HP ProBook 4520s互換バッテリー

Publié le par chongtou

バッテリー駆動時間はBBench 1.01(海人氏作)を利用して測定した。HP Mini 1050 ACアダプタ 1無線LANでインターネットに常時接続し、「60秒間隔でのWeb巡回(10サイト)」と「10秒間隔でのキー ストローク」の設定で測定している。Windows 7の電源プランは標準の「バランス(ディスプレイ輝度40%)」を利用した。 この条件でのバッテリー駆動時間は7時間16分(残り5%)と、約13時間という公称値には遠くおよばなかったが、 0644290 常時接続環境で高めの輝度とい うことを考慮すると、かなり優秀な結果が得られた。より省電力を重視した電源プランに設定し、輝度をもっと下げるなどすれば、さらなる長時間駆動にも対応 できるだろう。

 静音性に関しては、アイドル時は静かだが、システムに負荷をかけるとそれほど強い負荷でなくともファンがはっきり回っていると分かる程度の音が発生し、HP ProBook 4520s互換バッテリー 4スレッドを同時実行するような高負荷作業が続くと、かなりの音量まで上がる。ボディの発熱は底面が中心だ。底面はかなり熱くなるが、手がよく触れるパームレストにまではあまり伝わってこない。dynabook R731/W4UDは底面の左パームレスト直下に吸気口があるため、Lenovo S9e 4187互換バッテリー ヒザの上などに本体を置いて、ここをふさがないように注意したい。

 こうした静音性と放熱性については、通常電圧版Core i7をはじめとするパフォーマンスの高さとのトレードオフが多少見られるところだ。Fujitsu FMV-E8110 “パフォーマンスとモビリティ(携帯性)の高次元な融合”を目指し、ソニーの最先端技術を惜しげもなく投入したフラッグZ」だ。2008年発売の初代「VAIO type Z」以来(正確にはその前身となる2006年発売の「VAIO type S(SZ)」以来)、通常電圧版のモバイル Samsung AA-PB5NC6W バッテリー 向けCPU、CPU/チップセット統合グラフィックスコアと外部GPUの同時搭載、および手動スイッチによる切り替え機能、光学ドライブまで内蔵したオールインワンスタイルといった特徴を引き継いできた。

 しかし、約1年半ぶりのフルモデルチェンジとなる2011年夏モデルのVAIO Zは、Fujitsu FMV-E8200電池 2010年発売の第2世代「VAIO Z(Z1)」まで続いたこの伝統を打ち破り、まったく新しい姿の“Z”を提案してきた。モバイルノートPC本体と専用ドッキングステーション「Power Media Dock」を組み合わせたセパレート型スタイルへと生まれ変わったのだ。 外部GPUや光学ドライブを外付けのドックに分離することで、Sony VGP-BPS5 本体を超薄型?軽量に仕上げて携帯性を高めつつ、ドックの接続によって描画性能や機能の向上が図れるという柔軟性の高いスタイルが目新しい。

 先に掲載したレビューの前編に続き、今回は後編として、Asus A42-UL80互換 液晶ディスプレイやキーボードの使い勝手、そしてドックの影響が気になるパフォーマンス面を検証していこう。13.1型ワイド液晶ディスプレイの仕様は、高い評価を得ていた従来機を継承。VAIO独自の液晶ディスプレイグレードで最も高品位な「VAIOディスプレイプレミアム」とされている。 店頭販売向け標準仕様モデルの「VPCZ219FJ/B」 は、表示解像度が1600×900ドット(WXGA++)だ。13型クラスのノートPCでは、Acer LC.BTP00.008 1366×768ドット表示が標準的なので、情報の一覧性は 段違いに高い(そのぶん、表示は細かくなるが)。色域についてもNTSC比で100%(u'v'色度図による)と、ノートPCにしては非常に広いといえ る。

 液晶パネルの表面には低反射コートが施され、光沢と非光沢の間、dell パソコンバッテリー つまり半光沢(ハーフグレア)のような見た目だ。光沢パネルの抜けのよい発色と、 非光沢パネルの映り込みの小ささをうまく両立した優れた表面処理となっている。白色LEDバックライトを採用しており、輝度とコントラストが高く、発色も 実によい。さらに、購入時に仕様をカスタマイズできるソニーストア直販のVAIOオーナーメードモデル「VPCZ21AJ」 では、482962-001 1920×1080ドット(フルHD)に対応した高解像度の液晶パネルも選択可能だ。このフルHDパネルは、NTSC比100%に加えて、 Adobe RGBカバー率96%の広色域というプレミアも付く。同画面サイズでさらに表示が細かくなるものの、情報の一覧性はさらに向上し、HD映像コンテンツの視 聴でも威力を発揮してくれる。T91MT バッテリー交換

 標準仕様モデルが搭載する1600×900ドットの液晶パネルも「VAIO S(SA)」DELL e6420 バッテリー の同解像度パネルに比べて、色鮮やかでメリハリのある表示だが、フルHDの液晶パネルはさらに色域の広さを感じる濃厚な色表現で、現状のモバイルノート PCとしては間違いなく最高の表示品質といってよい。ここは相変わらず、VAIO Zの強いアドバンテージを味わえる部分だ。視野角については、左右方向で色味の変化、E5410 ACアダプター 上下方向で黒つぶれや白飛びが発生し、この点では優秀ではないが、液晶ディスプレイの角度は水平に対して145度程度まで開くので、低い位置に置いても画面を見やすい角度に調整可能だ。

 ちなみに、液晶ディスプレイを開くと、背面のヒンジ部にあるアルミニウム製のバーが本体の下に回り込み、SONY R505 X バッテリー バーの両端にある突起がフットスタンドと なり、本体の奥が少し浮き上がって、キーボード面に傾斜が付く。この底面と本体の間にできたスペースを利用し、底面の吸気口から積極的に外気を本体内部に 取り込むことで、放熱を助ける仕組みだ。底面に2つの吸気用ファンがあることを考えても、ideapad s205 対応 ACアダプタ 販売 ヒザの上で使うには不向きだろう。東芝ダイレクトでの販売価格は23万5800円とかなり高価だが、2011年11月29日15時までは5万1000円オフのクーポンキャンペーンを 実施中で、実質18万4800円で購入できるのに注目したい。前述の通り、キングストン製の増設用4Gバイトメモリ付きキャンペーンモデルであるため、メ モリ容量も最大の8Gバイトを最初から利用できる。aspire 5741 ACアダプター

 Core i7-2640M vPro、Blu-ray Discドライブ、256Gバイトの高速SSD、WiMAX、多彩なインタフェース、asus A32-K53 Windows 7 Professional(SP1)を搭載しており、ベンチマークテストで優秀なパフォーマンスを実証しているとなれば、納得できる価格だ。 東芝ダイレクトでは、ほかにもいくつかバリエーションモデルを用意しており、今回試用したdynabook R731/W4UDと同等の構成で光学ドライブのみDVDスーパーマルチドライブとなるモデルは、EeePC 1001HA アダプター クーポン適用後の価格が15万9800円まで下がる。さ らにCore i5搭載モデルならば、クーポン適用で11万4800円から購入できるため、グッと手が届きやすくなる。これらもキングストン製の増設用4Gバイトメモリ 付きキャンペーンモデルだ。FPCBP94

 dynabook R731は、IntelがUltrabookのコンセプトを掲げるはるか昔から、国内メーカーがしのぎを削ってきた伝統的なモバイルノートPCの発展系に ある最新モデルだ。EliteBook 2540p ACアダプタ 光学ドライブ内蔵の13.3型モバイルノートPCとしては、より薄くてい製品も存在するが、携帯性の高い薄型軽量ボディは維持しつ つ、優秀なパフォーマンスと長時間のバッテリー駆動を両立しており、使い勝手なども含めて完成度は高い。6720s バッテリー ノングレア液晶やWindows 7 Professional(SP1)の搭載など、ビジネス色が強い仕様のため、仕事にも安心して活用できるパワフルなモバイルノートPCを探しているならば、検討する価値は十分にある

キーボードはVAIOノートおなじみのアイソレーションタイプを採用している。xps17 バッテリー 標準仕様モデルでは日本語配列でかな刻印付きだが、VAIOオーナー メードモデルでは、日本語配列でかな刻印なし、あるいは英語配列も選べる。また、標準仕様モデルではキーボードバックライトが内蔵され、VAIOオーナー メードモデルでは搭載の有無を選択できるといった違いがある。 キー配置は6段配列で、特に気になるクセはない。ただし、HP 電源ケーブル compaq620 従来機ではカーソルキーを少し下げた場所に配置し、ミスタイプを防ぐ工夫をしていたが、 今回はボディの薄型化に伴い、通常キーと同じ位置に置いている。カーソルキーの利用頻度は個人差があるが、カーソルキーを多用するユーザーにとっては残念 な部分だろう。x61s acアダプタ

 ボディが横に長いため、キー配置にも余裕があり、主要キーにおける横方向のキーピッチは約19ミリのフルピッチを確保した。主要キーのキートップ は15(横)alienware m18x バッテリー ×13(縦)ミリと少し横長のサイズで、キーとキーの間隔は約4ミリ離れている。方向のキーピッチに比べて、縦方向のキーピッチはわずかに 狭いが、それでも実測で約17.5ミリを確保しているため、入力していてキー間隔が狭く感じるようなことはない。PABAS221 パームレストは81ミリと従来機種より広 くなり、さらに手をゆったり置けるのは好印象だ。

 一方、キーストロークは約1ミリと、従来機種に比べて半分程度の深さしかない。東芝 tecra m10 電源アダプタ ボディを徹底的に薄型化した影響だが、これは好みが分かれる部分だ。少し慣れれば、底が浅くて押下時に指がつかえるような感覚は消えるが、人によっては物足りない印象が残るかもしれない。

 この点について、ソニーの開発陣は「軽い力でタイプするのに慣れれば、指に余計な負担がかからず、DELL GW240 キーストロークが浅くても違和感がなくなるので はないか」と主張しているが、確かに理解はできる。というのも、実際に筆者自身もそのようにして慣れてきた経験があるからだ。個人的にデスクトップPCの 深いストロークのキーボードより、ノートPCの2ミリ程度と浅いストロークのキーボードのほうが打ちやすい、と感じるようになって久しい。fru 93p5030 ただし、今回の VAIO Zに関しては変化がかなり急なので、対応できるかどうかは個人差があると思われる。PRECISION M65 バッテリー

 なお、キースイッチの感触は良好で、不安定さは感じない。前述の通り、FMVNBP150 利用時は液晶ディスプレイのヒンジ部がチルトスタンド代わりとなり、本体の 奥を少し持ち上げるが、キーボードの固定がしっかりしており、ボディの剛性も非常に高いので、強めにキーをたたいても、たわみなどは気にならない。

キーボードの奥には電源ボタンのほか、「ASSIST」「WEB」「VAIO」の3つのワンタッチボタンを搭載する。L09C4P01 これらはタッチセンサー式のボ タンで、指で触れると白く光る凝った作りだ。キーボード部と距離が近いが、ボタンの手前に段差を設けて、誤って押しにくいよう配慮している。 3つのボタンは最近のVAIOノートではおなじみのもので、ASSISTはサポートソフトの「VAIO Care」、WEBはWebブラウザ、VAIOはコンテンツ再生ソフトの x300 バッテリー 「Media Gallery」の起動に割り当てられている。VAIOボタンには、Media Gallery以外の機能を設定することも可能だ。

 また、電源オフの状態でWEBボタンを押すと、Windows 7を立ち上げることなく、383CW 高速起動で手軽にWebアクセスが楽しめる「Quick Web Access」機能が利用可能だ。ちなみにQuick Web Access利用時にドックの着脱は行えない。なお、ASSISTボタンの左にはワイヤレス通信のスイッチ、VAIOボタンの右には照度センサー(液晶輝度やバックライトキーボードの自動調整に利用)と内蔵マイクが並ぶ。

キーボードバックライトは薄さの関係で、光源をLEDからELに変更したため、光量が減っている。inspiron1300 電源 そのため、バックライトの光がキーの隙間から派手に漏れ ていた従来機種とは異なり、キートップの文字のみがしっかり光るように作り替えられた。あまり暗くないところでは光っているのかよく分からないくらいだ が、実際に暗いところで使う場合には文字がはっきり視認できるので問題ない。タッチパッドはパッドとボタンを一体化した、latitude d520バッテリー いわゆるクリックパッド型だ。VAIOノートでこうしたクリックパッドを採用するのは初の試みとなる。

 タッチパッドのサイズは73(横)×41(縦)ミリと従来機(81×41ミリ)より小さくなったが、hstnn-ib13 窮屈に感じるほどではない。タッチパッドの配 置はキーボードのホームポジション直下ではなく、ボディの左右中央なので、キー入力時は右手の親指がパッドに少しかぶるような格好になる。新型VAIO Zではパームレストの下に薄型のバッテリーパックを内蔵しているが、左右均等にバッテリーセルが3セルずつ入っているため、HP 6730b バッテリー 中央の空いたスペースにタッチ パッドを載せる以外、本体の厚さが増してしまう。そのため、この配置とサイズに落ち着いたというわけだ。

 デザインのメリハリを付けるためか、クリックパッドのパーツはマット調の本体とは異なり、ASUS ul20 光沢仕上げとなっている。ただし、パッド部分には六角形 の細かなテクスチャが施されており、指紋は付着しにくい。テクスチャのザラザラした手触りは好みが分かれそうだが、指の滑りはまずまずだ。パッドと一体化した左右のボタンはストロークが浅いが、軽めの力で押下でき、スイッチの感触は悪くない。ここは表面が光沢仕上げなので、hp acアダプタ パビリオン DV6 指紋が付着しやすいのは少し気になった。 タッチパッドにはシナプティクスのドライバが導入されている。2本指を前後/左右になぞることで上下/左右のスクロールが行えるほか、2本指の開 閉による拡大/縮小、2本指の移動に応じて画像を回転させるなどのマルチタッチジェスチャー機能が利用可能だ。パッドは縦方向が少し狭いが、2本指を並べ たスクロール操作などは手軽に行える。HP 493202-001

パッドの手前中央部(左右ボタンの間)には、指紋センサーを内蔵。Windowsへのログオン、バッテリー M8416 交換 Webサイトへのログインなどのパスワード入力を指紋セ ンサーへのタッチで代行できるソフト(AuthenTec TrueSuite)もプリインストールされる。VAIOオーナーメードモデルでは指紋センサーの有無やTPMセキュリティチップ(TCG ver.1.2)の追加も選択可能だ。  新生VAIO Zの実力はどれほどのものなのか。asus k53ta バッテリー 第3世代デュアルSSDの性能やドッキングステーション(Power Media Dock)接続時のパフォーマンスが気になるところだ。ここからは各種ベンチマークテストの結果を見ていこう。今回は標準仕様モデル (VPCZ219FJ/B)のほかに、VAIOオーナーメードのハイスペックモデル(VPCZ21AJ)も用意した。

 VPCZ21AJのスペックは、Core i7-2620M(2.7GHz/最大3.4GHz、LENOVO ThinkPad W700 ACアダプ 3次キャッシュ4Mバイト)、8Gバイトメモリ、Intel HD Graphics 3000+AMD Radeon HD 6650M(Power Media Dock)、1920×1080ドット表示の13.1型ワイド液晶、512GバイトのデュアルSSD(256Gバイト×2/RAID 0)、64ビット版Windows 7 Professional(SP1)という最速に近いハイスペック構成だ。 そのほか、テストによっては13.3型ワイSony VGP-BPS2C ド液晶とAMD Radeon HD 6630M 、光学ドライブを内蔵したオールインワンモバイルノートPC「VAIO S(SA)」の「VPCSA2AJ」、VAIO Z(Z1)の2010年春モデル「VPCZ11AFJ」のスコアも参考までに併記した(いずれもVAIOオーナーメードモデルのハイスペック構成)。PA3588U-1BRS

 なお、今回テストしたVPCZ219FJ/BとVPCZ21AJは発売前の試作機なので、Toshiba PA3456U-1BRS互換バッテリー 実際の製品と一部異なる場合がある。まずSSDのパフォーマンスを確認しよう。新型VAIO ZのSSDはすべてデュアル搭載のRAID 0構成だ。標準仕様モデル(VPCZ219FJ/B)はSerial ATA 3Gbps対応の第2世代製品で容量が128Gバイト、VAIOオーナーメードモデル(VPCZ21AJ)はSerial ATA 6Gbps対応の第3世代製品で、容量が128G/256G/512Gバイトの3種類から選べる。Fujitsu CP293550-01

 今回は標準仕様モデル(VPCZ219FJ/B)の128GバイトデュアルSSD、VAIOオーナーメードモデル(VPCZ21AJ)の Compaq nc6105 PC電源 256G/512GバイトデュアルSSD、そしてVAIO S(SA)の256GバイトクアッドSSDとも比較してみた。256G/512GバイトデュアルSSDを搭載したVPCZ21AJのSSD以外のスペック は同様だ(上記の表を参照)。容量やそのほかのスペックに差があるため、厳密な比較ではないが、傾向はつかめるだろう。HP Compaq nc6110 ACアダプタ 第3世代デュアルSSDのメリットは歴然としている。第2世代のデュアルSSDに比べると、シーケンシャルやランダム512Kバイトのリード/ライ トがそれぞれ2倍近くかそれ以上に高速化した。ランダム4Kバイトのリード/ライトも確実に高速になっているところをみると、単に高速なインタフェースに 対応しただけでないSSDコントローラ自体の性能向上がうかがえる。

 同じ第3世代デュアルSSDの256Gバイトと512Gバイトの比較では、PA3356U-3BAS互換 リード性能では少し256Gバイトのほうがよい傾向にある一方、シーケ ンシャルライトやランダム512Kバイトのライトでは512Gバイトのほうが速かった。特にシーケンシャルライトでは2.4倍以上の速さとなっている。全 容量でテストする場合、容量が大きいほうがランダムアクセスの数値上で若干不利になる(アクセス範囲が広いため)のは必然なので、ランダム4Kバイトでの 若干のスコア差は気にしなくてよいだろう。Fujitsu FPCBP218AP 電源

 VAIO S(SA)のクアッドSSDに対して、D630ACアダプタ 第3世代デュアルSSDの512Gバイトは全項目で完全に上回るということはなかったが、RAIDで高速化できないランダム4Kバイトのスコアには世代の差が確実に出ている。 また、詳しくは後述するが、実際の作業のシミュレーションをもとにしたより実践的なテストであるPCMark05とPCMark VantageのHDDスコアでもはっきり第2世代SSDよりも第3世代SSDを搭載したモデルのほうがよいスコアを出しており、総合的に見て Fujitsu FMV-6120NA電池 「第3世代 デュアルSSDは、従来のクアッドSSD以上のパフォーマンス」といっても構わないだろう。

デュアルSSDの世代の差は、Windows 7標準の性能評価機能であるWindowsエクスペリエンスインデックスのプライマリハードディス Dell Inspiron 120L バッテリー クのサブスコアでも確認できる。VPCZ219FJ/B は「7」であるのに対し、VPCZ21AJは「7.9」と最高スコアに到達した。 システムの基本性能を調べるテストであるPCMark05とPCMark Vantageの結果はごらんの通り優秀だ。クアッドコアの第2世代Core iシリーズを搭載した一部のハイパフォーマンスノートPCには少し届かないものの、acer al10a13 モバイルノートPCとしては最高級のパフォーマンスといって間違いな い。無論、この薄さと軽さも考慮したら、抜群のパフォーマンスだ。

ただし、PCMark05のGraphicsスコアでは、ドックの接続時と非接続時でほとんど変わらない結果となった。Inspiron 2800互換バッテリー 下に示したGraphics Test Suitesの内訳(VPCZ219FJ/B)を見ると、3D系のテストではドック装着時のほうが高いスコアをマークしている一方、Graphics Memoryのテストではドック接続時のほうが大きくスコアを落としているのが分かる。このテストはGPUの性能というよりもバスの性能を計測するテストで、Dell Latitude L400 アダプタメインメモリからグラフィックスメモリへデータを連続して転送するという内容 だ。そのため、GPU切り替えの仕組みや、Light Peak技術でドックを外付けしたことによる帯域不足の影響が出たのだろう。

 レビューの前編でも触れたが、新型VAIO ZのLight Peak技術によるドック接続インタフェースの帯域は、FMV-C8200 PCI Express 2.0(5GT/s)でいえばx2相当(送受信でそれぞれ最大10Gbps)であり、通常GPUを接続するx16とはかなり差がある。 ちなみに、同じようにGPU切り替えの仕組みを採用したNVIDIA Optimus Technology搭載ノートPCなどでも、Graphics Memoryのスコアは振るわない製品が多い。 一方、PCMark Vantageでは傾向が異なり、Apple M9326 こちらのGamingにおいては順当にドック接続時のほうがスコアを大きく伸ばした。

まずは3DMark06だが、ドック接続時にスコアが大きく向上し、Radeon HD 6630M Toshiba Qosmio F40 ACアダプタ (1Gバイト)内蔵のVAIO S(SA)を完全に上回るスコアをマークした。FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3では、ドック接続時のほうが大幅にスコアが上がっているものの、ワンランク下のGPUを内蔵しているVAIO S(SA)に少し劣るスコアとなった。ストリートファイターIVベンチマークの低負荷設定(1280×720ドット)Toshiba Satellite L40 互換バッテリー でもやはり少し低い。そして、 ColinMcRae:DiRT2 Demoでは大きく差を付けられてしまった。パフォーマンス低下の主な原因が、外部GPUの描画結果を内蔵GPUのグラフィックスメモリを経由して利用するというGPU切り替えの仕組み上の ものなのか、Light Peakの帯域で頭打ちになっているのかは分からないが、Radeon HD 6650M(1Gバイト)のフルパフォーマンスが出せないアプリケーションもある、ということは覚えておきたい。Lenovo IdeaPad S9互換バッテリー

Commenter cet article