液晶一体型であれば認められやすいというメリット も考えられる。高品質な液晶ディスプレイやユニークなシャシー構造は、個人ユーザーにとっても大きな魅力になりうる。“Z”の名を受け継いだ「HP Z1 Workstation」がワークステーションの新たな可能性を開拓する画期的な製品であることは間違いない。今後の展開にも大いに注目したい。 NF52T互換

評価機のスペックは、Core i7-640UM、メモリ4Gバイト、256GバイトSSD(Samsung PM800)という構成でDell W358P互換、グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel HD GraphicsとNVIDIA GeForce GT 335Mのハイブリッド仕様、プリインストールOSは64ビット版のWindows 7 Home Premiumという内容だ。この構成でのベンチマークテストの結果を見てみよう。まずWindows 7標準のWindowsエクスペリエンスインデックスのスコアだがDell 312-0762互換バッテリー、デフォルト状態とグラフィックスの「グローバル設定(優先するGPU)」を GeForce GT 335Mに変更した状態の両方で測定してみた。結果は下に掲載した画面の通りで、Aeroのパフォーマンスを示すグラフィクスのサブスコアは微増にとど まったが、ゲーム用グラフィックスのスコアはグンと上昇しているのが分かる。また、超低電圧版Core i7-640UMを搭載するCPU(プロセッサ)のサブスコアは5.8で、同じ超低電圧版でIBM ThinkPad R50EバッテリーもCore 2 Duo SU9400など(4.2~4.4あたりのスコアが一般的だろう)とは大きな違いがある。データストレージにSSDを採用しているため、プライマリハード ディスクのサブスコアも7.1と高く、全体にハイレベルなスコアとなっている。ThinkPad R50Pバッテリー

SSDについてはCrystalDiskMark 3.0dのASUS U46SV互換バッテリースコア画面も掲載した。評価機が搭載しているSamsungのPM800は性能、信頼性ともに評価が高く、採用例も多いだけに性能面は文句な い。現在のSSD市場にはより高速な製品もあるため、最速クラスというわけではないが、リード/ライト、シーケンシャル/ランダムいずれもハイレベルのス コアをマークしている。特にランダムリード(512K、4K)の速さは高速なSSDならではで、HDD搭載機とは一味違うサクサクとした使用感が体感でき る。9T48V J1KND互換

 定番のベンチマークテストも設定を変更し、Intel HDDell 312-0233 GraphicsとGeForce GT 335Mを利用した場合でそれぞれ計測した。デフォルト状態を確認したところ、PCMark05/3DMark06はGeForce GT 335Mを優先する設定となっていたが、PCMark VantageはIntel HD Graphicsを使う設定だった。 PCMark05ではほぼ「Graphicsの項目だけ」違いがはっきり出ており、GeForce GT 335Mを使うほうが65%高いスコアを出している。5000を超えるCPUスコアも基本性能の高さを示しているHP 425互換バッテリー。また、SSDの効果でHDDスコアも2 万5000以上と非常に高い。

 3D描画性能(DirectX 9.0c世代)HP 420 アダプタにフォーカスしたテストである3DMark06ではさらに差が大きく、GeForce GT 335M利用時のほうが5.4倍もスコアがよくなっている。総合スコアも7018という値で、描画負荷の特別高い3Dゲームタイトル以外ならば、一通りは プレイを楽しめるだけのレベルにあることを実証している。 PCMark Vantageでは、総合スコアでは3%弱ではあるがIntel HD Graphics使用時のほうが上回った。項目別ではGaming SuitesでGeForceHP 620 アダプタ GT 335Mが約55%上回り、ほかの項目もほぼ互角かGeForce GT 335Mのほうがスコアが少しよい程度だが、TV and Movies Suitesだけは逆にIntel HD Graphicsが約82%も上回っている。内訳を見るとTV and MoviesのHDTV(MPEG-2/1920×1080i/19.39Mbps)再生で大きな差が付いているため、GeForce GT 335Mの動画再生支援機能が使えていないのかもしれない。いずれにしても、総合スコア自体は7000前後とハイレベルのパフォーマンスであることは変わ らない。ASUS K93互換バッテリー

いくつかゲームタイトルのベンチマークテストも実施しているが、Asus AL31-1005これらではIntel HD Graphicsを利用する設定のスコアは省略した。FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3ではHigh設定で5426と十分快適にプレイできるレベルのスコアを出しているが、FINAL FANTASY XIV Official BenchmarkのスコアはLow設定で997と低く、公式Webページに記載されている目安では「動作困難」に該当するため、プレイは難しそうだ。 ストリートファイター4のベンチマークテストではランクAASUS UL50A互換バイオハザード5のベンチマークテストでもランクBのスコアをマークしており、このあたりなら十分プレイ可能だろう。

バッテリー、騒音、発熱のテストは、グラフィックSONY VAIO VPC-X118LC互換バッテリース設定をデフォルトのまま行っている。つまり、PCMark05/3DMark06の実行時にGeForce GT 335Mが使われる以外は、Intel HD Graphicsが使われる。 BBench 1.01(海人氏?作)によるバッテリー駆動時間のテストは、無線LANで常時接続し、デフォルトの「60秒間隔でのWeb巡回(10サイト)」「10秒 間隔でのキーストローク」とする設定を利用したSONY VAIO VPCX11S1Eバッテリー。Windows 7の電源プランはデフォルトの「バランス」(バッテリー駆動時のディスプレイ輝度40%)に設定してテストしたところ、結果は6時間44分と十分な駆動時 間を示した。騒音に関しては、静かな部屋ではアイドル時でもファンの回転がはっきり認識できるレベルの音はするが、通常の環境ではほとんど気にならない程度で、PCMark05程度のベンチマークテストでは負荷をかけてもほとんど変わらなかった。Toshiba PABAS080互換

 一方、3D系のベンチマークテスト実行時はファンの回転数が上がるのがはっきり分かり、後半ではさらにもう一段階上昇し 0U597P、かなり大きな音がした。 暗騒音32デシベルの環境で本体正面から5センチと近い距離で測定した騒音は、ベンチマークテストの前半で41デシベル、後半は45デシベルだった。もっ とも、騒音測定時は空調を止めるため、室温が高くなることも影響しているので、冷房がしっかり効いた部屋ならば、後半の騒音レベルまで上がることはまれだ ろう。HP Pavilion dm4互換バッテリー

 発熱はボディの左側が中心で、やはり3D系のベンチマークテストを実行すると、左パームレストを中心に発熱を感じたが、FPCBP104AP電池不快というほどではない。ただ、底面はかなり熱くなるので、ヒザの上に置いての利用は避けたほうがいいだろう。直販サイトでオーダーできるプラチナパッケージの標準価格は9万9790円だ。評価機と違い、CPUはCore i5-520UM、データストレージが500GバイトHDDとなっているが、NVIDIA Optimusによる高い FPCBP161AP電池3D描画性能を持つことを考えるとかなり買い得ではないだろうか。ここからCPUをCore i7-640UMに、HDDを256GバイトSSDに交換した評価機の構成は18万1354円で、これも性能を考えるとリーズナブルといえる。

 コンパクトなボディに、ゲームプレイも楽しめる3D描画性能と長時間のバッテリーDELL XPS L501x互換バッテリー駆動時間を備えている点が本製品の大きな魅力だが、それに加えて ボディのデザインだけでなく、アバターや壁紙、付属ユーティリティ、外箱を含め、パッケージング全体で徹底して表現された世界観の演出も大きな付加価値だ ろう。この演出にはゲーマーでなくとも、引かれるものがある。モバイルでゲームを楽しみたいDELL XPS L401x アダプタというユーザーはもちろん、人とは違う上質なモバイルノートPCが欲しいというユーザーにもおすすめできる製品だ。

デルは4月9日、ゲーミングノートPC「Alienware M11x」のラインアップに“DELL XPS 17互換バッテリーガンダムネットワークオペレーション3”動作検証済みモデルを追加、本日より販売を開始した。カスタマイズ構成にも対応、価格は9万9800円から(税込み)。 バンダイナムコオンライン運営のオンラインストラテジーゲーム「ガンダムネットワークオペレーション3」の動作検証済みとなるモデル。基本スペッ クやカスタマイズ内容はDell Inspiron N3010互換バッテリー従来モデルに準じ、液晶ディスプレイは1366×768ドット表示対応の11.6型ワイド液晶を内蔵。OSは標準でWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入している。

 そのほかの標準構成スペックも従来同様で、CPUがCore 2 Duo SU7300(1.3GHz)SONY VAIO VPCX11Z1E互換バッテリー、メモリはDDR3 2Gバイト、HDDが250Gバイトを搭載。グラフィックスコアはチップセット内蔵のIntel GMA 4500MHD、およびGeForce GT 335M/1Gバイトを利用できる。デルの「Inspiron M101z」 は、11.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載したモバイルノートPCだ。AMDが2010年5月にリリースした超薄型ノートPC向ASUS K93S互換バッテリーけプラットフォーム(開 発コード名:Nile)を採用することで、携帯性とパフォーマンスのバランスを図りつつ、最小構成価格で4万9980円と低価格を実現している。

 2010年12月現在、デルは個人向けのノートPCとして、「Inspiron」「Studio」FUJITSU FPCBP116電池「XPS」「Alienware」の4つのシ リーズを販売しているが、InspironはエントリークラスのスタンダードPCという位置付けだ。XPSはミドルレンジ、Alienwareはゲーム向 けのハイエンドを担う製品で、従来のミドルレンジモデルであるStudioは今後終息するという。Inspiron M101zはInspironシリーズの中でも小型軽量のHP G62互換バッテリーエントリーモデルだ。Netbookの「Inspiron Mini」よりワンランク上の性能と操作性を求めるユーザーに向いている。

まずは外観から見ていこう。ボディは全体的にフラットなデザインで、ASUS UL50AG互換バッテリー先端に向かって絞り込みつつ、端に丸みを付けることで、手になじみやすく、持っ た際に薄く感じやすいフォルムになっている。LEDバックライト搭載の薄型液晶ディスプレイを採用し、ヒンジを背面より少し内側に配置するなど、最近のデ ルのノートPCでよく見られる特徴的なデザインも取り入れており、一見シンプルだが、こだわりが感じられる外観だ。IdeaPad U110 互換バッテリー

Commenter cet article