IBM ThinkPad Z60t 互換バッテリー

Publié le par chongtou

同社の話によれば、R100の生産に入るのが11月ごろIBM ThinkPad Z60t 互換バッテリー、発売は2011年の1Qになる見通し。最初に中国と台湾、その後各国で展開していく予定だ という。ちなみに日本では3月ごろに発売される可能性が高い。Wi-Fi版の国内価格は未定だが、「たぶんiPadの8割くらいの価格になるんじゃない か」とのこと。 一方、これまで中国と台湾でリリースされた電子ペーパータイプの製品も日本市場に投入されるToshiba PA3451U-1BRS互換計画があるという。そもそも台湾で電子書籍を販売する eBook Taiwanは、eBook Japanを運営するイーブック イニシアティブ ジャパンとの技術提携によりBenQが設立した企業で、日本でのeBook JapanとBenQの関わりは深い。日本にnReaderが投入されれば、主要なコンテンツ供給元としてeBook Japanの名が挙がるのは間違いないだろう。こちらのモデルは2011年の1月ごろに発売される見込みだDell Latitude C540 ACアダプタ

 

データストレージはSSDのみ。それも高速なSSDをデュアルで搭載したRAID 0構成となっており、単体SSDの性能を大きくLatitude C510互換バッテリー超えた超一流の性能を誇る。容量は買いやすい128Gバイト(64Gバイト×2)から、256Gバイト (128Gバイト×2)、512Gバイト(256Gバイト×2)まで用意されている。なお、このVAIOオーナーメードモデルのSSD RAIDはソニー内の位置付けで「第3世代」ということで、Serial ATA Dell Inspiron 8100互換バッテリー6Gbps対応の高速SSDをデュアルで利用している。店頭モデルも128GバイトのSSD RAID 0を搭載するが、こちらは「第2世代」(Serial ATA 3Gbps対応)のSSDデュアル構成で、同じ128GバイトのSSD RAID 0でもVAIOオーナーメードモデルの第3世代のほうが高速だ。Vostro 3300互換バッテリー

 液晶ディスプレイもVAIO Zの大きなアドバンテージといえる。ThinkPad R60e互換バッテリー1600×900ドット表示に対応した通常の液晶パネルに加えて、Adobe RGBカバー率96%の広色域、1920×1080ドットのフルHD解像度に対応した液晶パネルを選択することができる。表示品質も良好で、上下の視野角 はやや狭いものの、光沢パネルに低反射コートを施し、鮮やかな表示ながら映り込みも抑えている。 キーボードはVAIOノートおなじみのアイソレーションデザインだ。店頭モデルでは日本語配列でかな刻印付きだが、Sony VGP-BPS13/QVAIOオーナーメードモデルでは、日本語配列でかな刻印なし、あるいは英語配列も選べAsus L7000H互換バッテリーる。また、キーボードバックライトの有無も選択可能だ。キー配置は6段配列で、ミスタイプを誘発するような部分はない。剛性も高く、強めにキーをたたいても、たわみなどは気にならない。主要キーにおける 横方向のキーッチは約19ミリを確保しており、余裕がある。ただし、キーストロークは約1ミリとかなり浅いので、慣れが必要だ。ここはボディの薄型化を 優先した仕様になっている。Asus L7300互換

 タッチパッドはパッドとボタンを一体化した、いわゆるクリックパッド型だ。Asus L7E互換バッテリータッチパッドのサイズは実測で73(横)×41(縦)ミリと広くはない が、窮屈に感じるほどではない。パッド部分には六角形の細かなテクスチャが施されており、ザラザラした手触りだ。タッチパッドにはシナプティクスのドライ バが導入済みで、2本指を使ったスクロールや拡大/縮小などのマルチタッチジェスチャーに対応する。Asus L7G互換バッテリー「Power Media Dock」と呼ばれるドッキングステーションを接続することでグラフィックスパフォーマンスを大幅に強化できるのも、VAIO Zの大きな特徴だ ドッキングステーションには、外部GPUのRadeon HD 6650M(グラフィックAsus N73JG互換スメモリ1Gバイト)を内蔵するほか、スロットインタイプの光学ドライブのほか、ディスプレイ出力端子(HDMI/アナログ RGB)、USB 3.0、USB 2.0×2、有線LAN(1000BASE-T)といったインタフェースも備えており、本体とはLight Peakベースの光伝送技術(片方向10Gbpsの双方向)で接続される。

 グラフィックス機能は、Latitude E6400 ATGACアダプタ ノートPC単体ではCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000、ドッキングステーション接続時はRadeon HD 6650Mが使われ、切り替えはドッキングステーションの接続の有無により自動的に行われる。光接続の帯域は最大でもPCI Express 2.0(5GT/秒)でいえばx2相当なので、ある程度性能のロスはあるものの、Ultrabook級の薄型軽量ボディでこれほど高性能な外部GPUのパ フォーマンスが利用できるのは画期的だ。Latitude D620 ACアダプタ発表から6カ月以上が経過したが、いまだに同等機能の製品が存在しないことからも、いかに先進的な仕様であるかが 分かる。 Power Media Dockには、光学ドライブとしてDVDスーパーマルチドライブを搭載するものとBlu-ray Discドライブ搭載するものの2種類が用意されている。もちろん、Power Media Dockを付属しない構成も選べるDELL Vostro 3350互換バッテリー

dynabook R631」は東芝から登場した国内メーカー初のUltrabookだ。13.3型で世界最薄(2011年11月、東芝調べDell Inspiron 1764 バッテリー)をうたう厚さ8.3~15.9ミリ、重量約1.12キロという極薄のボディはUltrabookの中でも際立った存在だろう。今回は2011年11月末に発表された東芝ダイレクトのWebオリジナルモデル「dynabook R631/W1TD」を入手したので、性能や使い勝手を検証していこう。同年12月21日現在で、12月末の出荷予定とされている。Inspiron 17 (1764)互換バッテリー 先行して発売中の店頭向けモデル(R631/28D)と比較して、CPUを超低電圧版Core i5-2467M(1.6GHz/最大2.3GHz)からCore i7-2677M(1.8GHz/最大2.9GHz)に強化し、ワンランク上の性能を手に入れているのが特徴だ。Dell Inspiron 17 ACアダプタ

 また、店頭向けモデルはOffice Home and Business 2010が標準搭載になるが、R631/W1TDでは搭載の有無が選択できる。内部構造を細部まで追求した薄型軽量ボディのUltrabookなので、そ のほかの基本スペックは変更できないが、直販モデルなら Inspiron 1564 用ACアダプタではボディのサイズは、316(幅)×227(奥行き)×8.3~15.9(高さ)ミリだ。光学ドライブ内蔵型の13.3型モバイルノートPC「dynabook R731」(316×227×18.3~26.6ミリ)の光学ドライブを省き、そのまま薄くしたサイズといえる。 重量は約1.12キロと、13型クラスの液晶ディスプレイを搭載するモデルとしては非常に軽い。しかも実測の重量では1093グラムと、公称値以 下だった。これはアップルの「Mac Book Air」Dell Inspiron 1464互換バッテリーやASUSTeK Computerの「ZENBOOK」に用意されている11.6型モデルに近い重さだ。

 金属製のボディはほぼフラットな形状で、Precision M2300 バッテリー、端の部分は手前側と両側面を少し絞っている。暗めなシルバーメタリックのカラーリングで、天面には金属の質感を生かした横に走るヘアライン加工が施されており、くどすぎない上品な高級感がある。 堅牢性も十分に確保されている。ボディの素材はマグネシウム合金で軽さと頑丈さを両立。これにハニカム形状のリブを付けることで、応力を分散する効果があるハニカムリブ構造を採用し、負荷のかかりやすいパームレス 0644260互換トや、基板とキーボードの間などの強度を確保している。 開発段階では、100キロfの面加圧、76センチの落下、30ccの防滴といった耐久テストをクリアしているという。製品での無破損や故障が保 証されるわけではないが、ASUS L1互換こうした耐久テストの数値が明らかになっているのは、信頼性に対する自信の表れといえる。実際にパームレスト部分だけをつまんで 持ち上げてみてもたわんだりせず、確かに剛性感の高い仕上がりだ。

 バッテリーはほかのUltrabookとASUS L7互換バッテリー同様に着脱できない構造だ。公称のバッテリー駆動時間は約9時間をうたう。付属のACアダプタは、実測で のサイズが約42(幅)×95(奥行き)×27(高さ)ミリ、重量が約239グラム(電源ケーブル込み)と小型軽量だ。ほかのUltrabookが採用す るようなコンセントに直接挿せるウォールマウントプラグはないが、本体と一緒に持ち出す際も邪魔にならないだろう。メモリはDDR3-1333(PC3-10600)のSDRAMを採用ASUS L8互換バッテリー,PC電源 。標準で4Gバイト(オンボード2Gバイト+2Gバイト)を搭載しており、増設はできない。Intelのブースで数多くの展示をそろえているのは、Ultrabookと“次世代Atom”を搭載するモバイルデバイスだ。ただし、開催初日の 段階で、展示されているUntrabookの多くは、すでに市販されているモデルがほとんどで、2012 CESの開幕前に各ノートPCベンダーが公開した、“最新の”Ultrabookの姿はなかった。ASUS M1互換

 しかし、Atomを搭載するモバイルデバイASUS M5N互換スでは、スレートタイプのタブレットデバイスやスマートフォンといった、従来ARMを搭載してるサイズ のデバイスで、“Cedar Trail”“Medfield”の次世代Atomを搭載するだけでなく、OSにAndroidを導入していた。タブレットデバイスの展示では、来場者が 実機に触れることができず、そのハードウェア構成や重さ、バッテリー駆動時間などの仕様は明らかにならなかったが、デモで動いていたゲームやAcer AS10B73互換バッテリーフルHD動画 は快適に動作している。一方、スマートフォンのサンプル機材は来場者が実際に操作でき、その仕様もある程度明らかにしている。その情報によると、搭載するCPUは「Atom Z2460」で、動作クロックは1.6GHz、Hyper-Threading Technologyに対応する。 チップセットはIntel XMM 6260で、展示機材では無線接続としてapple パソコンバッテリー 21Mbpsの転送速度が出せるHSPA+を利用できる。CPUに統合するグラフィックスコアはIntel GMA(型番は不明)で、加えて、IntelのImage Signal Processorも実装する。無線接続では無線LANとBluetoothに加えて、NFCにも対応する。Dell Precision M4500 バッテリー

 導入するAndroidは2.3(Ginger Bread)でAcer AS10B3E互換バッテリー、インテルアーキテクチャに最適化されたカスタムバージョンとスタッフは説明する。IDF 2011の基調講演で、GoogleがAndroidをインテルアーキテクチャに最適化すると宣言していたが、その具体的な成果がCedar Trail搭載のスマートフォンで実現したことになる。展示機材のディスプレイサイズは4.3型ワイドで、横1280ドットクラスの解像度を表示する。映像出力インタフェースにHDMIを用意し、外部 ディスプレイでHP 510互換バッテリー080pクラスの動画を再生可能だ。また、加速度センサーと3次元ジャイロコンパスを内蔵して本体の姿勢や動きを検知できる。バッテリー駆動時間は、スタンバイ状態で14日間、3Gによるビデオ通話が連続8時間、1080p動画の連続再生が6時間、ステレオ立体視コンテンツ再生が連続5時間、そして、音楽ファイルの再生が連続45時間としている。今回入手したVAIO Z(VPCZ22AJ)のスペックは、Core i7-2620M、メモリ8GバイHP Mini 2140互換バッテリート、Intel HD Graphics 3000+AMD Radeon HD 6650M(ドッキングステーション)、HP Mini 110 バッテリー1920×1080ドット液晶、デュアルSSD(512Gバイト/RAID 0)、64ビット版Windows 7 Professional(SP1)など、VAIOオーナーメードモデルの中でもハイエンドな内容だ。この構成でベンチマークテストを実施した

 テストはノートPC単体と、ドッキングステーション接続時の両方で行っているほか、HP G5000互換バッテリードッキングステーション接続時には内蔵の液晶ディスプレイを利用せずにHDMIで外部ディスプレイへ出力した場合でもテストした。というのも、ドッキング時に内蔵液晶へ表示する場合は、Radeon HD 6650MからIntel HD Graphics 3000(およびそのグラフィックスメモリであるメインメモリ)を経由して出力する仕組みになってHP Pavilion dv3500互換バッテリーいるため、ドッキングステーションから直接外部ディスプ レイに出力したほうが性能がよくなると推測されるためだ。

 比較対象として、一部のテストでは、VAIO Zの店頭モデル(VPCZ219FJ/B)ASUS U36SD Series(All) バッテリーと、東芝のUltrabookであるdynabook R631(Core i7-2677M搭載の直販モデル)のスコアを記載している。次はSSDのパフォーマンスを見てみよう。評価機はSerial ATA 6Gbpsに対応した第3世代のRAID 0構成、店頭モデルは第2世代のRAID 0構成だが、第3世代のメリットは一目瞭然(りょうぜん)だ。シーケンシャルのLENOVO G550 バッテリーリード/ライトが大幅に向上しているだけでなく、4Kのリード/ライトも格 段に高速になっており、インタフェースだけでなくコントローラ自体が大幅に改良されている。

 Ultrabookのdynabook R631もSSDを採用しているがfujitsu パソコンバッテリー 第2世代のRAID 0にも遠くおよばない。どちらかといえば廉価版に近いSSDを単体で利用しているため、仕方がないところだろう。ひとくちにSSDといってもこれだけの違 いがあるということは、頭に入れておいて損はないだろう。

 さて、実際のアプリケーションを利用して日常操作をシミュレートするPCMark 7ではドッキングステーションなしのPresario CQ40互換バッテリーほうがよいスコアとなった。Computation Scoreで大きな差が付いているのは、このテストにIntel HD Graphics 3000/2000に最適化された処理が含まれているためで、一般用途での快適さを反映しているとはいえない。ドックなしでは同じIntel HD Graphics 3000を利用するUltrabookに対して、Dell Latitude Z600互換バッテリー総合スコアで32%も上回るスコアをマークしている。 PCMark Vantageではドッキング時のほうが若干スコアがよい。店頭モデルはUltrabookに近いスコアだが、評価機ではそれを40%以上も上回る高いスコアをマークした。3Dグラフィックス系のベンチマークテストでは、ドッキングステーションに内蔵された外部GPUの威力がはっきり出た。3DMark06では 75%、3DMark Vantage(Performance)では100%、3DMark VantaInspiron 1370互換バッテリーge(Entry)では44%、MHFベンチマーク(絆)では103%、ストリートファイターIVベンチマーク(標準設定)では79%と、それ ぞれドッキング時のほうがスコアが高い。ドッキングなしでも、Ultrabookとの比較では、1割程度上回るスコアになっている。

 なお、ドッキングステーションから外IBM ThinkPad R30互換バッテリー部ディスプレイへ出力した場合は、内蔵液晶ディスプレイよりも全般にスコアがよくなっている。最も差が大き かったのはストリートファイターIVベンチマーク(標準設定)で、約36%もスコアが高くなっった。3Dパフォーマンスにこだわるならば、試してみる価値 はあるだろう。BenQの主力製品は、AU Optronicsからパネルの供給を受けている液晶テレビと液晶ディスプレイだ。AU Optronicsは、2010年Q2に18.5型からIBM ThinkPad A30 互換バッテリー65型までのサイズでLEDバックライトパネルのフルラインアップをそろえ、BenQもこれにあわ せてディスプレイを展開してきた。そして2010年Q3以降、24型ワイドクラスでVA(Virtical Alignment)方式のパネルを採用したLEDバックライト液晶ディスプレイ「VW2420H」が世界で初めて登場するIBM ThinkPad G40 互換バッテリー

 なお、日本国内では9月に発売される予定。HSTNN-DB35 バッテリー価格は3万円前後になる見込みだ。IdeaPad U300sは、インテルが提唱する“Ultrabook”のコンセプトに沿ったレノボ?ジャパンの薄型ノートPCだ。すでに、東芝の「dynabook R631」やAcerの「Aspire S3」シリーズ、ASUSの「ZENBOOK」シリーズ、そして、ヒューレット?パッカードの「HP Folio 13」など、外資系を中心とするノートPCベンダーから複数のモデルが登場している。IdeaPad U300sの本体サイズは、公称値でAsus K53E-A1互換バッテリー324(幅)×216(奥行き)×14.9(厚さ)ミリ、重さが1.32キロとなっている。評価機材で実測した重さは 1327グラムで、公称値とほぼ同じだった。これは、ほかのベンダーが投入するUltrabookと比べて、dynabook R631の約316.0(幅)×227.0(奥行)×8.3~15.9(高さ)ミリ、重さ約1.12キロよりやや大きくて重いが、Asus K53EZENBOOKの 13.3型ワイド液晶ディスプレイ搭載モデルのUX31Eで、325(幅)×223(奥行き)×3~17(高さ)ミリ、重量は約1.3キロ。Aspire S3シリーズで、323(幅)×218.5(奥行き)×13.1~17.5(厚さ)ミリ、重さが1.4キロ未満と、東芝を除いた“外資系”ベンダーの Ultrabookと共通する。HP 462890-251

 サイズと重さは共通するが、Ultrabookのコンセプトで重視するデザインにおいて、ASUS U36SD (All)多くのUltrabookがシルバーカラーを採用する 中、IdeaPad U300sはクレメンタインオレンジを採用する。光沢を抑えた梨地のアルミ合金パネルに施された鮮やかなオレンジで天板と底面にかけて覆われるが、側面に ブラックを細く配置したおかげで、全体として落ち着いた印象になる。また、ボディを開くとディスプレイASUS U36S (All)面とキーボード面はブラックになる。 オフィスにIdeaPad U300sを置いて道行く同僚の反応を観察したところ、その多くは、オレンジ色のボディを目にして足を止めるものの、「いやー、派手ですねー」という反応 は1名のみ(acer パソコンバッテリー 30歳代半ばの男性)で、ほかは、「ああ、こういうオレンジならオフィスでもありです」(30歳代前半の女性)「思ったより落ち着いた色」 (30歳代半ばの男性)という“好意的”な意見が多かった。

 天板は非光沢の梨地仕上げになっているので、指紋の跡が残りにくい。デザインで高級感を演 UM09G31出するために光沢パネルを採用するノートPCも少なくな いが、使っているうちに指紋の跡が付着して見た目を損なう場合があり、ユーザーが自然と気を使ってしまうことがある。IdeaPad U300sは、そういった“面倒な配慮”で苦労することもない。薄いボディのノートPCでは、その強度を不安に感ずるユーザーも少なくないが、Acer UM09G41IdeaPad U300sの四隅に近い1点をつかんで本体を持ち上げても、“しなる”ことはなく、十分な強度を確保している。これは、ボディ内部に金属製の骨組みを組み 込んでボディの強度を確保する「ロールケージ」機構を実装しているおかげだAcer UM09G51互換バッテリ。ただ、その分、重くなった面も否めない。しかし、ノートPCを持ち歩くユー ザーの心理としては、薄いボディに対する不安も大きいので、そのトレードオフとして軽量化より強度確保を重視するというのは、妥当な判断といえる。Acer UM09H31バッテリー

 データストレージにはSSD(Serial ATA 3Gbps)ASUS U36 (All)を採用し、容量は128Gバイトを確保する。評価機のデバイスマネージャで型番を確認すると、東芝の「THNSNB128GMCJ」となって おり、mSATAモジュールタイプのSSDを採用していることが分かる。SSDの資料では、公称の最大転送速度がリードで180Mバイト/秒、ライトで 50Mバイト/秒となっている。重量はわずか8.5グラムとされており、これが本体の薄型軽量化に大きく貢献しているのは明らかだ。薄いボディを採用するUltrabookはAsus Eee PC 1215N バッテリー 、本体に搭載するインタフェースの種類と配置でも苦労する。IdeaPad U300sが搭載するインタフェースは、左側面にUSB 2.0、そして右側面にUSB 3.0とHDMI出力を備える。薄いボディのUltrabookでは、側面にインタフェースを搭載することをあきらめて、背面に集中させたモデルもある が、やはりFMV-BIBLO MG55U バッテリー 、インタフェースを側面に配置するとその使い勝手は格段によろしい。USBメモリからデータを転送する“ちょっとした作業”でも、背面に回って USBに差さなければならないのと比べたら、側面のUSBが使えるのは幸せだ。FUJITSU FPB0227 バッテリー

Commenter cet article