Acer as10d81互換バッテリー

Publié le par chongtou

メインメモリは、DDR3-1333 SDRAM(PC3-10600)に対応する。Toshiba PABAS080基板に直付けされるオンボードメモリのほか、底面カバー内に1基のメモリスロット(SO-DIMM)を搭載 しており、CTOメニューではスロットに装着するメモリモジュールの容量を、なし、2Gバイト、4Gバイトと3種類から選べる。オンボードメモリの容量はCPUの選択で自動的に決まり、CPUにCore i3を選んだ場合のみ2Gバイト、ほかのCPUでは4Gバイトとなる。つまり、Core i3を選んだ場合のみメモリの最大容量は6Gバイト、 PA3476U-1BASほかのCPUの場合は8Gバイトだ。また、チップセットについても、CPUでCore i3を選んだ場合のみIntel HM65 Expressに、そのほかのCPUの場合はIntel HM67 Expressになる。データストレージは、2.5インチHDD(5400rpm)とSSDの両方が選べる。どちらも最大容量は1Tバイトで、SSDは256Gバイト以 上がクアッド構成(RAID 0)Toshiba PA3475U-1BRSとなる。ただ、ここでもCPUでCore i3を選んだ場合は、(チップセットがIntel HM65 Expressのため)クアッド構成のSSDは選べず、SSDの選択肢は128Gバイトのシングル構成のみに制限される。なお、メモリ、2.5インチ HDDベイには、底部のカバーを外すだけで簡単にアクセスできる。

 左側面の奥に内蔵する光学ドライブは、1層/2層BD-R/BD-REの2倍速書き込Apple M8433互みに対応したBlu-ray Discドライブと、DVDスーパーマルチドライブのどちらかを選択可能だ。通信機能は1000BASE-T準拠の有線LAN、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(最大受信300Mbps/最大送信 150Mbps)、IEEE802.16e-2005準拠のWiMAX(最大受信28Mbps/最大送信8Mbps)、Bluetooth 2.1+EDRを標準で装備。無線LANとWiMAXは排他利用となる。 オプションとして、NTTドコモの「FOMA HIGH-SPEED」に対応したToshiba PA3191-2BAS無線WAN(最大受信14Mbps/最大送信5.7Mbps)モジュールを内蔵でき、3G/b-mobileパック(最 大6ASUS F3Sr互換バッテリーカ月/360分無料利用権付き)の追加も可能だ。モバイル用途を重視した製品だけあって、大画面ノートPCとしては通信環境が非常に充実している。

 液晶フレーム上部のWebカメラは、従来の31万画素から131万画素へと高画質化したPA3421U-1BRS。裏面照射型のExmor CMOSセンサーを搭載しているため、暗い場所でもノイズの少ない撮影が行える。本体装備の端子類は従来から引き継いでおり、1基のUSB 3.0、2基のUSB 2.0のほか、SDメモリーカードスロット(SDXC対応)、PRO-HG対応メモリースティック デュオスロット、HDMI出力などを右側面にまとめている。また、タッチパッドの2つのAcer as10d31ボタンの間には指紋センサーを装備している。対応ソフトとしてAuthenTec TrueSuitesが標準で導入されており、WindowsへのログオンやWebサイトのパスワード入力を指紋で行することが可能だ。キーボードの上部にはステレオスピーカーを内蔵。スピーカーはAcer as10d81互換バッテリーサラウンド技術のDolby Home Theater v4も利用できる。プリインストールOSは、64ビット版Windows 7(SP1)を採用しており、Home Premium、Professional、Ultimateと3種類のエディションが選択可能だ。写真や動画の管理、それらを利用した作品作りが手軽に行える「PlayMemories Home for VAIO」や、前述したリコメンド機能付きコンテンツ再生ソフト「Media Gallery」など、ソニー独自のアプリケーションやユーティリティも付属する。同時購入できるソフトウェアとして、「Microsoft Office 2010」はPersonHP 530互換バッテリーal、Home and Business、Professionalと3種類のエディションから選択できる。また、PDF作成の「Adobe Acrobat X Standard」、セキュリティ対策の「ウイルスバスター2012クラウド」、フォトレタッチの「Adobe Photoshop Elements 10」、ビデオ編集の「Adobe Premiere Elements 10」、日本語入力の「ATOK 2011 for Windows」など、各ジャンルの定番タイトルが用意されている。今回入手したVAIO S(SE) VPHP ED03互換CSE2AJの構成は、Core i7-2640M(2.8GHz/最大3.5GHz)、Radeon HD 6630M(1Gバイト)/Intel HD Graphics 3000の切り替え式グラフィックス、8Gバイトメモリ、500GバイトHDD(5400rpm)、Blu-ray DiscドライブAcer as10d51、64ビット版Windows 7 Professional(SP1)といった内容になっている。データストレージがクアッドSSDではないので最速の構成ではないが、CPUは最上位で、 グラフィックス機能も店頭モデルより高速なRadeon HD 6630Mになっている。テストは基本的にSPEEDモード(Radeon HD 6630M)で実行しているが、一部はSAcer as10d41アダプタ,PC電源 TAMINAモード(Intel HD Graphics 3000)でもテストした。

 参考までに2011年秋冬の店頭モデル(VPCSE19FJ/B)のテスト結果もASUS F3Tバッテリー 併記している。Core i5-2430M(2.4GHz/最大3.0GHz)、4Gバイトメモリ、750GバイトHDD(5400rpm)、Radeon HD 6470M(512Gバイト)/Intel HD Graphics 3000の切り替え式グラフィックス、64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)というペックだ。現行の店頭下位モデル(VPCSE28FJ/S)に近いスペックなので、参考になるだろう。まずWindows 7標準のエクスペリエンスインデックスでは、HDDが足を引っ張Fujitsu FPCBP91って総合スコアは5.9にとどまっているが、プロセッサのサブスコアが7.1、メモリも 7.4とハイレベルなスコアをマーク。SPEEDモードでは、グラフィックス、ゲーム用グラフィックスともに6.7とこちらも十分なスコアだ。前回レ ビュー時に比べてメモリのスコアがアップしているのは、デュアルチャンネルアクセスが有効になっAcer as10d5e互換バッテリーためだろう。PCMark VantageおよびPCMark 7では、2011年秋冬の店頭モデル(VPCSE19FJ/B)に比べて順当な性能向上を見せている。なお、PCMark 7のComputationやCreativityなどの項目でIntel GPU利用時のほうがスコアがよいのは、ハイブリッドグラフィックス採用機に共通して見られる傾向だ。現状の利用シーンに即した結果とはいい難い3DMark VantageのSPEEDモードでのスコアは、Performance設定で4044だった。HP ED06互換バッテリー、2011年秋冬の店頭モデルに比べて2倍近いスコアで、 3Dゲームのプレイにも対応できる。ストリートファイターIVベンチマークでは1920×1080ドットの高解像度設定でも50.67fps(ランク B/7366)が出ているように、比較的描画負荷の低いタイトルであれば、高画質設定でもプレイできる。

 なお、STAMINAモードでは、スペックで明らかに勝っているにもかかわらず、3D系テストは2011年秋冬店頭モデルASUS F3Tcバッテリーの同STAMINAモー ドより低いスコアとなった。特に3DMark VantageのCPUスコアで顕著だが、これはTurbo Boost 2.0の影響と思われる。Turbo Boost 2.0ではCPUとGPU両方のクロックが決められた範囲内で、電力、電流、温度、CPU/GPUへの負荷に応じてターボする。CPUとGPUどちらを優 先してターボすDell Inspiron 9200互換バッテリーるか、そのバランスはCPU/GPU負荷などを検知して自動的に決められるとされている。

 しかし、これまでの経験上、Toshiba PA3332U-1BRSどうもこれが最適には機能していないようだ。ゲーム個別のプロファイルをドライバ側で持っていないことから、それぞれのゲームに最適なバランスにならないことが多く、それが3D系ベンチマークテストでのムラにつながっているようだ。今回のMHFベンチマーク【絆】でも5回計測したうち1回だけ1500を超えるスコアが出たが、ほかの4回は1300台のスコアだった。また、3DMark VantageやストリートファイターIVベンチマークテストもやはHP Pavilion dv2500互換バッテリーりスコアの振れ幅は大きかった。バッテリー駆動時間のテストは、BBench1.01(海人氏?作)で行った。STAMINAモードで電源プラン「バランス」(ディスプレイ輝度 40%)を利用し、通信は無線LANで常時接続し、Bluetoothオフ、GPSオフという環境だ。BBenchの設定は「60秒間隔でのWeb巡回 (10サイト)」とPA3191U-1BAS「10秒間隔でのキーストローク」、WebブラウザはInternet Explorer 9(32ビット版)を指定している。

 この設定でのテスト結果は、バッテリー満充電の状態から残量5%Apple M8956で休止状態へ移行するまで、約247分(4時間7分)だった。モバイルノートPC として実用になる最低限は十分クリアしているといえる。大画面のIPS液晶を備えていることを考えると、なかなかの健闘ぶりだ。設定次第でより長時間の駆 動も可能なほか、オプションのシート型バッテリーを装着すれば、厚さと重さが増すのと引き替えに、Fujitsu FPCBP88モバイルシーンでも余裕を持って使えるだろう。VAIO S(SE)の魅力といえば、まず大画面ノートPCとして見て魅力の大きいものであることだ。メインマシンとして通用する十分な性能と機能があり、そして、 美しく見やすい広視野角?大画面のフルHD液晶、打ちやすいキーボードを搭載しており、デザインも優れている。その魅力のまま、薄さ、軽さ、バッテリー駆 動時間、拡張バッテリー、堅牢性と、現実的に外へ持ち出せる条件Dell Inspiron 1150互換バッテリーを実用レベルで、きっちりと備えている点が素晴らしい。

 特に、大画面ノートPCとしてのデザイン面での魅力は大いに強調したいところ。特に、アルミDell XPS M1710 ACアダプタ 9ニウムの1枚板から成形したパームレストは、その独特 のフォルム、質感の高い塗装、剛性感、いずれも実に素晴らしい。ヒンジの可動部が見えないコンシールドヒンジデザイン、アイソレーションキーボード、質感 の高い塗装と合わせて、トップカバーを開いた状態での姿を実に美しく見せている。モバイルノートPCを起点Dell Inspiron 630m互換バッテリーに発展した製品だからこそ備えうる独特の質感の高さがあるのだ。個人的にはこの質感の高さが、VAIO S(SE)の存在感、付加価値をオンリーワンといえるまでに高めていると感じる。

 2012年2月20日現在、ソニーストアでの販売価格は最小構成で7万800円からとなっているSony VGP-BPS8A。今回テストした構成で見積もると14万7800 円だ。さすがに安くはないが、柔軟なカスタマイズが可能だし、各種キャンペーンも行われているので、うまく利用すればもっと買い得な構成にすることは可能 だろう。2月はアキバの街にも大きな動きがあった。10日、クレバリーが現行の3店舗を1つに統合し、3月からインターネット館を「クHP G61バッテリーレバリー秋葉原店」としてリニューアルするというリリースを発表。そのスケジュールに従い、1号店は2月26日に、2号店は2月29日に閉店した。

 閉店する月末に向けて、2号店は最大50%オフの在庫一掃売り尽ASUS S62互換バッテリーくしセールを実施し、1号店も放出特価セールを連発。インターネット館でも、月末にジャンク品の詰め合わせセールを行うなど、積極的に特別なキャンペーンを打った。今回の再編については、1号店と2号店の付近にすでに閉店した店舗がいくつもあることなどから、ブロック全体の再開発が関係しているとみる声が当 初から多い。某ショップはASUS S96 アダプタ,PC電源 「(昨年末に閉店した)カフェソラーレ リナックスカフェ秋葉原店の跡地も、千代田区の管理物件になっていますし。アキバは土地の権利者が入り乱れているので、大きなビルを建てるときは、こうい う複合的な閉店が起きやすいんです。今後も似た光景をみることになるのかもしれませんね」と話していた。

 今回はショップの撤退ではなく再編なので、周囲からの悲観的なコメントは少なかった。それでもHP Pavilion dv2200バッテリー、「3店舗から1店舗になるなら、どうしても離れていくスタッフが出てきます。長年の顔見知りが街を離れるのはやっぱりつらいですよね」といった声はいくつか聞こえた。また、ソニーストアではカスタマイズのベースモデルとして、現行の2012年春モデル(VPCSE2AJ)のほかに、旧モデルである2011年秋HP Compaq 2210b互換バッテリー 冬モデル(VPCSE1AJ)もまだ選べる。スペック的にはほぼ共通だが、旧モデルだけにかなり低価格になっているのは見逃せない。

 例えば、最小構成からCPUをCore i5-2520M(外部GPUは自動的にRadeonASUS S96J互換バッテリー HD 6630Mとなる)に、ストレージをSSD 128Gバイトに変更した構成でも9万円を切る。選択できるCPUが一部グレードダウンするほか、標準装備のWebカメラが31万画素のタイプになる点で 最新モデルには見劣りするが、併せてチェックしてほしい。 動作音については、低負荷時は静音だが、マルチスレッドでCPUに高い負荷が連ASUS S96JF アダプタ 続してかかる状況では大きな音がする。3Dゲームなどで高負荷をか けると底面の右側を中心に少し熱を持ち、キーボードのEnterキーの辺りがほんのり温かくなってくる。もっとも、ゲームなどをしなければほとんど気にな らい。フットプリントが大きいぶん、VAIO SA/SBよりは放熱設計に余裕が感じられるPC USERで1週間に読まれた記事のアクセス数をランキングする「PC USER 週間ベスト10」。今回は2012年2月13日か Inspiron DUO互換バッテリーら2月19日までを集計しました。

 1位はアップルが2月16日に発表したMac用次期OS「OS X Mountain Lion」のコラム(音声入り動画解説付き)でしたDell BATFT10L61。一般向けリリースは“夏の終わり”とされていますが、圧倒的なアクセス数を獲得しており、アップル人気は健在です。OS X Mountain Lion関連では4位に詳細な解説記事が入っているほか、この発表に連動して1月に掲載したMac連載の記事も7位に浮上してきました。2位には、2月18日に公開したばかりの「SAMSUNG NT-P580互換週末アキバ特価リポート」が飛び込んでいます。1980円のClass 10/32GバイトSDHCメモリーカードをはじめ、低価格な製品に注目です。アキバ関連では、4万円切りのRadeon HD 7950搭載グラフィックスカードが登場した「古Fujitsu FMVNBP177田雄介のアキバPickUp!」も3位に入りました。

 5位以下はさまざまなジャンルの記事がランToshiba PABAS100クイン。5位は低価格な7型タブレット「eden TAB」の発表会リポート、6位はミドルレンジGPU「Radeon HD 7770/7750」のレビュー、8位は公衆無線LAN自動切り替え機能が付いたWiMAXルータ「AtermWM3600R」のレビュー、9位はPCとスマートフォン/タブレットにおける性能評価の違いを語った連載「本田雅一のクロスオーバーデジタル」、そして10位は世界初となる液晶一体型ワークステーション「HP Z1 Workstation」の速報Toshiba pabas123互換でした。なお、PC USERの連載記事は、こちらのページからバックナバーをまとめてご覧いただけますそのほか、プロ向けのビデオInspiron 700m互換バッテリー制作スイート「Adobe Creative Suite 5.5 Production Premium」の追加にも対応する。

Commenter cet article