Lenovo ThinkPad T420互換バッテリー

Publié le par chongtou

製品パッケージ展開としては、シンプルな「ベーシックキット」のほか、Dell Inspiron N4030D互換バッテリーデスクトップPCのストレージ換装用にデータ移行ソフトや3.5インチベイ用 ブラケット、Serial ATAケーブルなどを付属した「デスクトップパソコン用キット」、ノートPC向けにデータ移行ソフトとUSB/Serial ATA変換ケーブル、9ミリ厚用スペーサーなどを付属した「ノートパソコン(ラップトップ)用キット」と、Asus M60Vp互換バッテリー3種類のパッケージで販売される。デスクトップ 用キットとノート用キットに付属するデータ移行ソフトは「Norton Ghost 15(英語版)」のフルバージョンで、日本語版もダウンロード対応となる。

 パッケージの内容は表にまとめたが、ノート用/デスクトップ用キットともに、Dell Inspiron DUO バッテリーこのキットだけを買えば、ほかに細かいパーツを追加で買わずにSSD の換装からデータ移行まで行えるような内容となっている。特に、デスクトップ用キットにSerial ATAと電源ケーブルが付属する点はなかなか気が利いている。考えてみれば、デスクトップPCでもメーカー製PCの場合には通常、余剰のケーブルなどはなくLatitude E5420互換バッテリー、6Gbps転送に耐える品質でない場合もある。付 属していてくれたほうがデータ交換がスムースだし、安心感が高い。逆に、自作PCユーザーや中上級者用にシンプルなベーシックキットも用意している点もあ りがたい。

さて、SSD830の実力はどのくらいなのか、ベンチマークテストで調べていこう。HP HSTNN-XB1Zテスト環境は表の通りで、Z68チップセット標準のSerial ATA 6GbpsポートにシステムSSDとテストSSDを接続して計測している。一部のテストでは参考までにPLEXTOR M3P(PX-256M3P)、Intel 520(SSDSC2CW240A3)のスコアも掲載した。ドライバはWindows 7標準AHCIドライバ、Intel 520のみIntel製ドライバ(10.6.2.1001)を使用している まずは定番ベンチマークテスト「CrystalDiskMark 3.0.1c」の結果から見ていく。HP HSTNN-XB1Y互換バッテリーテストファイルのサイズは1000Mバイトと4000Mバイト、テストデータはデフォルトのランダムを利用。 0fill(読み書きデータに0のみを利用する)でもテストした。テスト画面は基本的に1回目のスコアを掲載している。また、ランダムのテストについては 2~4回実行し、大きく上下する値が出た場合はそれを除いた平均を算出して表にまとめているHP HSTNN-XB1X アダプタ,PC電源

 データパターンについてだが、SSD830やPLEXTOR M3Pにおいては、ランダムと0fillの間には差が出ていないAsus M60J互換。SF-2281を採用するIntel 520のみ、0fillでテストすることで、Sequential Writeや512K Writeのスコアが大幅にアップしている。これはデータ圧縮に対応したSandForceコントローラ搭載製品の特性で、詳細についてはIntel 520のレビューを参照していただきたい。 今回評価するSSD830では、PLEXTOR M3P同様Asus M60互換バッテリー、データパターンによって差は見られないことが確認できれば十分だ。データすべてを0で埋めるという処理は通常利用時にはまず行うことはないため、表では省略して比較している。

 表に掲載したテストサイズ4000Mバイトのランダムのスコアを見るとLenovo ThinkPad T420互換バッテリー、Sequential Readで513.5Mバイト/秒は公称の520Mバイト/秒にわずかにおよばないが、Sequential Writeの431.4Mバイト/秒というのは公称の400Mバイト/秒を上回っている。このSequential Read/Sequential WriteのスコアはIntel 520、PLEXTOR M3Pを上回る優秀なものだ。ただし、512Kとデータが少し小さくLenovo ThinkPad T410 アダプタ,PC電源なるとほかの2台に後れをとる。また、4K QD32の書き込みでも少し見劣っている。ファイルサイズ1000Mバイトの場合もこの傾向は同じだ。

先に紹介したように、XPS 13 Ultrabookはその構成で「スタンダードモデル」「プレミアモデル」HP HSTNN-LB1Z互換「プラチナモデル」3つのモデルを用意する。スタンダードモデルのCPUは、 Core i5-2467M(1.6GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大2.3GHz)、システムメモリはDDR3-1333を4Gバイト、そして、128GバイトのSSDを搭載する。プレミ アモデルは、Core i5-2467MとDDR3-1333の4GバイトメモリはスタンダードモデルとAcer TravelMate 5742-7399互換バッテリー同じだが、データストレージが256GバイトのSSDになる。そして、プ ラチナモデルは、システムメモリとデータストレージはプレミアモデルと同様で、CPUがCore i7-2637M(1.7GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大2.8GHz)になる。グラフィックス機能は、すべてのモデルがCPUに統合したIntel HD Graphics 3000を利用する。Dell Vostro 1220 バッテリー

 バッテリー駆動時間は公称で8時間53分だが、BBench 1.01を使用して実際に測定してみたToshiba Portege R505互換バッテリー。Windows 7の電力プランは「バランス」に設定し、BBenchは「Web巡回間隔 60秒」と「キーストローク間隔 10秒」の条件でテストしたところ、駆動時間は8時間34分と、公称との差がほとんどない結果となった。充電する機会が少ない外出でも安心できる。なお、 PC本体に内蔵するバッテリーパックは、取り外しができず、交換も不可能だ。Toshiba Portege R600 ACアダプタ

実売価格は、デルのオンラインショップでスタンダードモデルが8万9980円、プレミアムモデルが10万9980円、そしてSatellite A100互換バッテリー、プラチナモデルが12 万9980円となっている。価格とスペックで判断して、自分の利用方法に合ったモデルを選べるというのは予算が限られている私のような若い世代には助かる し、こだわりのある大人にとってもありがたいだろう。PCも“おしゃれ”なモデルを持ち歩きたいと考えSatellite A135 ACアダプタ るユーザーに、XPS 13 Ultrabookは女性からもお勧めできるデザインではないだろうか。外観だけでなく、大きめの画面なのに持ち運びやすい薄さや重さは男女わずうれしいはずだ。

 昨今は著名デザイナーとのコラボモデルをはじめ、ファッションアイテムとしてのPCを提案する製品も見られるがSony VGP-BPS13B/S互換、XPS 13 Ultrabookなら見た目も中身も満足度が高い。この春に新しく大学生、社会人になる女性に(いや、女性に限らず男性にも)、新生活を始めるこの機会 にぜひ選んでほしいノートPCだ。主な仕様はインテルの第2世代超低電圧版Core iシリーズ+Intel HM65 Expressチップセットの組み合わせにVGP-BPS13B/Q互換4Gバイトのメインメモリ(PC3-10600対応4Gバイト×1)、1366×768ドット表示の14型ワ イド液晶ディスプレイ、CPU統合グラフィックス(Intel HD Graphics 3000)など。OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)をプリインストールする。Sony VGP-BPS13B/B互換

 CPUは、Ultrabookモデルが超低電圧版Core i7-2637M(1Toshiba Tecra M10 バッテリー.7GHz/最大2.8GHz/2コア?4スレッド)、Slimbookモデルが超低電圧版Core i3-2367M(1.4GHz/2コア?4スレッド)。ストレージはUltrabookモデルが128GバイトSSD(評価機はMicron「C400 MTFDDAK128MAM」を実装)、Slimbookモデルが500GバイトHDD(評価機は日立GST「HTS545050A7E380」を実装) となる。両モデルの価格差は3万円。オンキヨーダイレクトの直販価格は、Ultrabookモデルが8万9800円、Slimbookモデルが5万9800円だToshiba A10 互換バッテリー(それぞれプラス2万5000円でOffice Home and Business 2010付属モデルも用する)。

 各種ベンチマークテストの結果は以下の通り。参考としTOSHIBA PABAS103て、Core i5-2467Mを搭載する東芝のUltrabook「dynabook R631」 (店頭モデル)、Core i7-2620Mを搭載するソニーの薄型モバイルノートPC「VAIO Z VPCZ21」(VAIOオーナーメードモデル/ディスプレイをフルHD、CPUをCore i7-2620M、メインメモリを8Gバイト、ストレージを128GバイトSSD-64Gバイト×2 RAID 0/第3世代-にカスタマイズ)、および一部にWindows 7をインストールしたMacBook Air(MC968J/A)の結果も並列するTOSHIBA PABAS175互換。UltrabookモデルとSlimbookモデル、CPUとストレージの違いはそのままパフォーマンススコアの差として表れている。特に Ultrabookモデルは、高速志向のSSD「C400シリーズ」を採用するためか、データ転送速度はかなり優秀だ。全体的にも、標準電圧版Core i7-2620Mを搭載するVAIO Z VPCZ21オーナーメードモデルと変わらないスコアがいくつもある。実操作感もキビキビ快適だ。PABAS069互換バッテリー

 BBenchで測定したバッテリー動作時間はカToshiba pa3645u-1brsタログ値の約8.6時間に対し、Ultrabookモデルは6時間31分、Slimbookモデル は若干短い6時間13分となった。バッテリーは7.2ボルト/7800mAh出力タイプだが、本体に内蔵され着脱はできない。普段は机上で、たまに会議に 持ち出すといった一般ビジネスユーザーであれば十分だが、6時間程度ではモバイル利用シーンや出張の多いユーザーにおいては若干の不安がぬぐえない印象 だ。Toshiba PABAS067

一方Slimbookモデルのスコアは超低電圧版Core i7のUltrabookモデル、超低電圧版Core i5W01A-J24Aのdynabook R631に次ぐ、順当なものとなる。500GバイトHDDを実装するということで、保存容量こそ多いが速度は標的で(ほかの要素もあると思うが)バッテ リー実動作時間も若干の短縮となる影響がある。とはいえWeb+一般オフィスアプリケーションを利用するオフィス向けクライアントPCとしてはまったく不 満のない性能だ。数万円の範囲での3万円安、実売5万9800円は数年前のNetbookと同等クラスの価格帯だと考えるとFUJITSU FPCBP200、業務用ビジネスPCとして ちょうどよいと思える。

回のUltrabook/Slimbookは、同社直販サイトFUJITSU FPCBP215AP「オンキヨーダイレクト」あるいは同社法人チャネルでの販売となる。基本は業務PCとしての利用シーンを想定した、SMB/SOHOを中心とするビジネスユーザー向けのモデルとしてコストパフォーマンスはなかなか高いと評価できる。ただ、コンシューマー目線では正直なところ「悪くはないね」という評価にもなってしまいがちである。 オンキヨー製PCと言えば、2012年1月に量販店向けPCの展開を一時休止する方針を明らかにした。 FMVTBBP101互換バッテリー最近はコストパフォーマンスに優れるベーシックノートPC、高品位のサウンド性能を追求した地デジPC、DJプレイ向けPCのほか、Fujitsu FMVTBBP103バッテリーかつては2画面Netbookや地デジ/ラジオ内蔵Netbook、オーディオ機器風PCなど、意外に独自色のあるモデルを出していたことでも知られる。

 今回のUltrabookを皮切りに法人層にしっかり訴求しつつ、コンシューマー層にもHP 434045-661「なにこれすごい」と驚かせてくれる次期モデルの投入にも期待したい。ThinkPad X1 Hybridは、その名前が示すようにThinkPad X1のボディにARMとAndroid……、いや、LinuxベースにレノボがカスタマイズしたというOSを実装したモジュールを搭載したノートPCだ。 ThinkPad X1が搭載するCore iシリーズとWindows 7を基幹とするプラットフォームと、Mini PCI Expressスロットに差したモジュールに実装するARMとHP 438134-001互換LinuxベースOSを基幹とするプラットフォームが、従来のThinkPad X1と同じボディに同居して、ユーザーの必要に応じて使い分ける。

 そのノートPCとしての仕様、インタフェースの配列とその使い勝手、FMVTBBP105液晶ディスプレイのサイズと解像度、アイソレーションタイプで6段配列を採用 したキーボード、下に向いた斜面に配置した側面インタフェースと主要なインタフェースを背面にまとめた使いにくさ、そして、凹形状のキャップトップを用い たトラックポイントの使い勝手など、ノートPCとしての評価もそのまま受け継いでいる。システム構成も、ThinkPad X1とThinkPad X1 Hybridはほとんど変わらない。日本市場で扱っていToshiba Portege M300 互換バッテリーるモデルの構成は、Sandy Bridge世代のCore i5-2520M(2.5GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.2GHz)と4Gバイトのシステムメモリ、データストレージにSSDを採用したパフォーマンスは、2011年の5月 に評価したThinkPad X1とほとんど同じになった(ただし、SSDは、Intelの160GバイトデバAsus M50Vm互換バッテリーイスから東芝の128Gバイトデバイスに変わった)。

次に実行したテストは「HD Tune Pro 5.00」だ。基本性能を評価する「Benchmark」のテストではAsus M50S アダプタ、ブロックサイズの大きな8Mバイトと小さめの64Kバイトの2通りをリード/ライ トそれぞれで実施した。計測結果は表にまとめており、テスト画面はSSD830の結果のみを掲載する。 8Mバイトのリードテストは、平均転送速度(Average Transfer Rate)でIntel 520、PLEXTOR M3Pに遅れをとっているが、その差はわずかだ。アクセスタイムAsus L50Vn互換(Access Time)ではM3Pが最も速く、それにSSD830が小差で続き、Intel 520は少し差がある(それでも0.7msというレベルであるが)。また、64Kバイトのリードテストでは、アクセスタイムは8Mバイト時と同じだが、平 均転送速Acer TravelMate 5742-7159互換バッテリー度はSSD830が最も高速だ。

 8Mバイトのライトテストでは、Intel 520は最Acer TravelMate 5742-7013 アダプタ大スコアが高いものの、最低速度の差が大きい。SSD830とM3Pは安定して高いスコアを出しており、平均ではSSD830がトップとなり、 M3Pがそれに小差で続いている。アクセスタイムも同じで、Intel 520は少し離されている。64Kバイトではほかの2台が大きくスコアを落とすのに対し、SSD830は8Mバイト時の8割程度のスコアを維持しており、 速さが目立つ。SSDはNAND型フラッシュメモリの構造上、読み書きをブロッToshiba pabas123互換ク単位(512Kバイトが一般的)ごとにしか行えないため、64Kバイトでは8Mバイトほどスコアが出ないのは当然なのだが、その中でも高いスコアを出しているのは興味深いところだ。

HD Tune Pro 5.00の「File Benchmark」Dell Vostro A840互換バッテリーでは、データ長やデータパターンを指定してのテストが行える。今回はデータサイズを500Mバイトに設定し、データパターンは「Random」で計測した。 Sequential Read/Sequential WriteのスコアはCrystalDiskMark(ランダムデータ)と似たような結果になった。SSD830が最速、Intel 520はリードは速いがライトが遅い。しかし、IOPSはIntel 520がリードライトともに最速だ。Samsungは4K QD32のIOPS、特にライトでほかの2台に大きく見劣っている。Vostro A860互換バッテリー

 なお、SSD830のみ、データパターンを「Zero(いわゆる0fill)」Dell Studio XPS 16 アダプタと「Mixed(0fillとランダムのミックス)」にして計測した画面も掲載する。データパターンによる差はないとみてよいだろう。ブロックサイズ別の転送性能も調べてみよう。SSD830は、64Kバイトまでは急激に、64Kバイト以降は緩やかに上昇し、リードは1Mバイト、ライトは512Kバイトでほぼピーク近くに達している。リードStudio XPS 1640 アダプタライトともに興味深いのは、ピーク性能ではほぼ同じM3Pに比べて、16Kバイトから512Kバイトあたりの小さめのブロックサイズでの スコアはSSD830のほうが優秀であることだ。先ほどのテスト(Benchmark)でもブロックサイズ64Kバイトの成績が優秀だったが、ここでも特 に64Kバイトの成績がよい。FMVTBBP107互換

 リードではほかの2台にはっきり差を付けているし、Fujitsu FPCBP123互換全般にIntel 520が強いライトでも、32Kバイト~64KバイトのサイズではSSD830もそれに匹敵するスコアを出している。「AS SSD Benchmark」も計測してみた。ISOファイル、プログラムファイル、ゲームファイルのコピーを行う「Copy-Benchmark」と、データの 圧縮効率別の転送速度を見るための「Compression Benchmark」の2種類を利用した。 Copy-Benchmarkの「ISO」ではIntel 520がトップだが、「Program」と「Game」 FPCBP63互換バッテリーでは振るわなかった。SSD830とM3Pは似た傾向だが、「Game」では前者が少し上だ。当然 ながら実際には具体的なデータの内容に左右されるが、ゲームのデータは圧縮されて格納されていることが多いことを考えれば、Intel 520よりもSSD830やM3Pのほうがゲーム向きといえるだろう。ARMとLinuxベースのカスタマイズOSのプラットフォームをレノボはIMM(Instant Media Mode)と呼んでいる。ThinkPad X1 Hybridの本Toshiba PABAS100互換体にはIMMを起動するための専用ボタンの類を用意しない。PCをイチから起動するとWindows 7が立ち上がるので、そこからIMMを呼び出さなければならない。ただし、IMMでスリープするとIMMで復帰するので、短時間で起動してIMMを利用す るユーザーはこの仕組みを利用することになる。なお、Toshiba PA3191U-5BAS互換評価機では、入力デバイスが有効になるまで時間(実測で10秒程度)を要していた。これも「PCを立 ち上げてすぐに使う」という局面でストレスを感じるだろう。

 WindowsからIMMを呼び出す場合、デスクトップの右下に表示する「Instant Media Mode」のAsus G60VX互換バッテリートレーから、「ホーム画面」「Webブラウザー」「Eメール」「ビデオ/写真」「音楽」「概要」をクリックして選ぶ。ホーム画面は、レノボの タブレットデバイスでも採用する、レノボスクエアと呼ばれる設定画面と4つのアプリケーションをワンクリックで起動するランチャーだ。それ以外を選択する とそれぞれのアプリAsus G60 ACアダプタがホーム画面を介さずに起動する。Windowsからの遷移に要する時間は実測で10秒前後だった。

 なお、IMMへの切り替えにおいて、Windows側でIMMが使うドライブにあるファイAsus G51Vx互換ルにアクセスしている(ファイルを開く、フォルダを開 く)と、IMMへの切り替え処理で、共有ドライブの切り離しに失敗して、IMMの起動ができなくなる。IMMとの共有ドライブに対してアクセスしているプ ロセスをすべて閉じてかDell 90-NFV6B1000Z互換らIMMを起動しないとならないので注意が必要だ。

Compression Benchmarkについては、Intel 520でToshiba PA3191U-4BRS互換はデータの圧縮率が高まるにつれて高速になっているのに対し、ほかの2台はデータ圧縮率にかかわらず、ほぼ安定して高い転送速度となっている。

Commenter cet article