ASUS B50A-AG129E互換バッテリー

Publié le par chongtou

p> 静止画の画質も高いレベルにある。約1677万色フルカラーの8ビット表ASUS B50A-AG066E互換バッテリー示に対応するのはもちろん、10ビットのルックアップテーブル(LUT) も持つ。約10億6433万色の中から最適な約1677万色をマッピングすることで、黒つぶれや白飛び、中間調の階調抜けがほとんどなく、スムーズにグラ デーションが描ける。EIZOの液晶ディスプレイがウリとする階調性の優秀さは健在だ。

 

 広色域表示は行えないもののASUS B50A-AG098X アダプタ,PC電源 、sRGBモードの色再現性は高く、EIZO独自のカラーマッチングツール「EIZO EasyPIX」(詳しくは後述)にも対応しているため、パーソナルなレタッチ用途なども快適にこなせるだろう。さらに、ビジネス向けモデルから搭載が始まった各種Eco機能(EcoView)も備えている。赤外線の人感センサーによる「EcoView Sense」は特に省電力効果が高く、画面の前からユーザーが離れたり、居眠りなどで動きがなくなるとASUS B50A-AG129E互換バッテリー、自動的にパワーセーブモードに移行してくれる優れ モノだ。画面の前にユーザーが戻るとパワーセーブから自動復帰し、誤動作はほとんどない。

 液晶ディスプレイとPCの電源が入っていても、Dell Inspiron 2600 バッテリーPCを使っていない時間は意外と多いが、こまめに自動パワーセーブしてくれるEcoView Senseならば、手間いらずで省エネと電気代節約、CO2削減が図れる。そのほか、周囲の明るさに応じて画面輝度を自動調整する「Auto EcoView」機能、画面上のOSDで省電力の度合いをインジケータ表示する「EcoView Index」機能も装備する。最後に基本スペックを簡単にまとめておこう。液晶パネルはVA系で、画面サイズは23型ワイドAsus A41-U36、画面解像度は1920×1080ドットのフルHD対 応だ。最大輝度は300カンデラ/平方メートル、コントラスト比は3000:Asus A42-U361、応答速度は黒→白→黒が25ms、中間調が7ms(オーバードライブ搭 載)となっている。オーバードライブは設定を変更でき、2段階に強度を変更できるのもポイントだ。

 フルHD解像度の画面は動画やゲームとの相性がよく、フルHD映像コASUS K73互換バッテリーンテンツを画面いっぱいにドットバイドットで表示できる。また、インターネッ トやオフィスアプリケーションといった一般的なPC用途でも1920×1080ドットの横に広い高解像度環境は快適に使えるだろう。インタフェースはアナログ接続のD-Subとデジタル接続のDVI-D(HDCP対応)の2系統に加えて、HDMI端子の搭載が見どころだ。最新ゲーム機 やBlu-ray DiscレコーダーなどのAV機器を接続できるうえ、PCとのHDMI接続もAsus N71J互換バッテリーサポートしている。複数のAV機器やゲーム機を所有している場合は、HDMI 切り替え機と併用すると便利だ。PC、ゲーム機、AV機器をまとめてEV2334W-Tに接続することで、日常の使い勝手が大幅に高まるに違いない。EV2334W-Tとの比較対象として検討したいのが、同じく23型フルHDモデルの「FlexScan EV2333W-H」だFujitsu FMVNBP178。基本的なスペックは共通化されており、8ビット対応の約1677万色フルカラーと10ビットのLUTを備えるため、階調表現は しっかりしている。

 EV2334W-Tとの主な違いは、HDMIの代わりにDisplayPortを搭載することHP 550互換バッテリー、Power ResolutionとPower Gammaに対応しないことなどだ。とはいえ、中間調の応答速度が7msというオーバードライブ回路を搭載しているため、動画やゲームの基本的な表示能力 には問題がない。 EV2334W-Tに勝っているのはスタンドの機能だ。EV2333W-Hのスタンド「FlexStand」は高さ調節の幅が大きく、画面の縦位 置表示もサポートする。アスペクト比9:16と縦に長い画面はWebブラウズや縦位置で撮影した写真データThinkPad R52 互換バッテリーの表示、文書作成などで重宝するに違いない。

 以上から、EV2333W-Hは、Toshiba PA3729U-1BAS動画やゲームより静止画の画質と使い勝手を重視するユーザー向けといえる。省電力機能のEcoView Sense/Auto EcoView/EcoView Indexの搭載や、スタンドの縦回転機能もあり、オフィスで上質なディスプレイを使いたいユーザーにも適している。フォトレタッチや動画編集、2D/3Dグラフィックスといったクリエイティブワークを主眼に置いたときに、最もこだわりたいのは、やはり画質と解像度だ。 PA3729U-1BRS互換バッテリー

 特に画質は、色域の広さ、色再現性の高さ、階調表現の正確さなど、高いレベルが要求される。また、Toshiba PA3730U-1BAS互換クリエイティブワーク向けの高機能なアプリケー ションは、画面上に多彩なツールパレットを表示する場合が多いため、高解像度であるほど多くのツールエリアやワークエリアを確保できて使いやすい。その魅力は、22型ワイドという比較的小型の画面サイズで、WUXGA(1920×1200ドット)HP G7000互換バッテリーの高解像度を実現したことだ。WUXGAの画面解像度を備えた製品は24型クラスがほとんどだが、設置スペースの都合で導入を断念していたユーザーも少なからずいるだろう。

 SX2262Wならば、従来のWSXGA+(1680×1050ドット)モデルと同じ22型ワFujitsu FPCBP145互換イドの画面サイズで、約1.3倍の情報量となる WUXGAを高精細に表示できる。フルHD(1920×1080ドット)と比較しても、縦の解像度が広がるので、作業効率は高まるはずだ。SX2262Wは高解像度でコンパクトに設置できるという、まさに日本の住宅事情にマッチした製品なのだ。続いて高画質を支える数々の機能を見ていこう。Dell Inspiron 2650互換バッテリーFlexScan SXシリーズはEIZOが誇るカラーマネジメント対応ディスプレイ「ColorEdge」シリーズの弟分に位置付けられるラインアップなので、ColorEdgeに次ぐ高画質を実現しているまずは色域の広さに着目したい。Adobe RGBカバー率95%、NTSC比92%という広色域は、このサイズの液晶ディスプレイではトップクラスだ(多くの製品はNTSC比72%程度)。 Adobe RGBモードで撮影したデジカメ写真の編集や、NTSCベーDell Latitude X300 アダプタの動画編集なども、高い色再現性で作業できる。最終出力までの作業効率も短縮されるだろう。

 さらに、色空間変換機能によってsRGB色域を正確に再現できるためASUS B50A-AG141E互換バッテリーWebコンテンツの制作など、sRGBベースの製作環境にも対応できるのが 頼もしい。写真の編集や印刷はAdobe RGBで、Webへの転載はsRGBで、といったように用途別に最適な色域を選択できる液晶ディスプレイは少なく、SX2262Wの大きな強みといえる部 分だ。インタフェースはデジタル/アナログ両対応のDVI-Iを2系統(ASUS B50A-AG142Eデジタル接続はHDCP対応)備えることに加えて、DisplayPortの採 用に注目したい。DisplayPortは10ビット入力に対応しており、グラフィックスカードやアプリケーションなどの環境を整えれば、最大約10億 7374万色もの表示を実現できる。8ビット環境と10ビット環境の違いは、下記の記事で詳しく検証しているので、併せてチェックしてほしい。また、12ビットのLUTを搭載し、8ビット表示のDVI接続では約680億色中から最適な約1677万色ASUS B50A-AG144E、10ビット表示となる DisplayPort接続では約680億色中から最適な約10億7374万色を表示できる。最近は10ビットのLUTを持つ製品が増えたが、12ビット のLUTではさらに高精度な階調表現が可能だ。Apple M8244互換

 独自のカラーマッチングツール「EIZO EasyPIX」にも対応し、黒に近いグレー、低彩度や低明度のカラーといった微妙な階調を判別できるのも、IBM ThinkPad T40 互換バッテリークリエイティブワークにとって心強い。そのほかにも、ColorEdgeから数々の高画質化機能を継承しているのは見逃せない。簡単に列挙すると、画面全体で輝度/色度の均一性を高める 「デジタルユニフォミティ補正回路」、電源オンから短時間で輝度を安定させる「Fujitsu FPCBP145AP輝度ドリフト補正」、経時変化による輝度変化を常に補正する「ブライトネス 自動制御」、周辺の温度で画面の色度が変化するのを抑制する「温度センシング」、輝度変化に伴う色度変化を抑制する「色度補正」などを搭載しているToshiba PA3730U-1BRS互換。広色 域パネルや12ビットのLUTとともに、どんな環境でも安定した高画質で使える安心感が手に入るのはありがたい。

 動画の表示に関しても、画面の明るさに応じてメリハリを効かASUS B50A-AG153Xせる「コントラスト拡張」や「輪郭補正」、中間調の応答速度6msを実現する「オー バードライブ回路」が備わっている。静止画のワークフローはもちろん、モーショングラフィックスや動画編集においても、その高画質をフルに発揮してくれる に違いない。低価格な製品には望むべくもない機能が満載で、高画質化機能のカタマリといえる1台だ。ASUS B50A-AG160X互換クリエイティブワーク用のディスプレイを設置するスペースに余裕があるならば、画面サイズが24.1型ワイドの「FlexScan SX2462W」もおすすめだ。解像度はSX2262Wと同じWUXGAだが、画面サイズが一回り大きいぶん、画面上の文字やアイコンなどが大きく表示さ れて視認性がよい。画像編集などでドット単位やそれに近い精密な作業を行うときには、高解像度とともに画面サイズも大きいほうが使いやすいものだ。Apple M8244G

 12ビットのLUT、10ビット入力に対応したDisplayPortインタフェース、デジタルユニフォミティAcer Aspire 5100 互換バッテリー補正回路や輝度ドリフト補正といっ た高画質機能は、FlexScan SXシリーズで共通化されている。SX2262Wに比べると、スペックに若干の違いがあり、輝度、コントラスト比、応答速度などが微妙に異なるが、これら の要素はクリエイティブワークを左右するほどの影響はないだろう。ただし、液晶パネルとAcer Aspire 5101 ACアダプタ 色域の違いは覚えておきたい。まず液晶パネルだが、VA系のSX2262Wに対して、SX2462WはIPS系だ。一般に IPS系の液晶パネルは視野角特性がVA系よりさらに優れており、画面をかなり斜めから見ても、発色(色度)がほとんど変化しない。

 FlexScanが採用するVA系の液晶パネルは視野角特性がよいため、少しぐらい斜めから画面を見Acer Aspire 3690 バッテリーても発色の違いは気にならないが、広い範囲で 色をチェックしながらのレタッチや、映像を再生して複数人で全体的な色をチェックするようなシーンでは、IPS液晶パネルの広視野角が生きてくることもあ りそうだ。

 SX2462Wは色域も広く、Adobe RGBカAcer Aspire 5680 アダプタバー率98%、NTSC比102%を誇る。Adobe RGBモードで写真を撮影しても、色域の限界までカラーを使い切ることは滅多にないため、実質的にAdobe RGBのほぼすべての色を再現可能と思ってよいだろう。大画面で厳密なカラー作業を行いたいユーザーや、広色域や広視野角に魅力を感じるユーザーは SX2462Wが最適だ。SX2262Wほどの高画質化機能は求めないが、22型ワイドの画面サイズとWUXGAの高解像度が欲しいというユーザーにはInspiron 300m互換バッテリー、「FlexScan S2242W-H」を推したい。各種の高画質化機能やDisplayPorを装備しないぶん、比較的手ごろな価格で購入できる。

 スペックは十分に高く、VA系の液晶パネルを採用し、ThinkPad T41互換バッテリー色域はSX2262Wと同等のAdobe RGBカバー率95%、NTSC比92%と広い。10ビットのLUTも搭載し、EIZO独自のカラーマッチングツール「EIZO EasyPIX」にも対応済みだ。最大輝度とコントラスト比はS2242W-Hが上回っており、応答速度がSX2262Wと同様に高速な点からも、動画や ゲームの表示に強い。FlexScan SXシリーズがクリエイティブワーク向けの高画質指向ならば、S2242W-Hはより幅広い一般ユーザー向けのモデルといえる。Asus N71Ja互換バッテリー輝度をかなり低く設定でき たり、Auto EcoViewやEcoView Indexに対応し、縦位置表示が可能なSX2462Wと同じスタンドを採用するなど、SX2262Wの下位に位置するモデルながら、細かい使い勝手は申 し分ない。EIZOはワイド液晶ディスプレイのカラーマネジメント環境にも力を入れている。カラーマネジメントを行うことでASUS B50A-AG166X互換、液晶ディスプレイの性能を存分に引き出し、色再現性の向上や、画面と印刷用紙のカラーマッチングが実現できるのだ。

 従来、カラーマネジメントは業務レベルのシステムで、一般ユーザーにはハードルが高かった。ASUS B50A-AG169Xバッテリーしかし、EIZO独自のカラーマッチングツール 「EIZO EasyPIX」(以下、EasyPIX)を使えば、カラーマネジメントの初心者やライトユーザーでも、手軽に環境を構築することが可能だ。 EasyPIXには対応モデルが定められているが、半数以上のEIZOのFlexScanワイド液晶ディスプレイで利用できる。 EasyPIXは、ASUS B50A-AG171X画面の色を測定する専用センサー(EX1)と、専用ソフトウェアをセットにしたパッケージだ。専用センサーで画面の色を測定し ながら、専用ソフトウェアを使って発色を調整していく。結果はICCプロファイルとしてOSに登録されHP Pavilion dv2100互換バッテリー、同じくICCプロファイル対応のアプリケーション を使うことで、最適な色再現性で作業できるようになる。

 2009年11月25日には専用ソフトウェアのInspiron 500互換バッテリー最新版「EIZO EasyPIX Ver.1.1」の無償配布が開始され、対応機種のユーザーであればマッチング(用紙の白色を目視で調整)機能を無料で試用できるようになったのも見どこ ろだ。また、EasyPIXパッケージ版のユーザーはVer.1.1を導入することで、用紙の白色をセンサーで測定する機能と、以前調整した同じ目標値で キャリブレーションを行える再調整機能が新たに利用できるようになる。以上、EIZOのワイドInspiron 3700互換バッテリー液晶ディスプレイ最新ラインアップから、特に注目したい最新モデルを紹介した。今回取り上げたモデルは、画質、機能、使い勝手のあらゆる面でワンランク上の快適な環境を提供してくれるはずだ。

 このほかにも、EIZOのWebサイト Latitude C500互換では、グラフィックス、エンターテインメント、CAD?Web?動画、ビジネスといった用途別、そして画面サイズ別でラインアップが分類されている。どのようなニーズを持ったユーザーでも、自分にぴったりのモデルを見つけられるだろう。 モノにこだわるユーザーにとってはもはや常識だろうが、液晶ディスプレイは毎日のように利用し、さらに比較的長い期間使い続けるものなので、でき るだけ高品質な製品を選んだほうがDell Latitude C510互換、中長期的に見てさまざまな面で効果的だ。日ごろの使い勝手や作業効率、満足度、ひいては疲労やストレスの軽減にまで影 響してくる。本記事を高品位なワイド液晶ディスプレイ選びの一助としてもらえれば幸いだ。

応答速度は5ms、輝度は300カンデラDell Latitude C540 ACアダプタ /平方メートル、コントラスト比は1000:1(ACM ON時で80万:1)。出力2ワット×2のステレオスピーカーを内蔵、本体サイズは575(幅)×195(奥行き)×418(高さ)ミリ、重量は5.2キロ。そのほかにも、先週は板モノの新製品が目立っていた。クリエイティブから登場したのは「PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium HD」。価格は2万円弱だ。サウンドカード「Sound Blaster」シリーズの新製品で、Dell Latitude C600互換バッテリー接続はPCI Express x1。SN比122デジベルを実現し、コントローラーチップに「X-Fi」を採用している。TSUKUMO eX.は「サウンド出力のリソースを分散化させたいゲーマーの方や、音にこだわる人に人気があります。サウンドカードとしては高価ですが、高級オーディオ と同じ部品を使っているだけあって、モノは非常にいいですよ」と語る。Asus N71Jq互換

 マザーボードでは、ASUSTeKのOpteron 6100シリーズ用マザー「KGPE-D16」が登場。ADell Latitude C610互換バッテリーMD SR5690+SP510チップセットを搭載し、2個のCPUを使う8/12コア構成のOpteronが搭載できる。メモリスロットはDDR3タイプが 16基で、PCI Express x16スロットを3基備える。T-ZONE.PC DIY SHOPでは初回限定でPCI Express x1接続のサウンドカードをオマケにつけるという。価格は5万7800円だHP Pavilion dv2200 アダプタ同店は「初回入荷したのは国内でウチだけという話です。まあ、数は出ないで しょうが、合計24コアが実現できるモンスターマザーだけあって、ほしい人はいるでしょう。仮想マシンを駆使する人にオススメですね」。PA3820U-1BRS

 そのほか、ギガバイトから新リビジョンのX58マザー「GA-X58A-UD5 rev. 2.0」Asus K53E-A1バッテリー「GA-X58A-UD3R rev. 2.0」と、P55マザー「GA-P55-USB3 rev. 2.0」が登場した。価格は順に3万3000円弱と2万4000円弱、1万6000円弱となる。いずれも、従来版に加えて、電源オフの状態でもUSB機器 を充電する機能と、iPhoneやiPadなどを急速充電できる機能を追加している。ソフマップ秋葉原本館は「iPhoneユーザー以外Asus K53Eの人でも、電源オ フのときに充電できるというのは意外と便利だと思います。この機能になれたら戻れなくなるでしょうね。これから自作マシンを組む人にはちょっとしたアドバ ンテージになるでしょう」と話していた。

Commenter cet article