Acer as10d81互換バッテリー

Publié le par chongtou

「ENVY15-3000」は、HPの高級ブランドであるDell Vostro A840互換バッテリー「ENVY」の名を冠した15.6型ワイドノートPCだ。先に掲載したフォトレビューでも触れているが、ENVY15がまとうフルメタルの外装や各所にこらされたギミックは、PCという道具を越えて感性に訴えかける存在感がある。今回は実際の使い勝手やパフォーマンスをチェックしていこう。その前に1点、前回のフォトレビューに対して「MacBook Proにそっくり」という声がいくつか上がっていたので、デザインについて補足しておきたい。確かに、このクラApple A1057スでアルミ削り出しのボディを採用した製品 といえば、「MacBook Pro」を思い出すかもしれないDell Vostro A860 アダプタ 昨今のノートPCで潮流になりつつあるUltrabookが、アルミユニボディの精密な成形技術で話題を呼んだ 「MacBook Air」の影を引きずっているように、ENVY15もアップルのデザインを連想させる部分はある。

 しかし、ENVY15が「MacBook Proの(デザインの)コピーFujitsu FMVNBP135互換バッテリー」であるかのような指摘は、まったくあてはまらないと筆者は思う。それはたんに、天板がつや消しの黒だからとか、キーボード の枠を赤く縁取っているからといった、分かりやすく目につく違いだけではない(むしろ“似せすぎない”ためのデザイン――例えば天板の加工を変える――を 採用したことで、かえってオリジナルFujitsu FMVNBP136 ACアダプ の存在を強く意識させてしまう製品もある)。ENVY15を試用して強く感じたのは、金属の質感を生かす流行りのデザ インにただ追従したのではなく、あくまで「どうすればユーザーが心地よく使えるか」を考えた結果として、このデザインがあるということだ。

 HPが初めて採用した「ラディエンス?キーボードDell Alienware用ACアダプタ,PC電源 」は、ユーザーがマシンの前に座り作業を始めようとすると波打つように光って応えてくれるが、そ れ自体が面白い仕掛けというだけでなく、すべてのキーに白色LEDが埋め込まれているため明るい場所でもキートップの文字を視認しやすい。また、ボディの エッジは美しく面取りされ、デザイン上のアクセント(光の加減で影が落ちる)になっていると同時に、パームレストに置いた手のつけ根が痛くならないための 配慮にもなっている。Toshiba PABAS178互換

実際にENVY15を手にとってみればLenovo Thinkpad L512 アダプタ,PC電源、それが何かの真似ではなく、ほかでもない「ENVY15のデザイン」であることは分かってもらえると思う。外観の 印象は個人に委ねられる部分ではあるが、自宅でアップル製品に囲まれている筆者にとっても、ENVY15がとてもかっこよく感じられたことは改めて強調し ておきたい。ENVY15-3000は、直販向けと量販店向けで2つのモデルが存在する。下の表でも分かるように、直販のDirectplusモデルのほうがハードウェアスペックは高い。DELL Alienware P08G アダプタ,PC電源 また、これだけ構成に差があるにも関わらず、価格差は1万円ほどしかないため、直販モデルのほうがはっきりとお買い得だ。そのためここでは直販のHP ENVY15-3001TX(高速SSDモデル)を取り上げている。

HP ENVY15-3001TXの基本スペッAcer Aspire 5330 ACアダプタ クをおさらいすると、CPUがCore i7-2670QM(2.2GHz/最大3.1GHz)、メモリが8Gバイト(PC3-10600)、ストレージが300GバイトSSD、グラフィックス はDirectX 11をサポートするRadeon HD 7690M(1GバイトGDDR5)、そしてスロットイン式のDVDスーパーマルチドライブという構成だ。スペック固定のため、BTOでBlu-ray Discドライブを選択することはできないが、標準でもメインマシンとして不満のない内容といえる。 PA3818U-1BRSまた、ソフトウェアとしてAdobe Photoshop Elements 9とAdobe Premier Elements 9がプリインストールされており、追加費用なしですぐに画像編集やビデオ編集を始められるのもうれしい。

主力機種となるLIFEBOOK AHシ リーズは、Acer TravelMate TM5740-X522DOF アダプタ,PC電源 15.6型ワイド液晶搭載のオールインワンノートPC。2011年秋冬モデルより使いやすさやボディデザイン、基本システムを継承しつつ、高速 なクアッドコアCore i7搭載モデルからワイヤレステレビチューナー付属モデル、低価格なスタンダードモデルまで豊富なラインアップを擁する。ハイスペックモデル 「LIFEBOOK HP HSTNN-CB1Q互換バッテリーH56/E」に新色のアクアブルーを追加し、多くのモデルでCPUを強化した。 LIFEBOOK SHシリーズは、13.3型ワイド液晶搭載のモバイルノートPC。光学ドライブを搭載しながら、薄型軽量を重視した設計が特徴だ。店頭向けの全モデルにSSDを採用し、ラインアップ全体での性能強化を図っている。

 NetbookのLIFEBOOK MHは、2011年春モデルから約1年ぶりDell Studio XPS 13ACアダプタ に新機種が登場。10.1型ワイド液晶を搭載した約1.29キロのボディはそのままに、標準で大容量バッテリー(約11.4時間駆動)を搭載しつつ、HDD容量も増やした。デスクトップの主力機種は、23型ワイド/20型ワイド液晶一体型のESPRIMO FHだ。3D立体視対応の上位2機種を継続販売する一方、液晶ディスプレイのフレーム部と画面に Studio XPS 1340 アダプタ 境目がないフルフラットファインパネル採用の23型ハイスペックモデル「ESPRIMO FH77/ED」に、広視野角のIPS方式を採用した。20型モデルはCPUを強化している。

 ESPRIMO EHは、AMD Fusion APUを採用したエントリー向けの20型ワFujitsu FPCBP112互換バッテリーイド液晶一体型PC。2種類のカラバリはそのままに、ボディデザインを刷新し、小型化と軽量化を果たした。本体サイズは490(幅)×180(奥行き)×373(高さ)ミリで、重量は約5.8キロだ。

 セパレート型のESPRIMO DHは、LENOVO ThinkPad Edge E425互換バッテリー下位モデルの液晶ディスプレイを22型ワイド(1680×1050ドット表示)から20型ワイド(1600×900ドット表示)に変更しつつ、CPUやHDDを強化した。上位機は付属の24型ワイド液晶はそのままに、HDD容量を増やしている。それでは各種ベンチマークテストでENVY15-3001TXの性能を評価していこう。まずはWindowsエクスペリエンスインデックスから。結果を見 ると、プロセッサが7.5、メモリが7.6、プライマリハードディスクが7.6とFujitsu Siemens Amilo Xi2550 アダプタ,PC電源 、全体的に高いスコアとなっている。また、グラフィックスは、外付けの Radeon HD 7690MとCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000が自動で切り替わる「スイッチャブル?グラフィックス」に対応するため、BIOSでこれを無効(Radeon HD 7690M動作)にした結果も掲載した。いずれにせよFujitsu FPCBP112APWindows 7の操作に不満のない性能を備えていることが分かる。特に300GバイトのSSDを採用している点(評価機はIntel製 「SSDSA2BW300G3H」を搭載していた)は、OSの起動やスリープからの復帰が高速なうえに十分な容量も確保しており、ENVY15を直販で購 入する動機の1つになるだろう。なお、SSDを性能をCrystalDiskMark 3.0.1(ひよひよ氏作)で計測したところ、シーケンシャルリード/ライトで200Mバイト/秒を超えたDell Inspiron 11zACアダプタ 。SATA 3.0(6Gbps)に対応した最新SSDには速度で劣るものの、容量や価格も考えるとバランスのとれた構成といえる。

 続いて定番ベンチマークソフトであるPCMark Vantage(x64)とPCMark 7Asus M50Sr アダプタ 、3DMark06、3DMark Vantage、3DMark11を実行した。また、ゲームベンチとしてFINAL FANTASY XI Official Benchmark 3とFINAL FANTASY XIV Official Benchmark、およびCUSTOM MAID 3Dを(なんとなく)試してみた。なお、こちらもスイッチャブル?グラフィックスをオフにした状態で計測している。

 結果を見ていくと、クアッドコアCPUや外付Lenovo ThinkPad E520互換バッテリーけGPU、大容量SSDといった死角のない構成のおかげで、PCMark Vantageの総合スコアは1万5000超え、PCMark 7も4000弱と、コストパフォーマンス重視のデスクトップPC程度なら軽く上回るスコアを残している。

 1920×1080ドットのフルHD表示に対応した液晶ディスプレイはFujitsu Siemens Amilo Pi 3560 ACアダプタ,PC電源 、同社が「ハードコートクリスタルビュー」と呼ぶ光沢パネルで、写真や映像 を表示した際の見栄えがよく、高解像度の広いデスクトップ環境はオフィス系ソフトを使う際の作業効率も高い。光沢仕様のために外光反射は目立つが、パネル の角度を調整することである程度は映り込みも抑えられるAcer TravelMate TM5740-X522DPFアダプタ ちなみにパネルの角度は後ろに140度くらいまで開ける)。また、Dr.Dre(ドクター?ドレー)とのコラボレーションで生まれた、おなじみの「Beats Audio」も特徴の1つだ。特にENVY15では、6つのスピーカーと2つサブウーファが搭載されており、ノートPCとは思えない豊かなサウンドを楽し ませてくれる。フルHD表示に対応した液晶ディスプレイとあいまって、エンターテインメントPCとしての適正は抜群といえる。Fujitsu FMVNBP133互換バッテリーなお、右側面に搭載されたア ナログボリュームダイヤルを押し込むと、サウンドをチューニングできる「Beats Audio」ソフトウェアが起動する。イコライザーは3つのプリセット(Beats Active NR/Beats In-Ear/Beats Passive)およびカスタムで、好みの設定をプリセットとして保存しておくことも可能だ。

キーボードは英語配列の85キーが並ぶ。Lenovo ThinkPad W520互換バッテリーキートップが15ミリ正方のアイソレーションタイプで、キーピッチは約19×19ミリ、キーストロークが約 2.5ミリと余裕を持ってタイピングできるサイズだ。実際、かなり強めにキーを叩いてもたわみなどは感じられず、快適に入力が行えた。ただ、人によっては 英語配列というだけで購入候補から外れてしまう人がいると思うので、できればBTOメニューに日本語キーボードの選択肢を加えてほしかった。 前述したように、Acer TravelMate TM5742-X732DF アダプタ,PC電源 各キーの下には白色LEDが埋め込まれており、バックライトの透過光がキートップの文字をむらなく浮かび上がらせてくれるため、 ただのプリントに比べると美しいうえに見やすい。最上段に並ぶFキーは、標準で輝度調整や無線のオン/オフ、メディアコントロールなどに割り当てられてお りAcer as10d41、Fnキーとの同時押しでファンクションキーとして機能する。

 一方、ポインティングデバイスには、クリックボタンがパッDell Inspiron 1750 ACアダプタ ドと一体化したマルチタッチジェスチャー対応のイメージパッドを採用する。入力領域は 110(横)×68(縦)ミリと広く、シナプティクスの多機能ドライバが導入されており、スクロールや回転、拡大/縮小、Webブラウザの進む/戻ると いった操作を片手で操作できるので便利だ。ただ、パッドのサイズが大きいためか、パッドの下方を押し込むのがやや重く、左右のクリックで何度かやり直すこ とがあった。なお、マウスを接続して使 PABAS248互換バッテリーう場合は、パッドの左上をダブルクリックすることで機能を無効化することもできる。

インタフェースは両側面に振り分けられている。左側面に並ぶ2基のUSB 3.0ポートは奥側が電源オフUSBチャージに対応し、PCを起動していない状態でもオーディオプレーヤーやスマートフォンを充電できる。このサイズのHSTNN-DB36互換 ノートPCを常時携帯して使うシーンは想像しづらいものの、HP ENVY15-3001TXのバッテリー駆動時間は公称約8時間と長いので、スマートフォンの電池が切れたときなどに、PC本体をカバンの中に入れたまま 充電できるのはありがたい。一方、右側面は手前からSD(SDXC)/MMC対応のメモリカードスロット、USB 2.0、DisplayPort出力、HDMI出力、ギガビットLANが並んでいる。着脱頻度の高い端子を手前に置いたよく考えられたレイアウトだ。 Acer as10d81互換バッテリー

主な仕様は、CPUにデュアルコアで1GHz駆動のOMAP 44Dell Studio XPS 1640互換バッテリー30、1Gバイトメモリ、32Gバイトストレージ(FAR75A)、1280×800ドット表示に対応する10.1型ワイドのタッチパネル付き液晶 ディスプレイ、ワンセグチューナー、510万画素アウトカメラ/130万画素インカメラを搭載し、OSはAndroid 3.2を採用する。搭載インタフェースはmicroSDスロット、Micro USB、イヤフォン出力(3.5ミリステレオミニジャック)など、通信機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetoothAcer as10e76バッテリー 2.1+EDR(HDP/OPP/SPP/HID/A2DP/AVRCP/PBAPの各プロファイル対応)で、ARROWS Tab LTEに備わるXi(LTE)によるワイヤレスWAN通信機能は搭載しない。GPS/加速度/地磁気/照度の各センサーに加え、指紋認証センサーを内蔵す る。

 本体サイズは262(幅)×181(奥行き)Asus M51Se互換バッテリー×11.3(厚さ)ミリ、重量は約599グラム。ARROWS Tab LTEと比べ、重量のみ2グラム重いが本体サイズは同一。参考連続使用時間は、動画再生時で約10時間、音楽再生時で約83時間、スタンバイ時で約 2900時間。ARROWS Tab LTEとの違いは、32Gバイトストレージモデルの用意(ARROWS Tab LTEは16Gバイトのみ)、通信機能(LTEモジュールとテザリング機能、SIMカードスロットは非搭載)、指紋センサーの内蔵、前面ロHP G72 ACアダプタ ゴの違い (ARROWS Tab WiFiは「FUJITSU」、ARROWS Tab LTEは「docomo Xi」)など。

Commenter cet article