Asus N10Jアダプタ,PC電源

Publié le par chongtou

マウスコンピューターのゲーム専用ブランドAsus N80アダプタ 「G-Tune」の中で「NEXTGEAR-MICRO」シリーズは、microATXマザーを搭載するコンパクトなゲーミングPCだ。同シリーズにCPUクーラーを基本システムは13.3型モバイルノートのVAIO S(SA/SB)と同等で、CPUに通常電圧版の第2世代Core iシリーズ(開発コード名:Sandy Bridge)を搭載し、CPU内蔵グラフィックスとAMD製外部GPUのスイッチャブルグラフィックスシステムを採用する。もともとVAIO S(SA/SB)はDELL Latitude E6420アダプタ 、薄型軽量のモバイルノートPCとしてはトップクラスの性能を持っており、一般的なA4ノートPCと比べて見劣りはない。標準仕様モデルであるVPCSE19FJ/BのCPUは、Core i5-2430M(2.4GHz)を採用する。Hyper-Threadingに対応したデュアルコアCPUで4スレッドの同時実行が可能だ。また、 Turbo Boost 2.0により、高負荷時には最大3.0GHzまで動作クロックが上昇する。 ソニー直販サイトで購入できるVAIOオーナーメードモデルではAsus N80Vn互換バッテリー 、より高性能なCore i7-2640M(2.8GHz/最大3.5GHz)、Core i5-2540M(2.5GHz/3.2GHz)のほか、Core i3-2330M(2.2GHz)も選べる。ただ、詳細は後述するが、Core i3を選ぶと最大メモリ容量やグラフィックスなどの選択肢が制限される点に注意したい。 チップセットにはIntel HM65 Expressを搭載する。グラフィックス機能は、CPU内蔵のIntel HD Graphics 3000と、AMD Radeon HD 6470M(グラフィックスメモリ512Mバイト)の切り替え式だ。GPUの切り替えはVAIO SA/SBと同じく、キーボードの左奥に用意されたスライAcer TravelMate TM5740-X322HBFド式スイッチ「パフォーマンス?スイッチ」から手動で切り替える方式を採用している。スイッチには「SPEED」と「STAMINA」の2種類のモードが用意されており、これによりGPUと電源プランを同時に切り替える。具体的に は、SPEEDモードにするとGPUがRadeon HD 6470Mになり、Windows 7の電源プランもHP 520 アダプタ 「ハイパフォーマンス」に切り替わる。また、STAMINAモードではCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000が使われ、電源プランも「バランス」に切り替わる仕組みだ。それぞれのモードに割り当てられた電源プランは変更可能で、一度変更すればそのまま各 モードの設定として保持され、次回から反映される。なお、VAIOオーナーメードモデルは外部GPUとしてより高性能なRadeon HD 6630M(1Gバイト)を採用し、チップセットもInteFUJITSU FPCBP195互換バッテリーl HM67 Expressに変更される。ただし、CPUにCore i3を選んだ場合はこれを搭載することができず、Intel HM65 ExpressチップセットとRadeon HD 6470M(512Mバイト)の組み合わせになる。

 

が追加されたので紹介しよう。本体底部に内蔵するリチウムイオンバッテリーの容量は49ワットアワー(11.1ボルト 4400mAh)でDell KRJVC、公称のバッテリー駆動時間は約6.5時間(ソニーストア直販のVAIOオーナーメードモデルは約6~7.5時間)となっている。大画面のぶん、バッテリー容量が同じVAIO S(SA/SB)より駆動時間は少し短くなっているが、それでもこれだけの長時間駆動ができる15.5型クラスのノートPCというのは珍しいだろう。 VAIO S(SA/SB)Sony VGP-BPS8Aと同様、底面に追加で装着するシート型の拡張バッテリー(直販価格1万9800円)も用意されている。装着した状態では総重量が約 2.605キロ、厚さが33.3ミリまで増えるが、フルフラットなスタイルは維持され、バッテリー駆動時間は約13.5時間(VAIOオーナーメードモデ ルは約12.5~15時間)まで延びる。実際に拡張バッテリーを装着して総重量を実測したところ、約2.57キロと公称値より少し軽かった。放電は拡張バッテリーから、充電は標準バッテリーから行うように設定されており、拡張バッテリーは付属の(本体用の)ACアダプタに単体で接続して充電することもできる。このあたりの仕様はすDell 1ZS070C互換べてVAIO S(SA/SB)と同じだ。

 ACアダプタもVAIO S(SA/SB)に付属していたものと同等品だ。実測でのサイズは42(幅)×122(奥行き)×30(高さ)Asus N80Vcアダプタ,PC電源 ミリ、重量は約362グラムだった。A4 ノートPCの中には低コスト化も考慮して、必要以上にACアダプタが大きく、たまに持ちだそうと思ったときに困ってしまうような製品もあるが、そういう心 配はない。TERAやFF XIVといった最近のMMORPGを満足にプレイするためには高性能CPUとグラフィックスカードが必須だ。予算が潤沢にあるのなら、BTOを駆使して最 上位モデルをベースにハイエンドなパーツをガンガン搭載しDell 0M4RNN互換バッテリー、モンスターなスペックのPCを構成できる。当然その分価格もモンスター級の40万~50万円と いう価格になってしまう。上記のような高い金額をポンと出せる人であるならそれでいいが、いまのご時世、なるべく良いものをなるべく安価に欲しいと考えるのが普通だ。そうした人たちに向くのがNEXTGEAR-MICROシリーズだ。microATX仕様のSony VGP-BPS8B互換マザーのため拡張性が劣る部分はあるが、高い放熱性を持つオリジナルケースを採用して、PCの大敵である熱への対策が容易にできる点や、最低構成で6万円を切る価格設定となっている点などがポイントだ。 今回、NEXTGEAR-MICROシリーズでもさらなる性能を追求したいユーザー向けにCPUの水冷システムを標準HP ProBook 4525s互換バッテリーで組み込んだ水冷パソコンが 登場した。その中で最上構成となる「NEXTGEAR-MICRO im510PA1-Liquidプラチナモデル」(以下、im510PA1-Liquid)が入手できたので、さっそくぶん回してみた。im510PA1-Liquidが搭載するCPUは、SandyBridgeのCore i7-2600(3.40GHz)だ。コア数は4、Hyper-Threadingで8スレッドの同時実行が可能。TurboBoostにより4コア時は 3.4GHz、1コア時の最高クロックは3.8GHzとなる。HP ProBook 4720s ACアダプタ LGA 1155のCPUではCore i7-2600Kに並ぶ高いスペックのCPUで性能的な不満はないだろう。前述したようにSandyBridgeコアなのでグラフィックス機能を内蔵するが、今回は外部グラフィックス(NVIDIAのGeForce GTX 570)と組み合わされる。また、CPUクーラーが水冷システムになっており、高い静音性をキープしながらしっかりとCPUを冷やすことができるように なっている。Acer TravelMate TM5740-X522D アダプタ,PC電源

 im510PA1-Liquidには、microATX仕様のマザーボードが搭載される。マザーボードのメーカーはECS(日本エリートグルー プ)製で型番は「H67H2-M4」と表記されていた。CPU-Zの情報表示で「MCJ Co.Ltd.」となってることからもAcer aspire 5745g アダプタ,PC電源 、おそらく同社向けのOEM向け専用マザーボードであろう。チップセットはIntel H67 Expressでメモリースロットが4つある。メインメモリは、標準でDDR3-1066(PC3-10600)の4Gバイトモジュール×2枚の8Gバイ トだが、8Gバイトモジュールを4枚装着すれば最大32Gバイトまで搭載可能だ。搭載されるOSは大容量メモリを活用できる64ビット版の Windows7 HomePremiumである。インタフェースとしては、IOパネルToshiba Qosmio G55 互換バッテリー部にキーボード/マウス供用のPS/2ポート×1、USB 2.0が6ポートにUSB 3.0が2ポート、ギガビットLANポートにオーディオ関連のジャックが用意される。フロント側にUSB 2.0×2とヘッドとマイクジャックといった構成だ。ちなみにフロント側にあるUSB 3.0ポートは本体背面から延長ケーブルでフロントAsus X80Leアダプタ 側に引っ張ってくる格好になる。SPD/IF(光)やeSATAといったポートはないが必要十分といっ たところだ。ほかに3.5インチベイにマルチカードリーダー/ライターを搭載する。 CPUソケットはLGA 1155なのでクロックアップ耐性の高いCore i7-2600K(3.40GHz)に乗せ換えて水冷で冷やしつつ高クロックを狙う手が使える。Core i7-2600(3.40GHz)でもFSBを変更することでのクロックアップは可能だ(いずれも自己責任)。Dell 0FH4HR

先述したように、im510PA1-Liquidのグラフィックス機能は、内蔵グラフィックスではなく外部グラフィックスカードを利用する。HP HSTNN-LB1Z アダプタ,PC電源試用したマシンはEVGAのGeForce GTX 570(メモリ1280Mバイト)を搭載していた。静音性の高いグラフィックスカードなので水冷システムと組み合わせて、ハイパワーでも静かなPCに仕上がっている。なおPCI Express×16スロットは1スロットしかないため2way-SLIといったマ VGP-BPS10互換バッテリールチGPU構成にはできないのがやや残念なところだ。ちなみに、このグ ラフィックスカードの最大消費電力は約220ワットと高いが、850ワットの大容量電源を搭載しているので容量不足でシステムが不安定になる心配はなさそ うだ。NEXTGEAR-MICROシリーズ全体で使われているケースはかなり優秀で、エアフローを徹底的に考慮して作られている。フロント側に吸気用の 大口径ファンを2基搭載し、一気に空気を吸い込んだら、背面側のファLenovo 3000 Y500 ACアダプ ンで強制排気させるといったエアフローになっている。本体側面もメッシュ構造になって いるので空気の通りが非常によいのだ。

 また、メッシュ構造が幸いしてacer al10g31、ケース本体が非常に軽く仕上がっている。デスクトップPCを移動することなどほとんどないが、苦労せずに移動させ ることができる。このように標準でもかなり冷却性の高いケースに水冷システムが追加されているわけだから静音性と高い冷却性が両立するのもうなづけるだろ う microATXとはいえケース内部は広々としており、各部へのアクセスが簡単に行えるようになっている。電源は本体下部に置き、その上に microATXToshiba Portege R500互換バッテリー仕様のマザーが乗っかるレイアウトになっている。3.5インチベイは簡単にHDDが着脱可能になっているなどメンテナンス性も高い。

業務に必要な処理ができる端末を持ち歩きたい、と考えているビジネスパーソンにとって、持ち歩ける機能はなるべく多いほどよいFUJITSU FPCBP49バッテリー。とはいえ、24型の フルHD液晶とミドルタワー型PCを背負って持ち歩くわけにはいかない。そこで携帯性に富むコンパクトなノートPCといった選択肢が用意されているわけ だ。ただし、高機能かつ高性能を求めると値段もそれなりに高くなってしまう。かといって、安くて低スペックなHP 609881-321Netbookで我慢しようとすると、必要な機能が使えなくなってしまう。Netbookを持ち歩くくらいなら、 より軽くてサクサクと操作でき、バッテリーも長持ちするスマホやタブレットのほうがマシだ。しかも最近は、スマホやタブレット向けのWebサービス(ネッ トストレージやクラウドサービスなど)が充実してきており、そこそこビジネスでも活用できる環境が整いつつある。それらと連携させれば、できることが限ら れDell 5YRYV互換る低スペックのNetbookは必要ない。 ただ、スマホやタブレットで業務を完結するにも限界はある。業務上、作成中のデータをネットワーク経由でPCに送って処理する必要が出てきたりも するからだ。例えば、スマホやタブレットの専用アプリから業務用の新規データの送信は可能だとしても、修正や変更の必要が生じたデータを処理する場合、セ キュリティ上社内のPCからでしか行えないシステムになっていることがままある。Asus Z99Hバッテリーまた、単純に物理的なキーボードを持っていない点で、ノートPCに比べて 使い勝手は劣る。

 このように、スマホやタブレットAsus Z99J互換バッテリーが業務に取り込まれてきてはいるものの、最終的にはPCが必要といった環境に置かれている人が大半だろう。その結 果「スマホとノート」、「タブレットとノート」といった“2台持ち”や「スマホとタブレットとノート」という“全部持ち”まで登場してきている。スマホと タブレットのおかげでノートPCを持たずに済むようになるはずだったのに、どうしてか以前より持ち歩くデバイスが増えてしまった、なんて笑えない人もいるFUJITSU FPCBP116互換バッテリー かもしれない。スマホやタブレットは手元にPCがない場合に活躍してくれるが、その実、簡単にネットにつながって必要なデータのやり取りが行え、いざとなったら その場で処理できるWindowsノートPCが1台あれば、スマホやタブレットまで持ち歩く必要性は低くなる。さらに最近ではWiMAX、HSDPA、 LTEといったモバイル環境に向く高速インターネットサービスがノートPCでも手軽に導入できるようになった。昔のように街中で公衆無線LANの電波をう ろうろ探さなくてもノートPCを開けば即ネット、という環境が手軽に構築できるのだ。Toshiba Satellite A135バッテリー

 マウスコンピューターの「LuvBook S」 シリーズは、重さが約1.5キロと持ち運びも現実的な範囲に収まっており、Toshiba A80互換バッテリーかつ処理能力に優れるSandy Bridge世代のCore i3/i5/i7を搭載できるモバイルノートPCだ。MicrosoftのOfficeをプリインストールし、起動の高速なSSDやWiMAXの搭載と、 かなり使えそうなノートPCである。今回は、CPUがCore i7-2640M(2.8GHz)、メインメモリが8Gバイト、ストレージが80GバイトSSD、そしAsus Z99Jn互換バッテリーて先日追加されたWiMAXのオプションを搭載する「LuvBook S LB-S210X-WM」(以下、S210X)を使い倒してみた。

S210XはHP Compaq パソコンバッテリー、天板とパームレスト部分にアルミヘアライン加工を施し、カラーバリエーションとして用意されるブルー/レッド/シルバーの各色と、黒 のツートンカラーになっている。ボディのエッジに丸味を持たせた柔らかいフォルムだ。ちなみに、ディスプレイ部は背面側に130度までしか開かない。液晶 パネルは11.6型ワイドで解像度は1366×768ドットだ。外部出力用にアナログRGBとHDMIを持っているので、モバイル用途以外、例えば自室や オフィスの机上HP ProBook 4320s ACアダプタ ではより大型の外部ディスプレイに出力することもできる。キーボードはキーピッチが約17.5ミリ、ストロークが約2ミリの日本語86キー配列だ。Enterキーの近くとテンキーの周囲が若干小さめに なっている点が気になったものの、キーボードユニット全体の強度があるので、強めにタイプしてもキーがゆがむようなこともAsus N10互換バッテリー なく、全体的にはまずまずの打鍵 感であった。スマホやタブレットのソフトウェアキーと比べ、やはり入力のすばやさはハードウェアキーボードに分があると感じさせるのに十分な作りである。 ポインティングデバイスは、Synapticsドライバが導入されたタッチパッドで、反応もよく使い勝手に問題はなかった

インタフェース類は、本体右側面に外部ディスプレイ出力用Asus N10EバッテリーのアナログRGBとHDMI、ギガビットLAN、そしてマイクとヘッドフォン端子が並ぶ。左側面 は本体奥からUSB 2.0が2ポート、USB 3.0が1ポートの計3ポート、マルチカードリーダーが並ぶ。なお、冷却ファンの排気スリットが左側面に設けられており、通常利用時は気にならないもの の、負荷の高い処理を長時間続けると温風が吹き出してくる。名前からも分かるように、13.3型ワイド液晶を搭載するモバイルノートPC「Asus N10E-A1VAIO S(SA)」「VAIO S(SB)」の発展系で、モバイルノートPCの技術を大画面ノートPCへと転用し、大画面ながらスリムで堅牢なボディを備え、長時間のバッテリー駆動を可能にした興味深い製品となっている。

 今回は2011年10月8日の発売に先駆け、店頭販売向け標準仕様モデル「VPCSE19FJ/B」の試作機を入手できたので、Dell BATFT10L61互換バッテリー使い勝手や性能を検証していこう。モバイルノートPCで培った技術をフルに生かした大画面スリムノート一般にモバイルノートPCは薄くて軽く、バッテリー駆動時間も長いが、画面やキーボード回りが小さい。大画面ノートPCは、画面やキーボードが大 きくて使いやすいが、Lenovo ThinkPad T510アダプタ 厚くて重く、バッテリー駆動時間も短い。このVAIO S(SE)は、両者を「Crossover(交差すること、混じり合うこと)」させることで、それぞれの長所の両立を狙った製品だ。

 モバイルノートPCで培った薄型化?軽量化の技術を惜しみなく投入することLenovo IBM パソコンバッテリーで、快適な環境(性能、機能、使い勝手)をどこにでも持ち出せる大画面 ノートPCになっている。大画面ノートPCとしてはこれまでになかった、薄く、軽く、堅牢性も確保したボディは、見た目のよさや質感、所有感という部分で の高い付加価値にも大きく寄与している。ボディの外観はまさしくVAIO S(SA/SB)の大型版だ。特徴的なデザイン、フルフラットなフォルム、スリムさはそのまま、液晶ディスプレイのサイズに合わせて引き延ばDell BATE80L6互換したような印象を受ける。本体サイズは380(幅)×255.9(奥行き)×24.5(厚さ)ミリで、重量は約1.99キロ(VAIOオーナーメードモデルの最軽量構成は約1.87キロ)だ。実測での重量は約1.96キロと公称値よりわずかに軽かった。同じ2011年秋冬モデルのVAIO S(SB)は、13.3型ワイド液晶を搭載して本体サイズAsus N10Jアダプタ,PC電源 が331(幅)×224.5(奥行き)×23.9(高さ)ミリ、重量が約1.79キロなので、こ れに比べると、横幅が49ミリ、奥行きが31.4ミリと大幅にフットプリントが広がっている一方、厚さはわずか0.6ミリの増加にとどまっている。VAIO S(SA/SB)でおなじみの、断面が六角形となる「ヘキサシェルデザイン」も受け継いだ。マグネシウム合金を上下から包むように組み合わせており、デザ イン面だけでなく、軽量化と高剛性化にもHP WM06互換大きく貢献している。また、液晶ディスプレイのヒンジが使用時に見えないようデザインした「コンシールドヒン ジ」、アルミの1枚板から成形した美しいパームレスト/キーボード一体型ベゼルも健在だ。これだけフットプリントが大きくてもスカスカしたような感覚はなく、ソリッドに仕上がっている。外観と違HP 582215-241互換って内部はそのままというわけにいかなかったよう で、マザーボードの設計はVAIO S(SA/SB)と共通化しつつも、強度を確保するために内部の構造は別物となっている。具体的な数値は公開されていないものの、ほかのVAIOのモバイ ルノートPCと同じように、衝撃、振動、一点加圧、ディスプレイ開閉、落下などに対する耐久試験をクリアしているという。

Commenter cet article