Acer TravelMate 5335互換バッテリー

Publié le par chongtou

HP Folio 13-1000のソフトウェア環境はシンプ vgp-bps2a バッテリー Sonyルにまとまっている。OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)をプリインストール。付属ソフトにオフィススイートは含まれず、動画再生の「Cyberlink PowerDVD 10」やWebカメラ撮影の「Cyberlink YouCam」のほか、HP独自のユーティリティを備えている。 独自ユーティリティについては、設置環境によってパフォーマンスやファンコントロールを細かく制御することで、ボディ表面の温度が上がりすぎない ようにする「HP CoolSense」機能、主に日本でのニーズに応え、設定した時間内はACアダプタ接続時でも内蔵バッテリーで駆動するToshiba 互換 PA3609U-1BRS「HP ピークシフト」機能を用意しているのがポイントだ。

HP Folio 13-1000の基本スペックをおさらいすると、CPUはTDP(熱設計電力)が17 互換 PA3589U-1BRSワットの超低電圧版Core i5-2467M(1.6GHz/最大2.3GHz)、チップセットはIntel HM65 Express、メモリは4Gバイト(PC3-10600/増 設不可)、ストレージは128GバイトSSD、グラフィックスはCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000となっている。Windows 7の性能評価機能であるWindowsエクスペリエンスインデックスのスコアは、Dell 互換 Inspiron 15 (1564)バッテリー下に掲載した画面の通り。Intel HD Graphics 3000によるグラフィックスのサブスコアがほかより低くなっているが、プライマリハードディスクの7.5という値をはじめ、全体的に高めで安定してい る。通常のPC作業を快適にこなせるパフォーマンスだ。SSDを搭載したほかのUltrabookと同様、Windows 7やアプリケーションの起動、スリープ状態からの復帰も素早く、待たされる印象はない。ACアダプタ Dell 15

 高いスコアを獲得したSSDのパフォーマンスは、CrystalDiskMark 3.0.1(ひよひよ氏作)でも調べてみたHP KU529AA互換。シーケンシャルリード/ライトは飛び抜けて高速というわけではないが、ランダムリード/ライトも含めて全体と しては弱点のない高性能を発揮している。4Kランダムライトでもスコアが落ち込んでおらず、この価格帯のUltrabookとして満足できる結果だ。システム全体のパフォーマンスを調べるアプリケーションLenovo IdeaPad Y460互換バッテリーベースの定番ベンチマークテストであるPCMark Vantage x64およびPCMark 7、3Dグラフィックス性能を総合的に評価する3DMark06と3DMark Vantage、ゲームベンチのモンスターハンターフロンティア(MHF)ベンチマーク【絆】とストリートファイターIVベンチマークも実行した。

 参考までに、PCMark Vantage x64のテスト結果は、Acer Aspire 3690 ACアダプタ これまでPC USERで取り上げた主要な13.3型UltrabookとMacBook Airのスコアも併記している。テスト結果はWindowsエクスペリエンスインデックスと同じ傾向だ。3Dグラフィックス関連のテストは振るわないが、描画負荷がそれほど高く ないカジュアルなゲームタイトルであれば対応できるだろう。高速なSSDに助けられ、Core i5搭載のUltrabookでは総合的なパフォーマンスが高い。価格まで考慮すると、パフォーマンス実消費電力はFujitsu FPCBP82互換、電力プランをHP推奨モードおよび省電力モードにしたアイドリング時において、ワットチェッカー読みで約12ワット、高負荷動作時 (3DMark06+外部GPU動作時)で約51ワット、フルHD解像度のMPEG-4 AVC/H.264動画再生+輝度を最大にした状態で約21ワットだった。PCゲームや映像再生を行うと消費電力はASUS Eee PC 1201P互換バッテリーやや高くなるが、普段は40ワットクラ スの白熱電球1つより低い消費電力で動作することが伺える。

 本機は、家の中で手軽に持ち出し、好きな場所で楽しめる“ホームモバイル”の使い方を提案するASUS Eee PC 1201PN 電源 モデルだ。実動約4時間という値は、常に持ち歩くリ アルモバイルPCとするなら短いものの、ホームPCとして屋内/家庭内で使うなら及第点だ。映画タイトルを1~2本視聴できるほどとなればそこそこ贅沢な 値と思われ、別途数千円前後より購入できるUSB接続の地デジチューナー機器を用意してプライベートルーム用ASUS Eee PC 1201T バッテリーの地デジPCに仕立てるのもよいし、昼間の電 力ピーク時にバッテリーで動作させるシーンにも対応できるだろう。これまで、数万円台と比較的手軽に購入できる価格帯のPCは、絶対的なPCとしてのパフォーマンス、グラフィッASUS PRO23 (All)互換バッテリークス性能、メモリやストレージ容量、 搭載インタフェースの種類?数など、何らかの妥協点が見つかることがあった。しかしHP Pavilion dv4-3100は、あとは何があれば……と考えるほどベーシックノートPCの範囲においてバランスよく仕上がっている。

 性能?仕様?インタフェース?操作性?Asus u53jc-xx108v画面サイズ?重量?バッテリー動作時間、多くの購買ポイントで平均点以上と評価でき、価格についてはかなり 高いポイントが与えられる。何しろ最小構成仕様(スイッチャブルグラフィックス+Pentium B940+2Gバイトメモリ+250GバイトHDD+DVDスーパーマルチ)で4万9980円から、今回の評価機構成(スイッチャブルグラフィック ス+Core i5-2410M+4Gバイトメモリ+500GバイトHDD+BD-ROM/DVDスーパーマルチコンボ)Asus u53jc-xx086v互換と同じ「dv4-3117TX ルビーレッド?ブルーレイROMモデル」でも6万3000円である。

 グラフィックス性能は、AMD E-350/Radeon HD 63Acer 5542G互換バッテリー10(dm1-3000)の1.5~2倍程度。PCMark05や3DMark06のゲームスコア(SM2.0、HDR/3.0)などでは、第2世代 のCore iシリーズが内蔵しているIntel HD Graphics 3000に近いスコアが出た。FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3、ストリートファイターIVベンチマークもやはりIntel HD Graphics 3000搭載機に近いが、こちらは逆に少し上のスコアが出ている。バイオハザード5ベンチマーク(DirectX10/ベンチマAcer 5542アダプタ,PC電源 ークテストB)も実行して みたが、20fpsと快適にプレイするには少し足りないレベルだった。バッテリー駆動時間のテストは、BBench 1.01(海人氏?作)で行った。BBenchの設定は「60秒間隔でのWeb巡回(10サイト)」と「10秒間隔でのキーストローク」の組み合わせだ。 無線LANでインターネットに常時接続し、WebブラAcer TravelMate 5340GバッテリーウザはInternet Explorer 8(32ビット版)を利用している。Windows 7の電源プランは「HP推奨」に設定したが、ディスプレイ輝度がデフォルトで70%と高く設定されていたため、40%に下げて計測した。

 この条件でのバッテリー駆動時間は、残量9%で休止状態へ移行するまHP HSTNN-FB21で3時間51分だった。公称値の6時間に比べると短いが、常時接続の環境で4時間近く持つならば、ホームモバイル用途でも十分実用的だ。 静音性はかなり優秀な部類に入る。アイドル時でも動作していることが分かる程度の音はするが、負荷をかけてもあまり変動しない。発熱の処理も優秀 で、高い負荷をかけた直後でも表面の手が触れる部分はすIdeaPad S10-3S互換バッテリーべて体温以下で不快になることがなかった。底面の最も温度が高い部分でも40度以下にとどまってい たことから、Fusion APUの発熱自体が低いと思われる。g6-1100の価格は冒頭で述べた通り、最小構成で3万9900円からだ。今回試用したのもその最小構成だったが、各種ベンチマークテストの結果はご覧いただいた通り不満がなく、にわかには信じがたいコストパフォーマンスの高さだ。

 一般的な用途でWindows 7を使うのに十分なパフォーマンスに加えてHP HSTNN-XB22、バッテリー駆動時間、静音性、放熱性なども優秀で、バリューノートPCとしては文句のない仕上がりだろう。 初めてPCを買う人の入門機としてもおすすめできるし、Netbook(モバイル利用しない場合)からのステップアップとして購入しても快適さが実感できるに違いない。優秀といえる。日本ヒューレット?パッカード初のUltrabook「HP Folio 13-1000」がAsus K72JK互換

、2012年2月初旬に発売される。Ultrabookならではの薄型軽量ボディに、Core i5と128GバイトSSD、13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、直販価格は7万9800円に抑えたコストパフォーマンスの高さが魅力だ。もちろ ん、価格以外にもHPらしいこだわりが各所に見られる。HP HSTNN-XB23

 ボディはアルミニウムとマグネシウム合金を採用することで、薄型軽量と堅牢性を両立している。またLENOVO IdeaPad U160互換バッテリー、金属素材は見た目の高級感アップにも一役買っ ている。特に天面とパームレストは上品なヘアライン加工が施されたアルミニウムを用いており、指紋が付きにくく、美しい仕上がりだ。液晶ディスプレイのフ レーム部と底面はマットでしっとりした質感に仕上がっている。こちらは少し指紋が付きやすいLENOVO U165互換バッテリー。本体サイズは318.5(幅)×220.2(奥行き)×18~20.3(高さ)ミリ、重量は約1.5キロだ。実際に重量を計測したところ、 1.497キロとほぼ公称値通りだった。13.3型のUltrabookでは重いほうだが、そのぶん全体に剛性感のあるカッチリした作りで、液晶ディスプ レイの端をつまんで開閉したり、パームレストの手前を握って持ち上げてもボディがたわむようなことはない。フラットなボディはバッグの中で収まりがよく、 持ち運びがしやすいInspiron 1570n 互換バッテリ Dell

内蔵バッテリーは多くのUltrabookと同様、Asus u53jc-xx049x互換ユーザーが着脱できない仕組みだ。6セルのリチウムイオンバッテリーを採用し、公称のバッテリー駆動時間は約9時間(JEITA測定法ではなく、MobileMark 2007による計測値)とされている。 付属のACアダプタは、突起部を除くサイズが45(幅)×108(奥行き)×29(高さ)ミリとコンパクト。電源ケーブルに加えて、コンセントに 直接つなげるウォールマウントプラグが付属し、総重量は電源ケーブル接続時で373グラムAsus u53jc-a1互換バッテリー、ウォールマウントプラグ接続時で299グラムだった(いずれも 実測値)。電源ケーブルはACアダプタとの接続部が3ピンで太いため、携帯時にはウォールマウントプラグを持っていくのがいいだろう。

ちなみに、本機のグラフィックス機能はCPU統合Asus u53jc アダプタ,PC電源 のIntel HD Graphics 3000と、外部GPUであるRadeon HD 6750Mを切り替えて使用できる「スイッチャブルグラフィックス」仕様である。これにより、省電力/低発熱で動作させるならCPU統合グラフィックス、 高いパフォーマンスを得たいなら外部GPUをというように、用途や利用シーンに合わせて半自動的に切り替えて利用できる。 こちらはグラフィックス機能の設定ツール「Catalyst Control Center」より、特定のアプリケーショAsus u53j互換バッテリーンを外部GPU(ハイパフォーマンス)で動作させるよう個別指定することも可能だ。同価格帯のベーシックPCの 多くはCPU統合グラフィックスの仕様にとどまるため、同じ価格でより高いパフォーマンスを望むならかなりの評価ポイントとなる。

 ベンチマークテストとして、外部GPUの有効/無効Acer TravelMate 5340 バッテリー(CPU統合グラフィックス)別、および同世代のCPUを搭載する他機種と比較したところ、3D描画性能を計るテストでそこそこの差が付いた。比較対象としたVALUESTAR W VW770/ESは本機より上位のCore i7-2630QM(クアッドコア/2GHz/最大2.9GHz)を採用しつつ、グラフィックスはCPU統合のIntel HD Graphics 3000とする仕様だが、3DMark06で140%ほどスコアが上回った。また、Catalyst Control Centerで外部GPUの有Acer TravelMate 5335Z アダプタ 効/無効で比較した3DMark Vantageの結果も130%ほどスコアの向上に結び付いた。半面、旧世代のゲームとなるFINAL FANTASY XI Official Benchmark3は、比較PCとのCPU性能の差がそのままスコアの差として表れている。

バッテリー動作時間はカタログ値で約6時間である。Asus u53f互換バッテリーバッテリー動作時間のベンチマークテスト「BBench 1.01」(海人氏作)で測定した(測定条件は、初期状態設定の60秒間隔でのWeb巡回と10秒間隔のキーストローク。通信は、評価機都合により WiMAXルータ AtermWM3500RをリモートNDISデバイス/USBモデムとしてUSB接続したWiMAX環境で行った)ところ、電源プラン:省電力で約253 分(約4時間13分)、同ハイパフォーマンス+Internet Explorerを外部GPU動作とするよう設定Asus u53互換した状態で約184分(約3時間4分)動作し、残量7%で休止状態に移行した。 基本スペックは、CPUがTDP(熱設計電力) 17ワットの超低電圧版Core i5-2467M(1.6GHz/最大2.3GHz)、チップセットがIntel HM65 Express、メモリが4Gバイト(PC3-10600/増設不可)、ストレージが128GバイトSSD、グラフィックスがCPU内蔵のIntel HDAcer TravelMate 5335G互換バッテリー Graphics 3000だ。この価格のUltrabookとしては健闘しており、全体のバランスが取れている。光学ドライブについては、オプションで外付けのDVDスー パーマルチドライブ(4200円)が用意されている。通信機能はIEEE802.11 b/g/nの無線LAN、1000BASE-Tの有線LAN、Bluetooth 4.0を内蔵。インタフェース類は本体の左右側面に分けて配置しており、HDMI出力、USB 3.0×1、USB 2.0×1、ヘッドフォン出力/マイク入力兼用ポートAcer TravelMate 5335互換バッテリー、有線LAN(RJ45)、SDHC/SDXC対応SDメモリーカード/MMCスロットを装備する。 Ultrabookではボディの薄さを追求する一方、小型の端子を採用する製品も見られるが、すべて汎用性の高いフルサイズの端子を採用しているのは見逃 せない。そのほか、液晶ディスプレイの上には約92万画素のWebカメラを備えている。バッテリー駆動時間の公称値(MobileMark 2007による)Asus u52f-bbl5互換バッテリーは約9時間だ。ユーザーがバッテリーを交換できないHP Folio 13-1000では、どれだけ長時間駆動できるかがモバイルシーンで重要になる

Commenter cet article