Latitude 100Lバッテリー

Publié le par chongtou

インタフェースはUSB 2.0×2、USB 3.0×2、ギガビットLAN、メモリカードスロットHP G62互換バッテリー(SDHC対応SDメモリーカード、メモリースティックデュオなどに対応)などを装備。無線接続は IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANやBluetooth 4.0+HSを利用できる。OSとオフィススイートは、64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)、Office Home and Business 2010をプリインストールするほか。また、Hp Mini 210バッテリー他機種と同様に付属のキーボードとマウスが小型化した。薄型軽量ボディを特徴とするオールインワンモバイルノートPC「VAIO S」シリーズは、ボディデザインやコンセプト、基本システムを2011年秋冬モデルより継承しつつ、今回の春モデルは高性能CPUの採用や新カラー、カスタマイズ項目の追加など基本性能が高められた。

 

 15.5型ワイドの液晶ディスプレイを搭載する「VAIO S(SE) Latitude 100Lバッテリー、13.3型ワイドのスタイリッシュモバイル「VAIO S(SB)」とユーザーニーズに応じた2スタイルのボディを用意し、同じく13.3型ワイドで高性能志向の「VAIO S(SA)」も直販のソニーストア直販のVAIOオーナーメードモデルで展開する。

 SEシリーズの店頭販売向け標準仕様モデルはAcer aspire 5336t互換バッテリー、Core i7-2640M搭載の上位モデル「VPCSE29FJ/B」とカラーを新色シルバーに変更したCore i5-2450M搭載モデル「VPCSE28FJ/S」を用意する。 VPCSE29FJ/Bの主な仕様はCore i7-2640M(2.8GHz/最大3.5GHz)、Radeon HD 6470M(グラフィックスメモリ512Mバイト)/CPU統合グラフィックス、フルHD(1920×1080ドット)対応のFPCBP11215.5型ワイド液晶ディス プレイ、4Gバイトのメインメモリ、750GバイトのHDD、Blu-ray Discドライブ、WiMAX内蔵、HD対応Webカメラ、USB 3.0など。OSに64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)、オフィススイートにOffice Home and Business 2010をプリインストールする。

 バッテリー動作時間は約6.5時間。発売は2012年2月18日、ASUS N70SV 互換バッテリー実売価格はVPCSE29FJ/Bが16万円前後、VPCSE28FJ/Sが13万円前後と予想される。13.3型ワイドモデルは、従来と同様に上位機種の「SA」シリーズを直販限定で、下位機種の「SB」シリーズを店頭と直販の両方で販売する。 SBシリーズ店頭モデルのラインアップはCore i5-2450M+750GバイトHDD+Windows 7 Home Premium仕様の「VPCSB49FJ/B」、Core i5-2450M+640GバイトHDD+Windows 7 Professional仕様のASUS X71SLアダプタ 「VPCSB48GJ/B」、Core i3-2350M仕様の「VPCSB47FJ/B?W?P」の4機種。上位機はブラックのみ、VPCSB47FJはブラック(B)、ホワイト(W)、ピン ク(P)の3色で展開する。発売日と価格はVPCSB49FJ/Bが想定実売16万円前後/2012年2月18日発売、VPCSB48GJ/Bが同15万 円前後/2012年2月18日発売、Dell Inspiron 1564 アダプタVPCSB47FJ/B?W?Pが同13万円前後/(1月25日現在発売日未定)となる。

 春モデルの主な変更点は、CPUの強化とWindows 7 ProfessionalプリHP ProBook 4435sアダプタ,PC電源インストールモデルの用意(VPCSB48GJ/B)など。前モデルに存在したブルーは、今回の店頭モデルでは省略されている(VAIOオーナーメードモデルで選択可能)。VPCSB49FJ/Bの主な仕様は、Core i5-2450M(2.5GHz/最大3.1GHz)、Radeon HD 6470M(グラフィックスメモリ512Mバイト)/CPU統合グラフィックス(スイッチャブル)Toshiba PABAS118、750GバイトのHDD、Blu-ray Discドライブ、1366×768ドット表示対応の13.3型ワイド液晶ディスプレイ、WiMAX+IEEE802.11b/g/n無線LANなど。 バッテリー動作時間は約8時間(VPCSB47FJは約8.5時間)、重量は約1.76キロ(それ以外は約1.72キロ)。

 OSはVPCSB48GJ/Bのみ64ビット版Windows 7 Professionalを、ほかは64ビット版Windows 7 Home Premiumをプリインストールする。 fujitsu パソコンバッテリー ソニーストア直販のVAIOオーナーメードモデルで は、より高性能な仕様となるSAシリーズを用意するほか、限定カラー、高解像度ディスプレイ、メモリ容量、ストレージ容量と種類(クアッドSSDなど)、 ワイヤレスWANモジュールの搭載、OSのエディション/HP G72互換バッテリープリインストールソフトの種類、拡張シートバッテリーなどのカスタマイズメニューを用意する。「FUJIFILM X-Pro1」(以下 X-Pro1)は、富士フイルムのプレミアム製品ラインである“Xシリーズ”の最新作で、初めてレンズ交換に対応したカメラだ。松本氏によれば、富士フイ ルム自身はレンズ交換式カメラを「3年前から出すことを考えていた」という。しかし、銀塩フィルム時代や「FinePix S5 Pro」のようなプロ向けでなくAsus 90-NED1B2100Y、ハイアマチュアも対象にするようなレンズ交換式は「しっかりやったことがない」ため、突然レンズ交換式を手がけるのでは なく、まずはブランド力などの構築を目指したという。そこでブランド構築、技術力の披露という形で企画されたのが「FUJIFILM X100」だった。その後、より小型化した「FUJIFILM X10」、高倍率ズームレンズを搭載した「FUJIFILM X-S1」と製品を出した。X-S1は「高倍率ズーム機の中でも画質にAsus L062066優れた製品を」と企画されており、2/3型と大型の撮像素子で「普通のデジタル一眼 レフカメラと同じぐらいの画質」(松本氏)を実現している。

 次いで松本氏が話したのは低価格デジカメAcer aspire 5733z 互換バッテリーの不振とその対応策だ。低価格デジカメの不振は特に米国にて顕著で、4割近くのマイナスになっているという。スマートフォンのカメラ機能向上がその一要因であることは間 違いなところであるが、実は同社では3年ほど前から携帯電話カメラの画質がさらに向上すれば低価格デジカメはなくなり、中高級機しか生き残れないと考えて いたそうだ。「スマートフォンでは撮影できない、美しい写真が撮れるカメラを作っていきたい。FUJITSU FPCBP151AP今後数年間で、それを作れるメーカーしか生き残れないのではないか」(松本氏)

 また、富士フイルムとしては、HP Compaq パソコンバッテリーカメラには趣味性――レンズ交換やカメラとしての機能、モノとして掌中で楽しむ姿形といったもの――があり、そのた めにはレンズ交換式を出さねばならないという認識も持っていた。つまり、カメラでしか撮れない写真が撮れ、カメラとしての趣味性を満たすカメラとして誕生 したのがX-Pro1なのだ。2011年にFUJIFILM X100を発売した際、あえて低価格化に注力せずに様子を見たが、1年間で10万台の販売予測を9カ月で達成しIBM ThinkPad T43P互換バッテリー、次いで投入したFUJIFILM X10も年間30万台の計画が、すでに12万台の注文があり「計画はまず達成できる」(同社)状況にある。つまり同社の考えは市場ニーズにマッチしてお り、X-Pro1のコンセプトも成功するだろうという認識だ。

 X-Pro1は、カメラのシステムとしてはミラーAcer 916C4310Fレスとなるが、「あえてミラーレスと呼ばず、プレミアムレンズ交換式と呼びたい」と松本氏は言う。 現行の各社ミラーレスカメラは10万円以下の価格で、「画質では一眼レフの上位機種にはかなわない」(松本氏)が、X-Pro1は「技術の粋をつ ぎ込み」高級一眼レフに対向できる画質を実現したと自信を見せる。価格はレンズ込みで20万円を超える設定となったが、「その価格でも十分期待に応えられ る品質を持ったカメラHP EliteBook 2530p ACアダプタ だと自負している」そうである。 Xシリーズは、最高画質を追求した製品群で、「それぞれのカテゴリで最高の画質、品位を目指した」(河原氏)。そのなかでもトップエンド製品の第 1弾となるのがX-Pro1だ。河原氏は、買いやすく、小さくて操作性がシンプルであるのがいわゆるミラーレスカメラの特徴だとするとToshiba PABAS213、それとは大きく 違った特徴を持っているのがX-Pro1だと話す。ハイブリッドビューファインダー(HVF)を搭載し、小さくもなく、高品位であり、市場に認められ、こ の高級カメラのスタイルを確立したいと河原氏は意気込む。

 高画質を実現する1つの技術が、新たに開発したAPS-CサDell Inspiron 1470バッテリーイズの「X-Trans CMOS」センサーだ。デジタルカメラでは、特に規則的に並ぶ模様を撮影した際、原理的に「モアレ」と呼ばれる画質劣化が発生しやすい。これは、RGBの カラーフィルターが2×2配列で規則正しく並ぶセンサーでは構造的に発生してしまう現象で、これを抑えるためにローパスフィルターが追加されている。ただ し、ローパスフィルターは解像性能を犠牲にしてしまうデメリットがある。 銀塩フィルムの場合は、有機化合物の銀が不規則に並んでいているためにモアレは発生しない。これに着目したのがX-Trans CMOSで、6×6の36ピクセLenovo IdeaPad U110 互換バッテリールをひとかたまりとして1つの画素を構成しており、「従来より非周期性が高い」(同)構造にしたことで、モアレの発生が抑 えられたという。また、同じ36ピクセルで見たときに、従来のセンサーはRGRGが並ぶ行列とGBGBが並ぶ行列が組み合わされており、1行列でRかBが存在しないことに なる。X-Trans CMOSでは、1つの行列内に必ずRGBが入っているため補間処理での失敗が減り、色再現性が向上する。偽色の発生も抑えられ、ローToshiba PABAS054パスフィルターを使わ ないことが可能になった。

ソニーストア直販のVAIOオーナーメToshiba PABAS105ードモデルでは、直販限定カラー(ベージュ、レッド)を用意するほか、8Gバイトメモリや、2TバイトHDDなどのカスタマイズが可能だ。また、2月21日より1.5TバイトHDDが選べるようになった。ソニーが2012 International CESに持ち込んだ唯一の電子書籍リーダーまたはタブレットはVAIOのコンセプトモデルで、厚さ3インチの頑丈なガラスケースに展示されている。この新 デバイスは同社の次世代デバイスのデザインの方向性を実際に示すものだ。Acer Aspire 5680互換バッテリー

 筆者がすぐに気づいたのは筐体が直線で構成さAcer AS09D34互換れていないことで、デバイス全体は角度がついた曲線で構成されている。デザインは素晴らしく、同じよ うなデザインばかりのタブレット市場で同製品は本当に際立って見える。仕様は変更される可能性があるので、その詳細はほとんど分からなかったが、これまで のデバイスと幾つか一貫性がある。まず、同社の新タブレットはGoogle Android OSを搭載し、背面に静電容量性センサー付きメニューボタンを備える。ボタンLenovo ThinkPad SL300 バッテリーはこれまでに販売されたほとんどのタブレットに備わっている典型的な「設定」 「メニュー」「戻る」「ホーム」キーが並ぶ。筐体前面のソニーのロゴは実際に光り輝いていて、デバイスを際立たせるためにはよい方法だと思った。ソニーは同じデバイスをアクセサリーの有無で2モデル展示していた。背面のカバーには弾力性があり、それによりシリコン製のスタンド上に陳列できて いた。Bluetoothキーボードも付属しており、それは非常に革新的なQWERTYキーボードだ。もう1台のタブレットはアクセサリーなしで展示され ており ThinkPad SL400バッテリー、コアのハードウェアデザインを伝えるものとなっている。

 以下の動画はタブレット上で再生されていた動画全体を撮影したもので、1080PのFujitsu FPCBP192APバッテリームービーを再生している。タブレットの詳細はほとんど分かって おらず、ソニー関係者は秘密保持を厳しく命じられていた。ガラスカッターを持っていれば、より詳細な実機リポートがお伝えできたのだが。

 新製品は、漢字変換機能とToshiba PABAS162して富士通独自の文字入力方式「NX!(エヌエックス)inpur powerer by ATOK」を採用。テンキー/QWERTYキーボード/手書きの中から入力方式を選べるようにした。 また、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n準拠)、Bluetoothに対応するほか、miniHDMI端子を使用したプロジェクターへの画像出力にも対応する。カメラは約 130万画素(フロント)と約500万画素(リア)の2基を搭載。本体サイズは120(幅)×200(高さ)×14(厚さ)ミリ。Toshiba PABAS080互換1回の充電で約6.1時 間利用できる。新マウント「Xマウント」とそれに最適な「フジノン XFレンズ」も開発した。当初は「XF18mm F2R」「XF35mm F1.4R」「XF60mm F2.4R Macro」と3本の単焦点レンズを用意する(35ミリ換算での焦点距離はそれぞれ27ミリ/53ミリ/91ミリ相当)

。広角からポートレートまで幅広いASUS Z96JFアダプタ,PC電源 被写体をカバーし、「まずは単焦点でレンズの高画質を楽しんでもらいたい」考えだ。これらレンズは後玉が大きくなっており、後玉とセンサーまでの距離であるバックフォーカスが短い。これによってレンズを通した光の情報をダイレクトにセン サーに渡せ、多くの光がセンサーに取り込まれるようにしたという。絞り羽根はXF60mmのみ9枚で、あとは7枚。モールド羽根絞りを使い、内面反射を少 なくしたほか、カーブも微妙にASUS Z96JP互換変えて、円形になるように羽根の形も工夫したそうだ。

この3本に加え、超広角の「14mm」、ズームレンズの「18-72Acer AS09D36互換バッテリーmm F4.0 IS」を今年中に出す予定。14mmレンズはマニュアルフォーカスを重視し、距離指標を搭載しているという。さらに2013年には、「28mm F2.8」のパンケーキレンズ、「23mm F2.0」の単焦点レンズ、F4通しの望遠ズームレンズ「70-200mm F4.0 IS」、広角ズームの「12-24mm F4.0 IS」も投入し、今後2年間で9本のレンズラインアップに拡充する。ただし、焦点距離とF値は、今後市場の声を聞きながら決定するというThinkPad X200s 互換バッテリー。Xマウントは短いバックフォーカスを実現するためのマウントで、厚みを減らし、後玉がマウント内に入り込むような構造となっている。フランジバックは 17.7ミリと短く、ボディの薄型化、マウントアダプタの作成、

レンズの制作にも有利な仕様となLenovo ThinkPad X201 ACアダプ っている。マウントアダプタに関しては、ライカMマウント アダプタを自社開発する予定だが、マウントの仕様に関しては公開しない方針で、「リクエストがあれば考えていきたい」とのこと。また、Xマウントは APS-Cサイズセンサー用のマウントで、フルサイズセンサーの搭載はできないそうだ第2世代となるハイブリッドマルチビューファインダー(HMVF)の搭載も大きな特徴だ。第1世代のHMVFを搭載したX100は非交Dell Inspiron 15zアダプタ 換式の単焦点レンズ であったためにファインダーも単焦点で良かったが、X-Pro1はレンズ交換ができるため、ファインダー倍率の変更ができることを目指したという

タブレットデバイスでは、「IdeaTaDell 1370互換バッテリーb S2-10」を発表した。10型ワイド液晶ディスプレイ(解像度は1280×800ドット)を搭載したタブレットデバイスで、本体の厚さは0.34イン チ、重さは1.1ポンド未満になる。CPUはクアルコムの新しいデュアルコアモデルのSnapdragon 8960を搭載して動作クロックは1.7GHz。データストレージは容量64GバイトのSSDを採用する。OSはAndroid 4.0を導入。ホーム画面では、Lenovoオリジナルで、IdeaPad Tabletなどでも採用する“Acer AS09F34互換Mondrian UI”を利用する。

 IdeaTab S2-10には、バッテリーを内蔵しFujitsu FMVNBP138た専用のキーボードドッキングステーションを用意する。バッテリー駆動時間は本体のみの場合は約9時間だが、キーボー ドドッキングステーションを接続すると20時間以上となる見込みだ。インタフェースも、本体のMicro HDMIのほかに、キーボードドッキングステーションに搭載した2基のUSB 2.0とSDメモリーカードリーダーが利用できる。S2 SMartphoneは、クアルコムの最新CPU(型番は明らかにしていない)を搭載し、AThinkPad X201iッテリーndroid 2.3を導入したスマートフォンだ。Lenovoが独自にカスタマイズしたセキュリティ機能をカーネルレベルで組み込んだほか、レノボが用意する Personal Cloudに対応して、撮影した画像や音楽データ、動画、個人情報をオンラインストレージでほかのデバイスと共有できる。

 K91は、クアルコムのSnapdragon 8060デュアルコアをCPUとして搭載し、OSにAndroid 4.0を導入したスマートIdeaPad Y730 互換バッテリーテレビだ。IPSパネルを採用し、垂直同期クロックは240Hzでステレオ立体視の再生に対応する。また、ゲームに関しても、コ ンソールゲームを接続して遊ぶほかに、Androidマーケットからダウンロードしたゲームも楽しめる。Lenovoは、個人向けクラウドの構想を明らかにした。企業向けに提供しているクラウASUS M2互換バッテリードサービスをコンシューマーの個人ユーザーでも利用できるよ うにするもので、PCやタブレットデバイス、スマートフォン、そして、スマートテレビで同じような利用環境が構築できることを目的とする。なお、今回発表したASUS M3アダプタ,PC電源 、IdeaTAB S2 10と、S2 Smartphone、K91 Smart TVは、中国向けの出荷を先行し、ほかの国に向けての出荷は、そのあとになる予定だが、時期を明らかにしていない。

HMVFでは光学ビューファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を切り替えて撮影できるが、OVF時は撮影範囲を示すブライトフレーム が表示される。18mmレンズを装着するとファインダーのほぼ一杯にブライトフレームが表示されるが、ASUS M5互換バッテリー、PC電源 35mmレンズを装着すると焦点距離が長くなるた め、ブライトフレームはOVF内の中央に小さく表示される。焦点距離の長いレンズを装着すると、ブライトフレームはさらに小さくなる

Commenter cet article