Dell Inspiron 17R ACアダプタ

Publié le par chongtou

そして、最大の面倒――ウイルスに侵入されたり、Dell Inspiron 17R ACアダプタ 情報漏えいのリスクからも最新のセキュリティ機能で遠ざけてくれる。マカフィー オール アクセスは、バックグランドで端末の健全性を保つだけでなく、能動的に利用するような“ちょっとした便利ツール”を備えているのもポイントだ。筆者として は「何台でもOK」かつ「面倒くさくない」という理由だけで、マカフィー オール アクセスを使う十分な動機になるのだが、実際に使ってみて感心させられたいくつかの機能を紹介しよう。Inspiron N7010互換バッテリー

 さまざまなOSに対応するマカフィー オール アクセスだが、Acer ZG5互換バッテリー筆者がメインに使っているWindowsマシンでは特に豊富な機能が利用できる。現在はインターネットを活用した情報収集はもはや常識。そ のインターネットで遭遇する脅威に対しては、新世代のファイアウォールである「ネットガード」が活躍してくれる。このネットガードのおかげで、ユーザーが Webサイトにアクセスする際、一旦、独自のデータベースにアクセスして安全性を確かめる行程を経るため、常に安全な状態でAcer Aspire 5750 アダプタ,PC電源 Webブラウジングできる。例えば、普段よく見ているWebサイトが誰かに改ざんされてしまっても、仕掛けられたワナに直接足を踏み入れずに済むので、知らずのうちに被害にあったり、自分が感染源となって周囲にウイルスをまき散らしてしまう事態を避けられる、というわけだ。

 ほかには、Webサイトの安全性を評価しAcer Aspire 5742ZG バッテリー、危険なWebサイトへのアクセスをブロックする「サイトアドバイザー ライブ」も重宝している。いわゆる短縮URLを作成する機能もあり、ネットガード同様に保護レイヤーをかませた状態でURLを生成する。Twitterや Facebookで文字数を抑えながら情報を広められるうえ、相手側にネットガードのような保護機能がなくても安全な状態のWebサイトを伝えられるの で、親切心が仇(あだ)となって自分がマルウェアの拡散Asus K43JS元になってしまう、といった悲劇を避けられる。人とのつながりに大切な“信用”を守るうえで、 SNS向けのサイトアドバイザー ライブは注目機能だろう。

一方、オフラインのトラブルに対応する機能では、Asus K43JY互換バッテリー接続したリムーバブルドライブのスキャンや、データを完全に消去する「シュレッダー」機能、高度な暗号化 を施したフォルダにデータを保存できる「マカフィー金庫」など、さまざまなツールが用意されている。最近の“Ultrabookブーム”に見られるよう に、持ち運びを前提にした薄型?軽量ノートPCが広く浸透する一方で、盗難や紛失などの潜在的なリスクを抱えているのも事実。上に挙げたようなセキュリ ティ設定を施Asus K43S アダプタ,PC電源 しておけば、万が一の場合でも情報漏洩という最悪の事態は避けられるはずだ。

ちなみにMac版では、ウイルス対策やスパイウェAsus K43SC互換バッテリー対策が可能で、メールなどに不審なファイルが添付されていてもそれをスキャンし、安全なファイル だけをやり取りできる。また、検索エンジンによる検索結果に安全性の評価を表示して、危険なサイトにアクセスするのを防いだり、さらにフィッシングサイト を自動で判別し、ブロックしてくれる機能もある。どうせ台数を気にすることなくインストールできるのだから、Windowsマシンとともに、Macにもマ カフィー オールAsus K43SD互換 アクセスをインストールしておきたい。

 最後にスマホとタブレット用の「マカフィー モバイル セキュリティ」にも触れておこうDell Inspiron N5010D互換バッテリー。Windowsに比べればまだそれほど深刻ではないものの、Androidプラットフォームでもマルウェアの報告例が増 加しているように、ノーガードでは確実に安全とは言い切れない状況だ。マカフィー モバイル セキュリティでは、そうしたマルウェア対策のほか、紛失に備えた端末のロック機能やデータのバックアップ機能を備えている。Dell Inspiron N5010 アダプタ これに加えて、最新バージョンの「2.0」では、迷惑メールや迷惑電話の相手をブロックする機能、アプリの安全性をまとめて評価する機能もプラス された。詳細不明なアプリに脅威が潜んでいても、このスキャンをかければ安全性は一目で分かる。なお、マカフィー オール アクセスで提供されるマカフィー モバイル セキュリティのバージョンは「1.2」(3月下旬現在)だが、最新版へのアップデートを予定しているようだ。ASUS Eee PC 1201T バッテリー

マカフィー オール アクセス 2012の魅力は、デバイスLENOVO ThinkPad W700 バッテリーの垣根を越えて利用できる高度なオンラインセキュリティと、「モバイル」や「SNS」をはじめとするユーザーのライフスタイル に沿った使いやすい付加機能にある。また、何台でもインストールできるということはすなわち、デバイスが増えれば増えるほど、1台あたりのセキュリティコ ストを低く抑えられるということでもある。筆者のような環境にとってはまさにうってつけだ。インターネットを利用するための端Acer TravelMate 7750 アダプタ,PC電源 がシーンに応じてますます細分化される現在、マカフィー オール アクセスは、管理が煩雑になって脇が甘くなりがちな心を、これ1本でギュッと引き締めてくれる合理的な選択肢だと思う。

日本HPは3月19日、14型ワイド液晶ディスプレイAsus K43SJ(1600×900ドット)を搭載するUltrabook「HP ENVY14 SPECTRE」の販売を延期すると発表した。当初予定していた3月中旬から4月中旬に発売日を変更する。 HP ENVY14 SPECTREは、液晶ディスプレイと天面、パームレスト、タッチパッドに高剛性ガラスを採用する薄型ノートPC。Ultrabookカテゴリの製品は比 較的低価格なモデルが多いが、SPECTREは外装にガラスを多用した“高級志向”のデザインで注目を集めAsus K43SR アダプタた(関連レビュー:ガラス張りの“プレミアムUltrabook”――「HP ENVY14 SPECTRE」に誘惑される)。

 同社は今回の発売延期について「(SPECTREの)世界的な人気から日本向けの供給が遅れ、Dell Inspiron N5010 バッテリー発売までにある程度の台数を確保するため」と説明している。日本HPのプレミアムブランド「ENVY」シリーズに、15.6型ワイド液晶を搭載する「HP ENVY15-3000」が加わった。予想実売価格は、量販店向けの「ENVY-3000TX」が13万円前後、直販のHP Directplusモデル「ENVY15-3001TX」が13万9650円Asus A32-K53 いずれも2月初旬に発売される。17.3型の「HP ENVY17-2200」と同じく、外装にアルミとマグネシウムを用いたフルメタルボディを採用しており、Beats AudioスピーカーとHP Triple Bass Reflexサブウーファによる迫力あるサウンドを引き継ぐほか、アナログのボリュームコントローラーやASUS UL20G

量販店モデルの主なスペックは、CPUがCoreHP HSTNN-LB72 i7-2450M(2.5GHz/最大3.1GHz)、メモリとHDD容量はそれぞれ4Gバイト/750Gバイト、グラフィックスにはAMD Eyefinity対応のRadeon HD 7690M(1Gバイト)を採用し、スロットイン式のDVDスーパーマルチドライブを備える。 なお、Directplusモ デルは価格が1万円弱ほど高い半面、液晶ディスプレイの解像度が1920×1080ドットになり(量販店モデルは1366×768ドット)、CPUがク アッドコアのCore i7-2670QMLenovo G560 バッテリー2.20 GHz/最大3.1GHz)、メモリ容量が8Gバイト、ストレージが300GバイトSSDと、お買い得な構成になっている

インタフェースは、SD(SDXC)/MMC対応のメモリカードスロットをはじめ、USB 3.0×2(うち1つは電源オフFujitsu LifeBook E8310 バッテリーUSBチャージに対応)、USB 2.0×1、HDMI出力、DisplayPort出力、音声入出力など。液晶ディスプレイ上部に約92万画素のWebカメラを内蔵し、ネットワーク機能 としてギガビットLANとIEEE802.11a/b/g/n対応の無線LAN、およびBluetooth 3.0を搭載する。「HP Pavilion dv」シリーズInspiron M5030 ACアダプタ はSandy Bridge世代の基本システムを採用するスタンダードノートPCだ。ラインアップは、17.3型ワイド液晶を搭載する「HP Pavilion dv7-6100」と、15.6型ワイド液晶モデル「HP Pavilion dv6-6100」の2機種。いずれも高い基本性能を備えながら、前者が5万円台、後者が4万円台から購入できるコストパフォーマンスの高さがウリだ。

 2011年秋冬モデルの強化点は、CPUのBTOオプションにCore i7-2670QM/Core Acer UM09E71 バッテリーi5-2430M/Core i3-2330Mが加わっただけの小幅な変更で、そのほかの特徴や機能は従来モデルを継承している(関連レビュー:抜群のコストパフォーマンスを誇る大画面Sandy Bridgeノート――「HP Pavilion dv7-6000/CT」、速くて安い“Sandy Bridge”ノート――「HP Pavilion dv6-6000 プレミアムライン」を試す)Acer as10d51 バッテリー。OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)と64ビット版Windows 7 Professional (SP1)を選択できる。日本HPのコンシューマ向けノートPCラインアップに加わった「HP Pavilion dv6-6000」は、インテル最新の“Sandy Bridge”システムを採用した、15.6型ワイド液晶を搭載するノートPCだ。HP HSTNN-CB71

 直販モデルは、BTOによるカスタマイズに対応するがDell Inspiron M5010Rバッテリ、選択するボディカラーによって、CPUや機能が大幅に異なっている。Core i7と外部GPUを搭載するハイスペックなダークアンバーボディの「プレミアムライン」と、エスプレッソブラックのボディにCore i5/Core i3を搭載した「スタンダードライン」という、実質2つのシリーズで展開していると考えたほうが分かりやすい。

 今回は「プレミアムライン」の中でもハイスペック構成のモデルを評価機として入手することができた。 Inspiron M5010互換バッテリー性能や使い勝手を検証していこう。「ダークアンバー」と呼ばれるデザインのボディは、天板とパームレストにアルミ素材を採用し、側面をシルバーで縁取っている。アルミ素材にはアルマイト処理を施し、ヘアライン加工で高級感ある質感に仕上げている。

 ボディのサイズは、378(幅)×250(奥行き)Sony VGP-BPS3A×32~39.5(高さ)ミリだ。15.6型ワイド液晶を搭載したノートPCとしては若干小さめの部類に入るだろうか。重量も約2.63キロと比較的軽量だ。底面部に搭載するリチウムイオンバッテリーの容量は55ワットアワー(10.8ボルト)で、バッテリー駆動時間は約5.5時間(公称値)と長い。万が一の停電などがある際にも心強い駆動時間といえる。

 付属するACアダプタは120ワットタイプでサイズは63(幅)×148(奥行き)×36(高さ)VGP-BPS3互換バッテリーミリ、重量約520グラム(ケーブル込み815グラム)とかなり重くてかさばる。これはハイスペック構成のモデルだけに仕方のないところだろう。基本システムには、開発コードネーム“Sandy Bridge”こと第2世代のモバイル向けCore iシリーズを採用する直販サイトでは最小構成で4万9800円と5万円を切る価格から用意されている VGP-BPL5A互換もっとも、これはベースボディがエスプレッソブラックの「スタンダードラ イン」を選んだ場合に限られる。ダークアンバーボディの「プレミアムライン」を選択すると、CPUはCore i7、グラフィックス機能はRadeon 6770Mの選択が必須となるため、最小構成でも7万円ほどは必要になる。こういった制約を警告するため、BTOメニューの操作中にポップアップが頻発し てわずらわしい。実質別モデルなのだから別のメニューにしてもらいたいところだ。。Dell Inspiron M501R アダプタスタンダードラインのモデルでは、デュアルコアのCore i5/Core i3だが、このプレミアムラインではより高性能なクアッドコアのCore i7を搭載する。

 Core i5/Core i3に比べてマルチスレッド処理性能に優れており、Inspiron M501 アダプタクリエイティブな用途や3Dゲームなどに向く。BTOではCPUを2種類から選ぶことができ、メニュー にはCore i7-2720QM(2.2GHz)とCore i7-2630QM(2.0GHz)が用意されている。いずれもTDPは45ワットだ。チップセットはIntel HM65 Expressを採用している。グラフィックス性能の高さも特徴だ。CPUが内蔵するIntel HD Grapchics 3000に加えて、外部GPUとしてAMD Radeon HD 6770M(ビデオメモリ1Gバイト)0644270互換を標準で搭載しており、自動/手動でのGPU切り替えに対応している。標準ではACアダプタ駆動時にRadeon HD 6770Mが利用され、バッテリー駆動時には自動的にIntel HD Graphics 3000に切り替わるようになっているが、手動で切り替えることも可能だ。メモリ容量やデータストレージは、BTOである程度柔軟にカスタマイズすることができる。メモリにはPC3-10600 SO-DIMMを採用しており、容量は8Gバイト、4Gバイト、ThinkPad G40 互換バッテリー2Gバイトの3種類が選べる。データストレージは2.5インチのHDD/SSDを採用して おり、BTOで1TバイトHDD(5400rpm)、500GバイトHDD(7200rpm)、160GバイトSSDなどの選択肢が用意されている。

 今回の評価機は160GバイトSSDを採用しており、IBM G41 互換バッテリーSSDにはIntel X25-M(SSDSA2M160G2HP)を搭載していた。なお、SO-DIMMソケット(2基)とHDDベイ(1基)には底面のカバーを開けるとアク セスできる。右側面の光学ドライブは、Blu-ray Discドライブ(DVDスーパーマルToshiba PA3634U-1BRSチドライブ機能搭載)かDVDスーパーマルチドライブかを選択可能だ。

 通信機能は、ギガビット対応の有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n対応の無Acer TravelMate 7740ZG-P604G50Mnss線LANを標準装備しており、BTOでは Bluetooth 3.0も追加できる。本体装備のコネクタは、USB 3.0とUSB 2.0ポートを2基ずつ、2in1メディアスロット(SDXC/SDHC/SD、MMCに対応)を装備。ディスプレイ出力としてMini DisplayPortとHDMI、アナログRGB出力を備える。このほか、サウンド端子が3基(マイク入力×1、ヘッドフォン/ライン出力×2)用意さ れている点も目を引く。液晶ベゼル上部には92万画素のWebAsus K43SY互換バッテリーカメラ(HP TrueVision HD Webcam)、パームレスト右に指紋センサーも装備する。

 ExpressCardスロットやeSATAポートは省かれAsus K43TA バッテリーているものの、USB 3.0ポートを2基装備するなど、最近のトレンドに沿った内容といえる。ちなみに、スタンダードラインのエスプレッソブラックモデルはUSB 3.0ポートを搭載せず、USB 2.0ポートが4基となり、指紋センサーも省かれる。液晶ディスプレイのサイズは15.6型ワイド、画面の表示解像度は1366×768ドットに対応している。Windows 7搭載ノートPCとしては標準的な解像度であるが、クリエイティブツールやCOMPAQ NX9005互換バッテリービジネスで表計算ソフトなどを扱う場合は、もう少し高い解像度があったほうが使 いやすい。基本スペックが高いだけに高解像度パネルの選択肢も用意してもらいたかった。

 液晶ディスプレイは、「ハードコートクリスタルビュー」HP COMPAQ NX9010 アダプタと呼ばれる、表面に光沢のあるクリア素材を張った、傷の付きにくいパネルを採用している。 光沢パネルだけに映り込みはあるものの、鮮やかで輝度も十分にある。視野角は広いとはいえず、特に上下で狭いと感じたが、ヒンジの角度が約165度まで開 くので、上からのぞき込むような場合でも見やすい角度に調整できる。

 ヒンジ部と本体前面に2組のステレオスピーカー(クアッドスピーカー)を内蔵しており、クリアな高音域と重低音を再現するEliteBook 2730p互換バッテリー「Beats Audio」に対応しており、音楽コンテンツや映画コンテンツを迫力のあるサウンドで楽しめる。キーボードはキートップのみが表面に露出しているアイソレーションタイプを採用しており、四隅に丸みを持たせたデザインだ。テンキー付きのためキーピッチ は一般的なフルサイズ(19ミリ) IBM ThinkPad R50互換バッテリーより若干小さめの約18.7×18.7ミリだが、ほとんど違いは分からない。ただ、右端のキーはテンキーとの距離が約5 ミリと近いため、慣れないうちはミスタイプしやすそうだ。キーストロークは約2ミリ、キーのスイッチの感触も悪くない。強めにタイプしてもたわみを感じる ことはなかった。なお、最上段のキーは音量調整などのメディア操作や、無線のオン/オフといったワンタッチボタン機能とファンクションキーの共用となっておHP EliteBook 6930p互換バッテリーり、標準 では前者が優先されている。ファンクションキーを利用するにはFnキーと最上段のキーの同時押しをする必要がある。この関係はBIOSセットアップで入れ 替えることができる。

 ポインティングデバイスは、標準的な2ボタン式HP COMPAQ 6730b バッテリーのタッチパッドを採用している。シナプティクス製のマルチタッチ対応ドライバが導入されており、2 本指での縦横スクロール、つまみズームなどの機能が標準で有効になっている。パッド部分の滑りはよいが、少し滑り過ぎという印象を受けた。クリックボタン もスイッチの感触はいまいとつで、安っぽい音がする。なお、タッチパッドは左上角のダブルクリックで有効/無効が切り替えられ、タッチパッド無効時はパッ HP Compaq nc6110互換バッテリード周囲のLEDはオフになる。

本体サイズは380×244×28.3~30(最厚部)ミリ、重量約2.68キロ。標準の8セルバッテリーで約8時間のバッテリー駆動を行える。 Sony VGP-BPS5互換OSは64ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)。付属ソフトウェアとして、Adobe Photoshop Elements 9およびAdobe Premier Elements 9などがプリインストールされている。

Commenter cet article